SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (382) , 獣医 (298) , 世の中 (290) , 食べ物 (225) , (167) , 歴史 (143) , (137) , 政治 (135) , お知らせ (106) , 近所 (105) , 病気 (76) , (67) , 人生訓 (62) , 空手 (48) , お笑い (46) , スポーツ (45) , 漫画 (41) ,
ARCHIVES
思い込みって・・・
 前回は大谷選手って、日本人を遺伝子から変えたアスリートだと話しました。
 しかし、一応獣医学を学んだものとして科学的根拠が全くない話を記載すると、完全に詐欺師になってしまいます。
 本当の想いを言っておきます。

 「遺伝子を変革させた」のではなく、、、
 「思い込みから抜け出した」んであります。

 「大リーグはすごい!」という思い込みから「おんなじ人間や!」
 「(投げるか)(打つか){走るか)の一つだけでも極めるのは難しい!」という思い込みを「どれか一つ極めることができる人間なら3っとも極めることができるんちゃう!」

 よ~く考えてみると、思い込みを否定することで人類は進歩してきたんだと思います。
 誰もが天動説を当たり前だと思っている時に地動説を主張したコペルニクス先生のように思い込みは否定すべきなのかもしれません。
 (僕は凡人中の凡人、小市民中の小市民だから無理!)

大谷.jfif すごいレベルの投打走!!!

 前回強くお勧めした映画『ヒポクラテスたち』に出てきた医学生のように、、、
 「めざすは投げて打って走れる医者や!」と宣言し「医師国家試験は猛勉強しないと合格できない!」を否定しなければなりません。
 実際、健常者においては、すべての職業に基礎体力はないよりあったほうがいいんではないでしょうか?

 「思い込みを覆した日本人」のもう一人が、、、

井上尚弥.jfif 井上尚弥選手だと思うのです。
  • (2022-08-15 02:08:10)
遺伝子ごと変身した?
 僕は大谷翔平さんと井上尚弥さんは日本人アスリートを遺伝子から変化させた思っています。

 今回は先日べーブルース以来104年ぶりに「二桁勝利と二桁本塁打」達成した大谷選手について考えてみたいと思います。

翔平.jfif 日本人だけでなくアメリカ人もびっくり!

 またもや突然、話は「映画」になってしまいますが、、、

ヒポクラテスたち.jfif 「ヒポクラテスたち」1980年公開です。

 京都、洛北医科大学を舞台に最終学年(6年生)のポリクリ(臨床実習)が描かれています。
 監督の大森一樹さんは京都府立医科大学出身で、ロケにも使われているのです。
 ファーストシーンが素晴らしく、、、お勧めします。

 舞台の医科大学周辺でバイクの事故が起きます。
 運転していた若者は道路に転がり、足の骨が折れて皮膚から飛び出しています。
 「うわ~骨出てるやん」などと通りがかりの人たちが呟いています。

 「誰か医者いてへんのかいな!」
 「すぐそこに医大があるやろうに!」

 通りがかった医大生たちは・・・

 手に持った白衣をカバンの中にしまいます。
 
 医大ではポリクリのグループがその事故の話をしています。
 未来のお医者さんたちが・・・
 「えらい事故やったなあ~」
 「医者いてへんのか! って俺、白衣隠したわ」
 「俺なんかもっとやばいもん持ってたんや!」
 
 「なんやねん!」と尋ねられた学生は『外科学』の教科書をみんなに見せるのでした。
 同様に獣医大学の最終学年だった僕は、医学生たちの気持ちがわかりすぎるほど理解でき、思いっきり笑いました。

 そのポリクリグループに野球部の学生がいて、国家試験が差し迫ってもや投球練習をしていました。
 「もうすぐ国家試験やのに、いつまでやるんや?」と尋ねられると「ずっと続けるで、大学受験の時もそうしたし」と答えていました。
 そして「目指すは、投げて打って走れる医者や」と続けたのです。

