SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (282) , 獣医 (273) , 世の中 (216) , 食べ物 (195) , (145) , (119) , 政治 (104) , お知らせ (100) , 歴史 (99) , 近所 (83) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (27) ,
ARCHIVES
大阪城公園の秘密 4
フェスティバル.JPG 昨日(11/11)は動物フェスティバル。
地図.JPG 奇しくもワンワンの日・・・
大阪城.JPG 晴天にも恵まれ、、、

 ぎょ~さんの犬と飼い主さんがご来場されておりました。 
 太閤さんも驚いてたかな?
 いやいや、前々回『狆の秘密』を読んでみてください。織田・豊臣から江戸初期にかけて「犬は食べられていた」と記載されています。
 五代将軍綱吉の「生類憐みの令」のおかげで、現代の動物フェスティバルがあるのです。

卯三郎.JPG 2018-11-04「司会者の秘密」ご覧ください。

 司会は獣医師免許を持つ落語家、桂卯三郎さんです。

チアダン.JPG 盗撮ではございませんが、、、

 毎年定番のチアダンもありました。

にゃんすたグラム.JPG インスタ映えを意識してか?

 こんなんもありました。
 しかし名前が『にゃんすたグラム』・・・犬だらけやのに・・・
 『ワンスタグラム』やろ!

PS:よかったらサーチで「動物フェスティバル」とか「大阪城公園」とか検索してみてください。毎年の様子がわかります。
  • (2018-11-12 09:45:32)
狆育様療治(ちんそだてようりょうじ)の秘密
 前回、磯田道史先生の著書『歴史の愉しみ方』を紹介しました。

 その中で先生は「日本史において医学史の研究は進んでいますが、獣医学の歴史の研究はとても少ない」とおっしゃっておられます。

 高校時代、「古文」の授業など睡眠時間以外の何物でもなかった人間ですが、、、
 一応獣医の端くれのつぎあての分際で畏れ多いのですが、ちょっと述べさせていただきます。

史学会.png 学会があり、年2回開催されておるんです。

 ホームページ玄関には、こんな素晴らしい日本画が・・・
 
犬.jpg 荒木十畝 画「旭日双狗児図」小佐々学氏所蔵

 で、、、磯田先生にご紹介いただいた「狆育様療治」の内容ですが、、、

 前回を見ていただくと、戦国時代から江戸初期まで犬を食べていた日本人は、あの有名な五代将軍綱吉の「生類憐みの令」でその風習が消え去ったと書かれています。
 そして替わりに狆の飼育の大ブームが訪れたのです。

 当時、狆は高級愛玩動物で、天下泰平の時代、大名家の奥向きでさかんに飼われるようになった。大名家の女性たちはさみしい。殿様の愛に恵まれるとは限らず、生涯、屋敷の奥に幽閉されるから、なぐさめが欲しい。それでたいてい狆を飼った。

 当時、狆は高貴な生き物と考えられ、目玉が飛び出るほど高価。豪商なども狆を養い、飼っていた狆が死ぬとほとんど正気を失う者まで出たそうです。

 この古書を先生が解読すると、、、
 
 高価な狆を国内繁殖すれば大儲け。現代顔負けのブリーダー(繁殖家)がおり狆はあわれなほど種づけされていた。

 「男狆は生まれて15ヶ月目から女狆にかける」
 「女狆はサカリ付より14日目当より男狆合わせる」
 (これって今の獣医学的にも合致してますよね)

 ・・・ともあれ、ガンガン交尾をさせられていました。

 「よき筋の男狆2、3度づつもサカリ女狆に合せれば、しまいには男狆つかれ舌も白く成る」と書かれている。先生は『悲惨!』とおっしゃってます。
 
 そういうときは狆専用のスタミナ飲料をつくり卵・鰻を食べさせ、また交尾させるのだという。高貴な狆はまさに薬漬け医療。人間も服用できない朝鮮人参・カワウソの黒焼きまで飯にまぜて食べさせられ、灸治もうけていた。

 バンバン交尾させられ、近親交配の問題も起きていた。
 「たびたびよき子を産み、サカリのたび掛けるときはのちに奇形の子を産んだ」
 だが、当時は近親交配のせいとは認識されず男狆を交尾で疲れさせたために起きる現象と考えられていたようだ。先生は『これまた悲惨!』と述べられています。

 先生の結論ですが、、、、

 『犬は愛してもよいが自分の都合で玩ぶ(もてあそぶ)ものではない』

 元禄時代から日本人ってあんまり変わってないようですね。
  • (2018-11-09 23:25:35)
狆の秘密
 さて僕が映画にハマったのは親父に連れて行ってもらった「大脱走」がきっかけであると前回に書きました。
 ・・・だもんでまた映画の話に・・・

武士の家計簿.png 『武士の家計簿』2010年の松竹映画です。

 驚くべきことに、チャンバラが全く出てこない時代劇です。
 ところが面白い!!!

 この映画の原作者が磯田道史(いそだ みちふみ)先生です。
 生まれは1970年でして、落語家の桂卯三郎さんとおないです。

 中学生のころから古文書が大好きで、趣味が仕事になってしまった、、、
 ちょっとうらやましい先生です。

歴史.JPG 読みました。ご本人のおっしゃるとおり!

