SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (327) , 獣医 (287) , 世の中 (259) , 食べ物 (212) , (156) , (134) , 歴史 (125) , 政治 (114) , お知らせ (103) , 近所 (100) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (39) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
アナログ回帰の秘密
 前回、お正月早々デジタル社会の未来に不安を抱いているなどと、夢も希望もないことを記載してしまい反省しています。

 しかし希望は持っているのです。
 世界はどこかの時点でアナログ回帰するだろうと・・・

 また正月早々すべきでない話だとは思いますが、、、
 地震や異常気象などで電力が絶たれた場合、パソコンは起動しません。

 2019-07-15「アナログの秘密3」では鉄道のダイヤグラムについて記載しています。上新庄駅の時刻表も、ついこの間まで定規でグラフを書いて作成していたのです。今では誰も出来なくなってしまっています。

交渉人.png 映画「交渉人・真下正義」は「踊る大捜査線」のスピンオフ作品でして、地下鉄が乗っ取られコンピュータ環境も破壊された状態でダイヤグラムを作成しないといけない状況になり、退職した時刻表作成者(線引き屋)を連れてくる様子が描かれます。

 アメリカの宇宙軍は1985年9月23日に設立され、2002年10月1日にアメリカ戦略軍に整理・統合されましたが2019年8月29日にまたもや再編成されました。
 この軍はいわゆる地球防衛軍のように宇宙人の侵略に対抗するものではありません。地球上の他国が仮想敵です。

 2019-01-04「GPSの秘密3」ではアメリカ・ロシア・日本・中国がGPSを持っていると記載しました。
 お正月に戦争の話なんてと思われて当然なんですが、、、
 僕は極めて怖がりでして、国民の生命と財産を守る政治家が『防衛』の話をしたとたん『右』のレッテルを張られるのを不思議に思っています。
 だから言ってしまうのですが、、、
 万一戦争が始まれば、まずこのGPSの機能を奪うことから始まるだろうと思うのです。
 (もしよければ2019-07-13「はやぶさ2」の秘密をご覧ください)

 そしたら目標に対して目視で命中させる技術が大切になります。
 アナログ回帰というわけです。

顔面.png 中国では顔面認証が発達し、無人コンビニなどが増えているそうですが、香港やウイグル・チベットに対する態度を観察すれば管理社会が進み過ぎるのもどうかと思います。
 世界の国々は、どこかで気が付きデジタル化に疑問を抱き始めるに違いありません。またそうなって欲しいとも思っています。

 そしたらアナログが得意な国の出番です。
 日本はかなりアナログ上手な国だと思っています。
 そこに希望を見出しています。
  • (2020-01-04 09:37:47)