SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (302) , 獣医 (282) , 世の中 (245) , 食べ物 (208) , (154) , (123) , 歴史 (111) , 政治 (109) , お知らせ (103) , 近所 (94) , 病気 (64) , (55) , 人生訓 (53) , お笑い (41) , スポーツ (36) , 漫画 (33) , 空手 (33) ,
ARCHIVES
番長の秘密
 前回は本宮ひろ志先生の漫画「サラリーマン金太郎」で泣けて泣けてと記載しました。
 元暴走族の総長が大企業のサラリーマンになり・・・という、とんでもない着想で描かれております。

 こういう番長に憧れておりました。
 他校の番長と喧嘩はするが、弱い子や障害のある子をいじめたりすると、、、
 『おまえ弱い奴ばかリ相手しやがって、一回俺と勝負せんかい!!!』
 と、防波堤になっていたのです。

 いじめたこともありますが、どちらかと言えばいじめられっ子に所属していた僕は、最近のいじめ問題に非常に興味を持っております。
 (右上サーチで「いじめ」と検索すれば、腐るほどぎょーさん駄文が出てきます)

 ご面倒ですが2019-10-12「小学教師の秘密」を読んでいただければ、、、
 「いつも教育委員会と校長先生が吊るしあげられるだけで、黙って見ていたクラスメートは何も感じなくていいの???」
 ・・・という僕の疑問が載っています。

 僕は『番長』と言う歯止めが無くなり、ひどいいじめが蔓延しだしたのではないかと疑っています。ちょうどヤクザを取り締まって『半グレ』が出現したように・・・

 今こそ『番長』を復活させなければいけません!!!
 
 本宮ひろ志先生の漫画を読んで、、、
 高倉健さんの映画を観て、、、
 『男気』に憧れる人間を増やさなければ・・・

番長.png 『言うだけ番長』になってしまう。
  • (2020-01-22 10:06:35)
サラリーマン金太郎の秘密
 昭和32年生まれ、還暦もとっくに過ぎ去り、今年は63歳を迎えます。

 子供の頃から本宮ひろ志先生の大ファンでして、、、

男一匹.png 『少年ジャンプ』1968年~1973年連載されました。

 僕は小学5年~中学3年でした。

 主人公の戸川万吉は西海村のガキ大将、西海中学の番長でして、仲間を束ねて大きな男になるというお話なんですが、、、

 驚くべきことに、僕以外の読者も子供が多かったはずなのに、、、
 やがて東京に出て株式投資の世界に飛び込むのです。
 な、な、なんと、少年漫画にビジネスの始点が描かれるのです。
 (しかしながら僕は多大な影響を受けたにもかかわらず、還暦過ぎても投資というものに縁がありません)

 先週の日曜、ガソリンスタンドで洗車をお願いしました。
 待ち時間、老眼鏡をかけ手に取った漫画が・・・
 
金太郎.jpg 『週刊ヤングジャンプ』1994年~

 僕が37歳から連載されています。
 大人になった戸川万吉を描いているような作品ですが、、、

 主人公:矢島金太郎は元暴走族の総長をしていたのですが今は猟師をしていました。ある時、釣りの途中の舟の事故で漂流するヤマト建設の会長・大和守之助を助けます。その縁で金太郎はヤマト建設に見習い社員として入社することになるのです。

 数々の暴走族を束ねる総長がサラリーマンになるなんて、、、
 本宮ひろ志先生の発想はすげえなあ~・・・

 ところがこのヤマト建設は、官僚から天下りしてきた横暴な大島社長に牛耳られていたのです。守之助会長や創業時からの叩き上げは冷や飯を食わされており、、、
 総長として培われた男気一本で、金太郎は守之助会長を退陣から救うために活動を開始するのです。

 金太郎のでかい器量に、徐々に賛同者が現れて来るのですが、、、

 泣けて、泣けて、、、

 若い時にはど~ってことなかったのに、、、
 やっぱり涙腺って、歳食えば食うほど緩んでしまうのかなあ~

  • (2020-01-21 00:48:50)
失敗の本質の秘密 3
 2018-10-01「失敗の本質の秘密2」をご覧いただくと、、、

本.jpg 僕はこの本にとても注目しているとわかります。

 第二次世界大戦における『日本軍の失敗』を研究した本でして、、、
 『失敗』は必ず利用すべきと考えている僕は、絶対読まなければいけないと思ったのです。
 ところが、、、
 すげえ分厚い学術本でして、なかなか読み出す勇気が生まれません。

本質.jpg そこで手に取ったのが・・・これ!

 待合室に置いていますが、優しく解説してくれている超・入門書です。

 昨年暮れ2019-12-30「アナログの秘密」よりずっと『日本だけでもデジタル社会からアナログ回帰した方がいいんじゃないか?』と主張を繰り返しています。

 前回は「AIによる顔面認証」より超アナログな『見とり捜査』が日本のお家芸だと記載しました。
 日本は『アナログ』が大得意なんです。

 じつはこの本にそのことが書かれています。

 日本はとにかく技術を突き詰めるのが得意です。
 ゼロ戦パイロットの機銃掃射はめちゃくちゃ正確だったそうです。
 向かうところ敵なし! 
 ・・・に対して、、、ルールを変えることに長けたアメリカは、、、
 「だったら、当たらなくても近くをかすめただけで爆発する弾を開発すりゃあいいやん」

 日本軍は爆撃機からの爆弾投下も正確無比だったそうですが、、、
 例によってアメリカは、当たらなくても広範囲に爆発する爆弾を開発します。

 訓練による正確さの追及は自衛隊にも受け継がれています。
 アナログさせたら天下一品なのです。

 前々回「アナログ回帰の秘密」で、未来の戦争ではGPSの機能を奪うことから始まるのではないかと記載しました。そうなったら目視で命中させることができる軍隊が強いのです。

