SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (312) , 獣医 (287) , 世の中 (259) , 食べ物 (210) , (156) , (133) , 歴史 (123) , 政治 (113) , お知らせ (103) , 近所 (100) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (39) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
くらわんか餅の秘密
 すだこばしは本当に交野市にあり、しかも、逢合(あいあい)橋を見守るように、すぐそばに存在する小さな小さな橋なのです。
 その近くには、すだこばし橋交番があり、スダコが勤務しています。
 (これは都合よすぎるけど、お許しください)

 千葉からやってきた鮎ちゃんたち女子高生3人を交番に引き留め、半強制的にこの地に伝わる七夕伝説の話を始めたスダコは、圭ちゃんと牛やんの運命の出会いを話を始めました。

 2003年のあいあい橋での出会いから、北大医学部に入った牛やんが、圭ちゃんをないがしろにするため2011年、東日本大震災で津波に襲われた石巻でけんかになったところまで話し終えたスダコは、女子高生を引き留めるため、、、

くらわんかもち.jpg 『くらわんか餅』を出してきました。

 枚方は古くから淀川を行き交う大阪と京都を結ぶ交通の要所でした。その宿場町で、船の上から「酒くらわんか」「餅くらわんか」と食べ物を売るようになったのが、くらわんか餅の始まりとされています。 坂本龍馬も食べたという説もあるようですが・・・

 さて、すだこばし交番付近は雨が降りそうな曇り空、昼だというのに暗くなってきました。

 「牛やんが女に狂っとるとは、、よう言わんかった」
 結構真剣な顔でうなずく鮎ちゃん。
 「でも俺は宣言した。圭ちゃんは頑張って、地元の小学校の教師になった。見守ったんは俺や、俺がプロポーズする!」
 手をたたく女子高生たち。

 じつは、それからプロポーズするまで6年かかったスダコでした。
  • (2020-08-02 03:09:20)