SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (327) , 獣医 (287) , 世の中 (259) , 食べ物 (212) , (156) , (134) , 歴史 (125) , 政治 (114) , お知らせ (103) , 近所 (100) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (39) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
失敗の本質の秘密 3
 2018-10-01「失敗の本質の秘密2」をご覧いただくと、、、

本.jpg 僕はこの本にとても注目しているとわかります。

 第二次世界大戦における『日本軍の失敗』を研究した本でして、、、
 『失敗』は必ず利用すべきと考えている僕は、絶対読まなければいけないと思ったのです。
 ところが、、、
 すげえ分厚い学術本でして、なかなか読み出す勇気が生まれません。

本質.jpg そこで手に取ったのが・・・これ!

 待合室に置いていますが、優しく解説してくれている超・入門書です。

 昨年暮れ2019-12-30「アナログの秘密」よりずっと『日本だけでもデジタル社会からアナログ回帰した方がいいんじゃないか?』と主張を繰り返しています。

 前回は「AIによる顔面認証」より超アナログな『見とり捜査』が日本のお家芸だと記載しました。
 日本は『アナログ』が大得意なんです。

 じつはこの本にそのことが書かれています。

 日本はとにかく技術を突き詰めるのが得意です。
 ゼロ戦パイロットの機銃掃射はめちゃくちゃ正確だったそうです。
 向かうところ敵なし! 
 ・・・に対して、、、ルールを変えることに長けたアメリカは、、、
 「だったら、当たらなくても近くをかすめただけで爆発する弾を開発すりゃあいいやん」

 日本軍は爆撃機からの爆弾投下も正確無比だったそうですが、、、
 例によってアメリカは、当たらなくても広範囲に爆発する爆弾を開発します。

 訓練による正確さの追及は自衛隊にも受け継がれています。
 アナログさせたら天下一品なのです。

 前々回「アナログ回帰の秘密」で、未来の戦争ではGPSの機能を奪うことから始まるのではないかと記載しました。そうなったら目視で命中させることができる軍隊が強いのです。

 まったくもってアナログ回帰はできないですが、うまくデジタルとミックスされる未来が良いと思うのです。
 ・・・に加えて『ルール変更』への対応も訓練しないといけません。
 これは、日本人はへたくそです。
  • (2020-01-10 09:23:56)