 まったくもってアナログ回帰はできないですが、うまくデジタルとミックスされる未来が良いと思うのです。
 ・・・に加えて『ルール変更』への対応も訓練しないといけません。
 これは、日本人はへたくそです。
  • (2020-01-10 09:23:56)
見当たり捜査員の秘密
 AIによる顔面認証はまだまだ精度が低く、テレビの実験で顔面を石膏で形取り、シリコンで作ったお面で認証をとることができるか実験してましたが、見事に突破していました。

 ロンドン発のニュースでは、監視カメラのデジタル画像から人を自動的に識別するロンドン警視庁のライブ顔認識システムは81%が無実なんて報じられています。

 僕はプライバシーを優先するより、防犯カメラはいたるところにつけたほうが良いと思っている治安優先派です。それでもデジタルによる顔面認証は、各個人のプライバシーに関して丸裸になり、問題も多いと思っています。

 前回記載したように、中国が最先端を走っていますが、進み過ぎて思想の自由が無くなり、西側諸国からの批判を受けて減速するかもしれません。

 そんな中、埼玉新聞で興味深い記事を見つけました。

 皆さん「見当たり捜査員」ってご存知ですか?
 指名手配された容疑者らの顔や容姿を写真で記憶して雑踏の中から捜し出す警察官です。埼玉県警が2011年から導入している捜査手法です。

 その中の一人、県警刑事総務課捜査共助係の男性警部補(40)は見当たり捜査の部署に配属されて1年足らずの間に、9人の指名手配犯や容疑者を発見しました。
 毎日毎日、暑い日も寒い日もターミナル駅、繁華街、パチンコ店や公営競技などの遊技場にたって人の顔を見つめ続けるのです。
 それだけではありません。
 年間に全国で指名手配されている容疑者らおよそ800~850人を記憶しなければなりません。2冊の手帳には常時350~400人の顔や全身の写真が詰め込まれ膨れ上がっています。それを朝、出勤後、夜の毎日3回頭に焼き付けるのです。

 これぞ、日本のアナログ技術の高さ!!!

 デジタルの顔面認証システムに対して、こういう特殊技術者が活躍する日本こそ、世界から注目されるのではないかと思っています。
 東大阪の旋盤技術者が、コンピュータ制御の旋盤機械に勝つのが日本であり、それこそが生き残り策だと思うのです。

 そのうち世界各国がデジタル社会のひずみに気が付き始め、アナログ大国日本に注目が集まったらいいなあ~と願っています。

 日本政府がキャッシュレスを推奨していくのは、まさに反対の動きです。 
 キャッシュレス社会もまた、色々問題が起きてくると思っています。
 先進国でありながらキャッシュレスが進んでいないのは欠点ではなく長所だと思います。

 デジタルが悪いのではなく、全面的に頼ってしまうのがよくないのだと思います。ぜひとも補う形でアナログを残していって欲しいのです。
 今のままデジタル社会が進行すると、アナログ技術が忘れ去られてしまう気がして、なんか不安を感じてしまいます。
  • (2020-01-06 17:43:15)
アナログ回帰の秘密
 前回、お正月早々デジタル社会の未来に不安を抱いているなどと、夢も希望もないことを記載してしまい反省しています。

 しかし希望は持っているのです。
 世界はどこかの時点でアナログ回帰するだろうと・・・

 また正月早々すべきでない話だとは思いますが、、、
 地震や異常気象などで電力が絶たれた場合、パソコンは起動しません。

 2019-07-15「アナログの秘密3」では鉄道のダイヤグラムについて記載しています。上新庄駅の時刻表も、ついこの間まで定規でグラフを書いて作成していたのです。今では誰も出来なくなってしまっています。

交渉人.png 映画「交渉人・真下正義」は「踊る大捜査線」のスピンオフ作品でして、地下鉄が乗っ取られコンピュータ環境も破壊された状態でダイヤグラムを作成しないといけない状況になり、退職した時刻表作成者(線引き屋)を連れてくる様子が描かれます。

 アメリカの宇宙軍は1985年9月23日に設立され、2002年10月1日にアメリカ戦略軍に整理・統合されましたが2019年8月29日にまたもや再編成されました。
 この軍はいわゆる地球防衛軍のように宇宙人の侵略に対抗するものではありません。地球上の他国が仮想敵です。

 2019-01-04「GPSの秘密3」ではアメリカ・ロシア・日本・中国がGPSを持っていると記載しました。
 お正月に戦争の話なんてと思われて当然なんですが、、、
 僕は極めて怖がりでして、国民の生命と財産を守る政治家が『防衛』の話をしたとたん『右』のレッテルを張られるのを不思議に思っています。
 だから言ってしまうのですが、、、
 万一戦争が始まれば、まずこのGPSの機能を奪うことから始まるだろうと思うのです。
 (もしよければ2019-07-13「はやぶさ2」の秘密をご覧ください)

 そしたら目標に対して目視で命中させる技術が大切になります。
 アナログ回帰というわけです。

顔面.png 中国では顔面認証が発達し、無人コンビニなどが増えているそうですが、香港やウイグル・チベットに対する態度を観察すれば管理社会が進み過ぎるのもどうかと思います。
 世界の国々は、どこかで気が付きデジタル化に疑問を抱き始めるに違いありません。またそうなって欲しいとも思っています。

 そしたらアナログが得意な国の出番です。
 日本はかなりアナログ上手な国だと思っています。
 そこに希望を見出しています。
  • (2020-01-04 09:37:47)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319