 めっちゃおもろい!!!

 日本史において医学史の研究は進んでいますが、、、
 獣医学の歴史の研究はとても少ないそうです。
 「気になるから調べてみた」と記載されています。

 ご気分を悪くされたら謝るしかございませんが、、、
 もともと東アジアの人間は犬を食べていました。
 日本もそうであったらしく、織田、豊臣から徳川初期のお城からは食べた痕跡が残った犬の骨が出て来るそうです。

 ところが、五代将軍綱吉の『生類憐みの令』により犬を食べる習慣は消え去りました。
 変わって大人気になったのが・・・
チン.png 日本犬である『狆』の飼育です。

 元禄時代(綱吉の時代)に大ブームが訪れました。
 驚くべきことに磯田先生は香川大学神原文庫から『狆育様療治(ちんそだてようりょうじ)』という古書を見つけ出しました。
 おそらく日本唯一の狆の飼育法の解説書だと思われ、、、

 当時、狆はすげえ金額で売買されていたそうです。
 しばらく、狆の話が続くと思われ・・・
 『北の国からかい!』(おっさんおばちゃんしかわからんギャグ)

PS:知ってましたか? 句読点で終わるナレーションは『前略おふくろ様』が先でした。
  • (2018-11-07 12:04:11)
経理部長の秘密
 前回、桂卯三郎さんが獣医師免許を持っているとお伝えしました。

 落語家と言えば、、、

下町ロケット.png 昨日の日曜に観た『下町ロケット』
殿村.png 泣かせてくれますねえ~殿村経理部長。

 立川談春さんが演じる殿村(トノ)は銀行から佃製作所に出向して来た社員です。
 実家が米作り農家で、たった一人で高齢のお父さんが頑張っています。
 しかし、寄る年波に逆らうことはできず父は言います。

 「米作りはやめる」

 でも、いなくなった親父を探しに殿村が外に出ると、、、
 たんぼに向かって合掌し、深く深く頭を下げておりました。

 それを見て殿村は佃製作所をやめる決心をします
 その決心を社長に伝える日、、、
 彼は会社に向かって合掌し、父と同じように頭を下げるのでした。

 たんぼや会社に向かって頭を下げる。
 極めて日本的な行動だと思いますが、、、
 良くも悪くも極めて日本人的な僕は感動してしまいます。



 思いだしました。『県庁の星』

 主人公の「県庁さん」は県庁のエリートです。
 あろうことか、弱小スーパー「満天堂」に出向になります。
 小ばかにしていた出向先でしたが、人間として素晴らしいことを学んだ主人公は、出向先を去る時、深々とスーパーマーケットに対して頭を下げるのです。

PS:右上サーチで「県庁の星」と検索してもらえばわかりますが、僕はこの映画は新入社員が絶対に見るべき映画だと思っております。
  • (2018-11-05 12:00:13)
司会者の秘密
 11月11日の日曜日は待ちに待った動物フェスティバルであります。
 午前10時から午後4時までということですが、、、
 ぜひとも早めにお越しください。

 と言いますのは、、、
 僕も全日本獣医師協同組合のブースでナンカレーを売っているから事情が分かるんですが、昼過ぎたら食べるもんが売り切れるからです。
 雨が降ったら売れないので、ぎょーさん用意することができないのです。
 他のバーゲン品などもすぐ売り切れてしまいます。

動物ふぇす.JPG お昼までに来た方がいいと思います。

 場所は大阪城公園・太陽の広場です。

 盲導犬や警察権のデモンストレーションや犬のしつけ教室。
 獣医さんによる健康相談や子供獣医師体験コーナー。
 スタンプラリーでは子供さんにプレゼントが用意されており、ペット関連用品のサンプルがもらえるブースもあります。
 また、ブラスバンド演奏やチアーリーディングだってあるのです。
 しやから、愛犬と一緒に来てください。(犬とのペアルック、よく見かけます)

卯三郎.png 注目すべきは司会の桂卯三郎さん。

 じつは獣医師免許を持った落語家です。
 1970年に岐阜県笠松町で生まれたそうです。
 僕は1957年生まれで、最後の4年生獣医ですから、、、
 卯三郎さんは完璧6年間大学に通った獣医さんです。

 幼い頃から動物好きだったそうで、「シートン動物記」やイギリスの獣医師ジェイムズ・ヘリオットの本を読み、テレビで「ムツゴロウの愉快な仲間たち」を見て育ちました。僕は一回り以上年上ですが、ほぼ同じ本を読み、同じ番組を見ております。

 違うのは、中学生の頃から父の影響で落語を聞くようになったということ、、、
 僕の場合は父に連れられて梅田のOS劇場で映画『大脱走』を観ました。

大脱走.png 「映画ってむっちゃおもろいなあ~」

 と思ったわけで、、、
 しかしながら、そっち側に行く勇気は全く持ち合わせておりませんでした。

 ところが、、、卯三郎さんは酪農学園大学を出て、国家試験も合格し、獣医師として岡山県の公務員になったにもかかわらず、落語のプロにならはりました。

 すげ~なあ~

PS:よければ右上サーチで「動物フェスティバル」と検索してください。大阪城公園での今までの出来事がいっぱい出てきます。
  • (2018-11-04 23:51:57)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290