 40年以上たって、大谷選手を観て思い出しました。
 医学の勉強しながら野球を続けるのも大変ですが、大リーグで「投げて打って走れる野球」を実践するのはもっともっと大変やろうなあ~~~
  • (2022-08-11 09:27:20)
昨日(8/5)DMを出しました。
 うれしいことに新院長(谷崎先生)がDM出してくださいと言ってくれ、昨日うちの患者さんでもある邦文社さんにお願いしました。

 昭和59年、開業当初の悲惨な状態を表現するのに「波乱の幕開け」と書いたのですが、漢字が間違っていたようで指摘を受けました。ほんま、国語力がないため迷惑ばかりおかけしております。
 近所に親切な印刷会社があって、とてもラッキー!

 でね、内容はと言えば・・・
 またもや、獣医学とは関係のない話ばかりで恐縮しております。
 と、言いながらやめないのですが、、、

 今回も言い続けている、日本って個人の責任は曖昧にしがちじゃあないか?
 例として挙げたのが、いじめの問題です。
 校長や教育委員会は叩かれるのだけど、黙って見ていたクラスメートは?
 同様に虐待の問題でも、児童相談所はやり玉にあげられちゃうけど、泣き声に気づいていた近所の人たちは?

 確かに個人の責任をあまりにも追及して、精神に障害が出ても困るし、マスコミも言いにくいことは理解できるのですが、、、
 ここを考えるようにならないと、いじめも虐待も防げないと思っています。

 なぜしつこく記載したかと言えば・・・
 今は「自分の国やリーダーの悪口言ったらえらいことになる国」VS「自分の国やリーダーの悪口言い放題国」の戦争中だからです。
 つまりはロシアVSウクライナなんですが、、、

 僕は悪口言い放題国を支持します。
 なぜなら自分自身悪口が楽しいからです。
 正直、芸人さんの「ハゲ!」「デブ!」発言に笑ってしまうからです。
 最近はそれではいけないらしいのですが、、、(批判されるべきことだと分かっているつもりですが、おかしいと感じることは事実なので・・・)
 僕には芸人さんの「チビ!」発言より、タレントさんでもない人がニューヨークの弁護士試験を落ちたかどうかを報道するほうがよっぽど眉を顰めるべきことだと思ってしまうのです。

 だから人の批判を禁止している国は、その国民から好かれることはなくいずれ崩壊するだろうと思っていました。

 ところが僕の考える悪口言い放題国の欠点は、国民が自由を行使しすぎることです。
 ウクライナにも訪れて頑張っていたジョンソン大統領は7/7に辞任に追い込まれてしまいました。色々な原因があるのでしょうが、これから連鎖的に悪口言い放題国のリーダーは追い込まれるでしょう。

 自由がある国民は、とりあえずの問題(物価高、エネルギー不足など)に腹を立てやすいのです。リーダーが追い落とされ、次のリーダーが「悪口言い放題」を維持してくれたらいいんだけど・・・

 結構心配しています。
 はたして僕は、ロシアの女性アナウンサーのように「戦争反対!」のプラカードを掲げることができるのでしょうか?(おそらく勇気あらへん!)

 国民に言うこと聞かせることができる「悪口言ったら大変なことになる国」ではリーダーの交代は起きにくいと思います。
 すると「悪口言い放題国」のリーダーも「やっぱり国民に自由を与えたら、無茶しよるからなあ~」と自由を奪う方向に動く可能性すら感じてしまいます。

 そうなったときは、国民一人一人も責任を感じるべきだと思ったのです。

 日本では先の戦争の責任は軍部の暴走と教わります。
 本当にそれだけでしょうか、、、
 黙って見ていた国民は???


