SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (282) , 獣医 (274) , 世の中 (219) , 食べ物 (196) , (146) , (119) , 政治 (104) , 歴史 (100) , お知らせ (100) , 近所 (86) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (28) ,
ARCHIVES
甲羅干しの秘密
 暑いな~、小学生の夏休み、ランニングシャツで出歩いていた頃は、もうちょっと過ごしやすかったなあ~
 熱中症なんてのも、あんまり世間で話題にもされていなかったような~

 先日、午前の診療にやって来た飼主さんが・・・
    「先生、お父さんふらついてはりますよ」と教えてくれました。
 
 あわてて駆けつけると、いつも病院の周りを掃除してくれている父がしゃがみこんでおり、友人(不動産業O氏)が、わざわざペットボトルのお水を買って飲ませてくれていました。
    
        「ありがとうございます」
 
 よい飼主さん、よい地域の方々に恵まれ、生まれてこのかた、半世紀以上にわたり大道南(昔は南大道町)に住ませてもらって感謝しております。
 
 ご高齢の方は、十分注意してくださいね!
 大丈夫と思っても、かくれ脱水(脱水症状一歩手前)かもしれません。ぜひ、経口補水液をご用意ください。(ネットで調べてね、作れますし、市販もされてます)

 なのに、ど~してか???

ひなたぼっこ.jpg うちのダッチは猛暑の中、甲羅干しです。

 炎天下、運動場にしゃしゃり出て、ひなたぼっこです。
 まるで、、、「私、動物病院の子やのに、めんどうみてもらってないねん」
 またもや営業妨害・・・

 反対に院長は、人一倍暑さに弱く・・・
 活動も夜になってしまいます。(夜行性)
 と、言って、ネオンに誘われフラフラ出て行っているわけでなく、、、

 先週土曜日は、2013-06-04 「眼科専門医の秘密」に記載した。眼科専門医のT先生の授業です。
水晶体.jpg 白内障の手術は手掛けておりませんが、、、
 一応パート1は受講したもんで・・・
 パート2が開講と聞きつけ、北摂夜間救急病院まで出かけたのです。
水晶体2.jpg 水晶体疾患を極めるパート2です。

 そしたら、、、8/22夜はVRセンターで、眼科専門医K先生「白内障って、ど~したらいいの」セミナーだそうです。
 こうなったら、乗りかかった船で、聞きに行ったろう!
 秘密ですが、、、『やけくそ』だ!
  • (2013-08-13 20:58:25)
ヒポクラテスたちの秘密 2
 映画には人生を変える力があると断言します。
 もちろん、さだまさしさんの歌や小説にもその力は存在しています。
 『風に立つライオン』の歌を聴いて、医学部に進学した人はめちゃくちゃ多いと思いますし、おそらくこれから小説を読んで「お医者さんになろう!」って若者が続出すると信じています。
 
ニュースレター.jpg 昨夜はニュースレターを書きました。

 映画『ヒポクラテスたち』1980年公開の大森一樹監督作品です。
 主人公・荻野愛作(洛北医科大学6回生)を演じるのは古尾谷雅人さん。

ヒポクラテス.jpg 大ファンだったけど・・・
 昭和32年生まれで同い年でしたが、2003年3月に自殺されました。

 内容は、医学部最終学年の臨床実習が描かれています。
 6~7人で各科を廻るのですが・・・
 同級生として初映画デビューの内藤剛志さんが出演しています。
内藤剛志.jpg 凄いリアリティーの左翼学生です。
 対して右翼学生は神崎靖邦(阿藤海さん)でした。

 実習のグループの紅一点が、その頃引退したキャンディーズから復帰第一作の伊藤蘭さんです。優等生の木村みどりを演じました。
蘭ちゃん.jpg ラブシーンではありません!人工呼吸の実習
 「高校の勉強の成績がいいから、とりあえず医学部って感じで入学しちゃったけど・・・」といいながら、卒業目前に自殺してしまいます。

 あの、ブラックジャックの手塚治虫先生は、大阪帝国大学付属医学専門部出身でして、小児科の教授を演じています。
手塚治虫.jpg とても白衣がお似合いで、、、
 実習中に赤ちゃんのおしっこを飲んでしまうシーンがあります。

