SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (287) , 世の中 (255) , 食べ物 (209) , (156) , (125) , 歴史 (119) , 政治 (113) , お知らせ (103) , 近所 (99) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (37) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
芸能人による批判の秘密
 大好きなキョン2(小泉今日子さん)が安倍政権を批判しました。

キョン2.png ドラマ「トンビ」がメッチャよかった。

 僕だって、2020-05-25「賭けマージャンの秘密」を読んでいただくと負けじと批判しています。(キョン2に比べてやや弱々しいけど)

 そしたらアメリカでは黒人差別のデモが起こってきました。

黒人差別.png 一部暴徒化して、略奪も起きました。

 この黒人差別デモに強権発動しようとする大統領に対して、芸能人の方々が反トランプのプラカードを上げました。

 結論から先に言いますと・・・

 「芸能人が政治的発言をするな!」と言う声がありますが、、、僕は全然かまわないと思っています。
 前々回の「政府批判の秘密」に記載しましたが、安倍首相の真似をしたたむけんさんも、代々木公園で点ピンの賭けマージャン(黒川杯)も大笑いで賛同します。

 ただ・・・

 たったひとつ、気になることだけぜひとも記載させていただきたい。
 僕は「国の批判」「リーダーの批判」ができなくなることだけは嫌なんです。

 「国の批判ができない国」から来日された方や留学生、観光客相手にご商売されてる方や貿易を営んでいる方などにはなんの苦情もありません。特に大阪府大に研究生で通わせてもらっているときに出会った留学生の優秀さには、尊敬の念を抱いております。

 だから、その方々に迷惑をかけたり、嫌な思いをさせるのは全く不本意なのですが、それでも、どうしても「国の批判ができなくなるのは嫌なんです!」

 どうかプラカードを上げる芸能人の皆さん、『国の批判ができない国』に向かう香港の民主化デモに対する強権発動に関しても反対してほしい!!!

 「国に逆らうとどえらいことになる国」に対してはプラカードを抱え上げると、その国からの旅行客は来なくなるし、万一芸能人だったとしたら、仕事が消える可能性があります。だから声を出しにくいのです。僕も全然意気地がないので、アメリカの人種差別にだけプラカードを上げることを批判する権利はありません。

 でも、心の中でプラカードを思いっきり掲げてください。
 お願いします。

 そして日本も「国の批判ができない国」になってしまったら、僕は逆らうだけの勇気を持ち合わせておりません。なので、、、今からビビっているのです。

 アメリカのデモで略奪が起こった時点で、僕はビビっていました。
 きっと『批判できない強権発動可能国』では・・・
 「ほれ見てみ、、、強権発揮せんとしゃーないやろ」と言ってるに違いないと思ったからです。
  • (2020-06-08 13:45:43)