PS:当時、なんか言ったら大変なことになることはわかっているんだけど、それでも少しは一人一人が責任を感じたほうが戦争の抑止になると思っています。ロシアの兵士の母の会のように・・・
 
  • (2022-08-06 18:53:14)
開院して38年が過ぎました。
 更新をさぼってすいませんでした。

 光陰矢の如しとはよく言ったもんで、昭和59年1月5日にロッキー動物病院は生まれ、あっという間に38年が過ぎました。
 かなり前から、ど~考えても若い先生がリードした方が良いと思っていましたが、縁あってうちにやってきた谷崎先生が後を継いでもよいと言ってくれ、院長を引き受けてもらいました。

 僕は勤務医として残らせていただきますのでご安心ください。
 (誰も心配していないでしょうが???)
 まったくロッキー動物病院の形態は変わりません。
 この文章を読んでいなければ。誰も気づかないと思います。

 今日8月2日が大安でして、院長交代の日としました。

5名.jpeg スタッフがお祝いしてくれました。
2名.jpeg 世代交代です。しなければいけない!
image3.jpeg yogiboいただきました。

 ありがとう!
 そして今までご来院いただいた皆さん。本当にありがとうございました。
 まだまだ町の獣医さんとして頑張りますので、よろしくお願いします。
  • (2022-08-02 23:40:20)
マーベリックの秘密
 2022-06-07「小惑星リュウグウの秘密」以来、無謀にも「防衛」についての話を続けています。
 そんな話は勉強不足の僕には似合っていないと自覚しています。6月で終了しますので、大きな心でお許しください。

 はやぶさ2が小さな小さな惑星に着陸し、地面に弾丸を打ち込んで、舞い上がった砂を持ち帰りました。その中にはアミノ酸が含まれ、動物の起源が地球外からやってきた可能性があると示唆されました。そんな風な研究が第一番の目的だとは思うのですが、、、

 「防衛」について政治家が大きな声で言えないふいんきが漂う日本では、影の目的として、侵略しようとする国に対して「人工衛星を攻撃することができます」アピールが含まれているのではないかと思っていました。

 原発推進派だった元総理の小泉さんが講演で「震災後原発なしでやってこれたじゃあないですか?」「いったん事故になったら大変なことになるものをどうして続けるの?」と急に転換した考えを表明するのを聞いて、、、
 「あ、日本では防衛の話はしにくいから、核攻撃で脅してくる国に対して、原子力発電はいつでも原爆作れるアピールなのかな?」と思った僕は、そう考えてしまったのです。

 そんな日本も、国民が防衛費がGDPの2%を超えるのを容認するようになってしまいました。
 侵略なんてよその世界の話だと思っていたのが、可能性があると思うようになったからで、侵略されるがままで、国民の命を守るのも大切だけれども、抵抗して自分の子供や孫が「自国やリーダーの悪口言ったら大変なことになる国」で生きざる得なくなることを防ぐのも大切であると判断したようです。(僕はどっちが正しいか判断できません!)

 そんな中『トップガン・マーベリック』観てきました。土曜のレイトショーでしたが、結構混んでいました。



 僕のように前作『トップガン』(1986年)を映画館で観た世代は絶対観に行くべきです。
 めっちゃハマります。そしてマーベリックを演じたトム(現在59歳)のように元気で生きるべきだと思います。
 (スタントなしでアクションにチャレンジするのもえ~かげんにし~や!)

 超おすすめですが・・・
 映画では、とあるならず者国家がNATO条約に違反するウラン濃縮プラントを建設し稼働させようとしていたため、それを破壊すべく特殊作戦が計画されました。マーヴェリックは、同作戦に参加するトップガン卒業生から選りすぐられた若き精鋭パイロット達に対し、特殊対地攻撃作戦の訓練を施す教官を任命されるところから始まります。

 敵国の名前は出てきませんが、NATO条約違反って・・・

 上映のタイミング悪すぎる!

PS:人工衛星を攻撃できれば敵のGPSを無効化できます。(2019-01-04「GPSの秘密2」参照)ミサイルや大砲を当てることができなくなるため、僕が司令官なら一番先に攻撃します。
 
  • (2022-06-30 17:40:00)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385