 一番印象に残っているのは、原田芳雄さんが演じる徳松助教授です。
原田芳雄.jpg 立ちっぱなしの手術見学が終わって・・・
                 バテ、バテの主人公たちを叱咤します。
 「知識もない、経験もない、技術もない、、、おまえらにあるのはなんだ、体力だけだろ~」
 「外科ってのはなあ~治してあたりまえ、治らなきゃあ恨まれるんだ、へたな手術でもしてみろ、、、訴えられて大変なことになるんだ、、、おまえら2億3億払える?、、、イタリアにはな、払えなくてタクシーの運転手している奴がいっぱいいるんだよ!」

 手術室から出てきて、学生を叱咤して、茶瓶の口から直接お茶を飲んで、またバタバタと手術室に走っていきます。残された学生たちはため息をつきます。
 「俺たちやってけるかな~?」

 獣医大の、同じく最終学年(4年生)だった僕は、同級生のG君をこの映画に誘いました。
 彼は、獣医師免許を取ってから浪人生活を経て医学部に入り、無事、医師免許も取りました。

 このように映画には進路だって変えてしまう力があるのです。
 では、なぜ、僕の進路は変わらなかったのか?・・・
 人の命を左右する立場には立ってはいけないと思いました。動物の命でさえいけないのではないかと考えた記憶があります。
 
 正しい選択でした。

PS:できたら2011-08-11 「ヒポクラテスたちの秘密」も読んでください。
  • (2013-08-10 13:24:24)
風に立つライオンの秘密 2
 お願いです。しつこいですけど・・・
 ちょっと面倒だけど、聞いてみてください。

 2013-07-26「風に立つライオン」にさだまさし師匠の歌詞があります。
 アフリカでの僻地医療、巡回医療に青春を懸ける青年医師の物語です。
 日本に残してきた、かつての恋人から届いた「結婚します。」という手紙への返信なのです。

 これを、あの、まっさん(師匠)自身が、なんと、小説にしはったのです。

本.jpg すぐに本屋さんに注文です。
 一気に読んでしまいました。
 『永遠の0』以来のことです。
 予言します。すぐに映画化です。
 今頃、どこかのプロデューサーが走り回っているはずです。
 (「永遠の0」12月公開ですから、しかも淡路東宝で・・・)

 これ読んで、泣けへんおっさんは、断言します。
      『友達にはならん!』

 主人公である日本人医師・航一郎⇒ケニアの少年兵ンドックへと続く心のバトンが描かれるのですが、そのバトンは東日本大震災の被災少年あつおへと引き継がれるのです。

 本のあとがきに師匠が書いておりますが、、、
風.jpg 自分の歌が与えた影響に驚いたようです。

 歌に感動して・・・

 NPO法人「ロシナンテス」川原尚行先生は、外務省医務官の職を辞して、スーダンにおける地域医療、東日本大震災被災地、特に宮城県瓦地区での支援活動に取り組むようになりました。
 鹿児島の堂園晴彦先生は「心ある医師を育てる」ためのNPO法人『風に立つライオン』を立ち上げ、毎年若い医師をインドのマザー・テレサ終末病院に送り研修させて、震災被災地では医療バス「風に立つライオン号」を走らせました。

 とにもかくにも、現在日本で頑張っているお医者さんは、少なからず影響を受け、進路を決定する時に「風に立つライオン」がお尻を押したようです。

 小説の主題が『バトン』であるのは、極めて納得してしまいます。

PS:2013-07-26 「風に立つライオンの秘密」も読んでや~
  • (2013-08-08 16:22:40)
マダニの秘密
 ひさしぶりにTAGを『獣医』にして、お知らせです。

 先日、居酒屋(三嶋)への向かう道すがらコウヤに会いました。
 (三嶋は同級生がやっている居酒屋です。リンク:大道南三丁目の夕日)

だにとこうや.JPG めづらしくなってしまったハスキー7カ月の男の子

 そしたら、次の週、ロッキーにやってきました。
マダニ.jpg こんな感じで、頭にマダニがついたそうで・・・

 あくまで、イメージです。こんなにでかくはありません。
 (当院にいた近藤先生が北海道の恵庭市でよつば動物病院を開院しましたが、勝手にそこのブログからパクリました。ゴメン!)

