SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (287) , 世の中 (255) , 食べ物 (209) , (156) , (125) , 歴史 (119) , 政治 (113) , お知らせ (103) , 近所 (99) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (37) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
北の国からの秘密 3
 4つ前「映画音楽の秘密」から、柄にもなく大好きな映画やドラマの音楽について語らせていただいております。
 前回、日本のドラマのBGMは最高だと「仁」と「こんな恋のはなし」を例に挙げました。

 ところが、、、
 頭にこびりついている音楽を忘れていました。

北の国から.png ご存知「北の国から」でございます。

 なんと、1981年10月9日から1982年3月26日まで毎週金曜日に放送されましたが、その後シリーズ化されてスペシャル8編が1983年から2002年まで放送されたのです。
 主人公黒板五郎と子ども(純と蛍)の成長を長きにわたって(21年間)描かれたんで、僕のようなのめり込んだファンは、自分の親戚の子の成長を見守るようなスタンスになってしまっています。

 そして音楽が「師匠」と崇めるさだまさしさんとくれば、、、
 あたまの中に「あ~あ~、ああああ、あ~あ」と言うフレーズが組み込まれてしまっています。



 この物語のスペシャル編に2020-06-13「映画音楽の秘密」に記載した映画「ヒポクラテスたち」の主演男優・古尾谷正人さんが出てきます。
 中学を卒業して、純(息子)が東京に出て行く日、載せていってもらうトラックの運転手役です。五郎(父)は運転手さんに封筒を渡します。
 彼はそれを純に渡し、、、
 「あけて見ろ」
 でてきたのは泥のついた一万円札です。
 「それは受け取れねえ」
 「おまえがもっておけ、宝物にしろ」・・・超・名シーンです。
 そこでBGM、、、たまりません!

 昭和32年生まれ、同い年です。
 僕と同様、空手をやってはったそうです。
 2003年、自ら命を絶たれました。45歳でした。
 僕も頑張ってはいますが、なかなか強くはなれませんね。

 ことあるごとにご冥福を祈っております。
  • (2020-06-17 03:18:59)