SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (285) , 世の中 (248) , 食べ物 (209) , (155) , (124) , 歴史 (114) , 政治 (110) , お知らせ (103) , 近所 (96) , 病気 (65) , (55) , 人生訓 (54) , お笑い (41) , 空手 (36) , スポーツ (36) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
パンデミックの秘密
 現在の世界情勢は戦争状態だと思っています。
 新型コロナウイルスについては、何の知識もない自分が色々しゃべってはいけません。でも、戦争状態であることだけは、どうしても皆さんにお伝えしたいと思います。

 ぜひとも2020-02-18「留学生の秘密」2020-02-21「一国二制度の秘密」を読んでいただけませんでしょうか。

 国家が強権を発揮できる国が経済競争に参加しだしたら結構強いということを中国は証明しました。その中国が援助しているアフリカ諸国は真似し始めるでしょう。
 何度も書いていますが、、、
 西側諸国なら、新幹線を走らせるとなれば弁護士が現れて膨大な立退料が請求されます。ところが強権を発揮できる国(つまりリーダーの悪口が言えない国)なら「のきなさい」の一言で済んでしまうからです。
 民衆の自由は制限されるけど、経済発展のスピードは速いのです。

 僕は「みんなで働いてみんなで分けるなら寝ておこう」と考える怠け者なので、絶対に「働いたら働いた分だけお金がもらえる」方が民衆はバリバリ働くと予想してました。だからみんなで働いた分をみんなで分ける国では、国家が民衆を脅して無理やり働かせる必要が生じて、革命が起こってくるだろうと思っていました。

 ところが僕の予想は覆されたのです。
 民衆の自由が発展を続けると経済成長のスピードが鈍るのです。
 つまり個人主義が徹底し、なかなか国の言うことを聞いてくれなくなるからです。
 反対に国家が強権発揮できる場合、経済発展のスピードが速まるのです。
 つまりは国が個人に言うことを聞かせることが簡単だから、、、
 そしたら個人が反発して、革命やクーデターが起こるはずなのですが、驚異的な経済発展さえしていれば、その方が良いので国民は反発しないのです。

 2010年中国のGDPが日本を抜きアメリカに次ぐ二位になりました。
 現在日本は中国の三分の一程度です。
 わずか10年ですごい成長率です。
 ここにアフリカが強権発揮の経済成長を成し遂げると、世界は『リーダーの悪口を言えない国』だらけになるのです。

 僕は嫌です。
 でも小林多喜二先生のように強権に立ち向かう勇気も持っていません。
 だからビビっているのです。

 その上、新型コロナに対する国家の対処の仕方で『強権発揮できる政治体制』の方が良いとなれば、、、
 つまり、都市の封鎖、移動制限、外出禁止など、強権発揮できる国の方が封じ込めが簡単です。そうなると、世界はますます『リーダーの悪口が言えない』方向に向かうのです。

 日本も韓国も頑張って、強権発揮はできないけれど、鎮静させなければいけないのです。
 アメリカは、せめて医療にだけは自己責任と言う方針はやめて、収入が少なくてもお医者さんにかかれる体制を作らなければいけません。

 僕のような不勉強な素人が医療に関して偉そうなことを言えた義理じゃあありませんが、これは新しいウイルスに対しての防疫の問題ではなく、国家から自由が消えるかどうかの問題です。

 だから『貿易』と『防疫』という名の『戦争』なんです。
 ヨーロッパが負け始めたのです。
 西側諸国の親分であるアメリカも医療格差がひどすぎて、かなり危うい。

 「悪口言える国」VS「悪口言えない国」の戦いです。
 そして「悪口言えない国」が経済においても、医療においても有利になってきているのです。

 「悪口言える国」の日本と韓国も喧嘩している場合ではなく、「ぼうえき」という名の戦争に勝たなければ、安倍さんやトランプさんの悪口が言えなくなってしまうのです。

 何度も言いますが、、、日本が悪口言えない国になるのは嫌です。
 (言い続けることができるかどうか・・・?)

 僕は、どうも日本は個人の責任をうやむやにし過ぎではないかとあちこちに記載してきましたが、強権発揮によって封じ込められるのではなく、個人の個人の意識によって自主的に封じ込められることができるかどうかが問われているのだと思います。

PS:個人の責任ついては2020-02-26「農耕民族の秘密」をご覧ください。
  • (2020-03-21 18:18:19)