レボ.jpg じつはダニ・ノミ・フィラリア予防薬をつけてたんだけど、あまりマダニの多いとこだと、いったんはついてしまうのです。
コンフォティス.jpg 飲ませるタイプのダニ・ノミ駆除剤を飲ませてもらいました。(それでも、いったんはついてしまいます。)

 そんなわけで(?、いや、なんのわけ?)昨夜は、居酒屋にも顔を出さず、北摂夜間救急動物病院まで車を走らせました。

 2013-07-22 「人柄の秘密」で、7/21はアレルギーのセミナーに出席しましたが、ちょうどこの日、大阪市獣医師会の学術セミナーがブッキングしていたのです。
亘.jpg N大のW先生の『DIC』です。

 ただでさえ、不注意な僕、聞いておかないと・・・
 「見落とした!」と思っていたので、、、

入江.jpg 四国(香川)のI先生の『DIC』を聴講です。

 「腫瘍と戦うために」と記載されていますが、実は講師のI先生、急性骨髄性白血病から骨髄移植されて生還されたそうです。
 スライドに、制癌剤で髪の毛が抜ける写真などもあり、驚きました。
 
 御自身の体験から、制癌剤の投与中の採血や血管確保時の消毒の重要性などをお話していただき、失礼ですが「ただではころばない人だなあ~」と感心しました。

 やはり、我が家に伝わる家訓
   『こけた時は、かわいい子の○ンツ見てから起き上がれ!』は
      正しい!と再確認いたしました。

PS:2010-04-02 「家訓の秘密2」見てください。
  • (2013-08-07 11:27:21)
ヘリコプターの秘密
 ど~しても気になることがあるので、今日は2報書かせて頂きます。

 気になってしかたがなかったのです。
 沖縄で墜落した米軍のヘリコプターの報道です。
 乗っていた米軍の方はどうなったかです。

 宋文洲さんって方ご存知でしょうか?
 ウィキペディアによりますと・・・
 中国山東省栄成市出身で、1985年7月中国東北大学工学部卒業し、1985年9月中国国費留学生として来日しました。北海道大学大学院を修了した後、天安門事件を嫌いそのまま北海道に住み続けたそうです。ソフトブレーン株式会社創業者であり、現在は同社マネージメント・アドバイザー。経営コンサルタント、経済評論家。…と、記載されています。

 この方がテレビで言っていたのか、週刊誌に書いておられたのか忘れましたが、
 日本での「人間魚雷・回天」の展示に疑問を投げかけていました。

 「攻撃する方は、感激するかもしれないけど、される方側に立って見ると…」

 昔は全然泣かなかったけれど、最近はちょっとした「泣かせ」ドラマでも鼻水たらしてしまう映画好きのオッサンでして、、、
 特攻隊の方の遺書にはボロボロ泣いてしまうのですが、突っ込まれる方側の視点も絶対に必要であると学んだのです。

 僕が見る限り、テレビの沖縄で米軍のヘリコプターが落ちたって言う報道は、アメリカ軍の兵士の犠牲に関しては、ほぼ無視でした。
 そりゃ~色々あるのはわかっています。
 墜落しやすいオスプレイ、米兵による傷害事件・・・
 でも、米兵にだって、親はいるし、子供だっているかもしれません。
 落ちた!落ちた!って、、、
 小学校にでも落ちたら大変なのは、誰でもわかります。
 どこの国の人であっても、まず乗っていた人の安否も心配するべきでしょう!
 
 尖閣問題・核ミサイル、、、米軍の後ろ盾がいると考える人は、特に無視しちゃあいけないでしょう? また、基地問題も沖縄の人だけに犠牲を強いるのもおかしいでしょう?
 そして、米軍なんていらないと言う人は、少しは日本人の安全ばかり口にしても許されるかもしれません。でも、誰に守ってもらうのか?自分だけで守るのか?あっさり占領されて、死んでも仕方がないと考えるのか? きちんと宣言してからそう言ってほしい!

 僕はこの報道の仕方が、日本独特の曖昧さを象徴しているように思います。
 曖昧さって、ほとんど長所だと思っていますが、こと防衛に関しては短所じゃないかな?
  • (2013-08-06 17:22:49)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292