SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (287) , 世の中 (252) , 食べ物 (209) , (155) , (124) , 歴史 (118) , 政治 (112) , お知らせ (103) , 近所 (99) , 病気 (65) , (56) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (37) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
感染者数の秘密
 新型コロナ、、、大阪の感染者数は、なんと昨日0、今日は1でした。
 まだまだ安心してはいけないけれど、、、うれしい!

 根っからの大阪人としては、東京より上なのが、なんか誇らしい!

知事.png ミーハーなんで、若くて人気の吉村さんのリーダーシップが幸いしたのだと思いますが、僕たち府民も頑張ったからでしょう。

 海外からは政府の対応はボロボロなのに『なぜ日本の感染率は低いのか?』と不思議がられているようです。

 じつはこれ、、、今に始まったことではないのです。

 かなり昔ですが2011-06-23「総領事ハリスの秘密」をご覧ください。

 その舞台はもっともっと昔になります。
 幕末、アメリカの初代日本総領事タウンゼント・ハリス著『日本滞在記』にはこう書かれているそうです。

 「彼ら(日本人)は皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もない・・・これが恐らく人民の本当の幸福の姿というものだろう。私は時として、日本を開国して外国の影響をうけさせることが、果たしてこの人々の普遍的な幸福を増進する所似であるかどうか疑わしくなる。」

 彼は、キリスト教を弾圧している日本に「キリスト教を広めることこそが、日本人の幸福につながるのだ!」と確信してやってきたのです。ところがどっこい、日本の庶民を見て揺らいでしまっているのです。

 「ななな、なんで農家の子せがれが読み書きできんねん!」
 「おまけに計算までしくさる!」

 僕が一番誇らしいのは「日本人は正直で勤勉、身分の上下、貧富の差にかかわりなく、質素で華美に走らない」と言わせていることです。
 貧乏な人でも、清潔だと驚いています。
 (2020-03-20「靴底消毒の秘密」では靴を脱いで家の中に入るのが、感染防止になるのでは?と記載しましたが、専門家は否定的です)

 今回の新型コロナの騒動でも、これこそが『日本の不思議の原因』だと思いたい。

 しかしながら、、、
 幕府に対してはメチャメチャてこずったようでして、、、

 『うそつきや!』『いつまでたっても決まれへん!』

 もはや、伝統芸ですわ!

PS:さて幕末には多くの外国人が日本にやって来て、感想を書き残しています。次回はそれをお知らせします。
  • (2020-05-18 17:24:21)