SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (287) , 世の中 (252) , 食べ物 (209) , (155) , (124) , 歴史 (118) , 政治 (112) , お知らせ (103) , 近所 (99) , 病気 (65) , (56) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (37) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
幕末の日本人の秘密
 前々回「感染者数の秘密」から、現在の新型コロナの騒動において日本政府の対応はボロクソに批判されるのに、なぜか感染者数が少ない日本の不思議について記載しています。
 
 罰金もないのにしっかり対策をとる日本人は、驚きを持って称賛されているようで、この構図は昔から存在していることを説明するため、徳島文理大学・岡崎豊教授の講演要旨「青い眼の見た幕末の日本」を紹介させてもらっています。
 前回の「幕末にやってきた外国人の秘密」では、やって来た多くの外国人を紹介させていただきました。今回はその人たちが抱いた日本の印象について記載させていただきます。

 日本に到着した彼らの第一声は「ビューティフル!」です。
 全員が風景の美しさに驚嘆し、富士山を絶賛しています。

 日本人に対する印象では、頭に乗ってはいけないと思いつつ有頂天になってしまいますが、初代日本総領事であるハリスさんは「日本人は喜望峰以東の最も優れた人民」と言ってくれています。来日した人は皆誉めてくれていて、快活・勤勉・敏捷・優秀・勇敢などと書かれているようです。

 べた褒めの一方、狡獪で、奸智にたけ、保守的であるとも言われ、、、

 カッテンディーケは「日本人の悪い一面は不正直な点である。私はこれを始終経験した」と言いました。しかしこれは幕府側の人に対する印象であったようで、ハリスは「日本の役人は地上における最大の嘘つき」だと非難しています。

黒船.jpg 黒船でやって来たペリー提督は、、、

 「日本人は極めて勤勉で器用な人民」
 「人民の発明力をもっと自由に発達させるならば、日本人は最も成功している工業国民にいつまでも劣ってはいないことだろう」
 つまり、明治以後の日本の驚異的な資本主義的発展を予言していました。

 そして多くの外国人が『清潔!』と言っています。
 「お風呂が大好き!」

 僕はこれが新型コロナ問題で日本の犠牲が少ない理由だと思っています。
 (何か覆させられることが浮かび上がるかもしれませんが?)

 神社にある手水舎は、いったいぜんたい何時からあるのでしょう?

 100年前のスペイン風邪によるパンデミック・・・
 ウイルスも発見されていなかった当時、日本政府の対処は「マスク着用」「うがい手洗い」「患者の隔離」など現在の新型コロナ禍に対する対処法と同じでした。
 そして内務省は警察を通じて、全国でこの手の「衛生講話会」を劇場、寄席、理髪店、銭湯などで上演し、大衆に予防の徹底を呼び掛けました。
 また「マスクをつけましょう!」のポスターを全国に配布し、無料配布も一部行われたそうです。で、現在同様マスクの生産が需要に追い付かなかったらしい。

ポスター.png 『マスクかけぬ命知らず』当時のポスターです。

 外国人が不思議がる感染率の低さは、その謎の原因をノーベル賞の山中先生がファクターXと名付けて、今後解明するべきだとおっしゃっています。

 僕は日本人の生活習慣が原因なのではないかと思っています。
 (よければ2020-03-20「靴底消毒の秘密」をご覧ください)

 海外メディアは新型コロナウイルスに対する日本政府の対応を全くダメだ言っていました。そのうち大発生するだろうと予想しました。
 しかし、現在評価は大成功した国だと反転しました。
 ところが、安倍首相や政府をほめるメディアはありません。
 幕末と同じ構図です。
 
  • (2020-05-22 10:54:15)