SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (436) , 世の中 (345) , 獣医 (302) , 食べ物 (235) , (184) , 歴史 (174) , 政治 (158) , (149) , 近所 (112) , お知らせ (108) , 病気 (80) , 人生訓 (74) , (74) , 空手 (55) , スポーツ (51) , お笑い (49) , 漫画 (45) ,
ARCHIVES
士官と紳士の秘密
 「士官と紳士」???
 じつは、映画の原題です。
 「An Officer and a Gentleman」で、日本でつけられた題名が・・・
 
愛と青春.png 映画『愛と青春の旅立ち』(1982年)です。

 主人公ザック・メイヨ(なんとリチャードギアさん)は少年時代に母親を亡くし、アメリカ海軍の水兵である父親に引き取られます。ところがこの父、とんでもない生活破綻者でして、フィリピンの米軍基地で母代わりの娼婦に育てられるのです。

 ひねくれたザックは父親の上官になろうと士官学校に入学します。
 そこには試練が待ち構えていました。
 鬼軍曹(ルイス・ごセット・ジュニアさん)がいたのです。

 彼はザックをしごきまくります。
 育った環境が悪すぎて、個人主義の塊でした。

 やがて彼は仲間の大切さなどに気が付き、紳士になっていくのです。
 軍隊では士官は紳士でなければなりません。
 「海軍士官の前に紳士たれ」という教えは防衛大学や江田島の幹部候補生学校でも、散々言い聞かされるそうです。

 そして卒業するとき・・・
 急に立場が逆転し、鬼軍曹がザックに敬礼をします。

鬼軍曹.png 「君のおかげで卒業できた」とザック。
早く行け.jpg 「早く行け!」と少し涙ぐんだ鬼軍曹。
 (よかったら2013-04-29 「鬼軍曹の秘密」読んでみて)

 これで僕が完全に『敬礼』にはまってしまった。
 そして音楽がベスト!!!



 僕は敬礼にやられてしまったけど、友情や師弟関係の映画ではなく、最高の恋愛映画ですから女性の方も是非見てください。
 そしてまたもや日本発の「敬礼」映画が公開されるのです。
 それは・・・

PS:2020-06-13「敬礼の秘密3」でおんなじこと書いてるけど・・・
  • (2021-07-26 09:38:52)
駅Stationの秘密
 二つ前「MERの秘密」で『敬礼』に弱いと記載しました。
 そして前回「中学教師の秘密」で「僕は右寄りではない」と言い訳しました。
 じつは映画に影響されているのです。

 当院のお盆休みは8/9(月)~8/14(土)でして、、、
 注意!!! 休みではなく午前中のみの診療です。
 8/11の祝日も午前のみ診療しています。(日曜は休診です)

 皆さんもお盆休みになるでしょうから、観てほしい映画を紹介させていただこうとたくらんだんです。

駅.png まずは「駅Station」(1981年)です。

 1957年生まれの僕は当時24歳、高倉健さんにあこがれておりました。
 
石田.png 銭函駅ホーム、警察官の英次(高倉健さん)は妻の直子(いしだあゆみさん)と4歳の息子に別れを告げました。

 直子の父(名古屋章さん)がつぶやきます。
 「何とか許してやっちゃくれねえか・・・」
 オリンピックの射撃選手である英次は合宿生活が長く、妻の直子が間違いを起こしたのだ。
 何も答えない英二、、、
 動き出す汽車、、、
 その時の直子の顔が忘れられません。
 笑いながら・・・敬礼しました。 そして泣き始めます。
 いしだあゆみさんの泣き笑いの演技は圧巻です。
 僕が『敬礼』に弱くなった最初の作品です。

 世代的に、背中に唐獅子牡丹をしょって渡世の義理からたった一人で敵に殴り込む高倉健さんにのめりこんだわけではありません。
 その時代後の高倉健さんの作品が大好きなのです。

 そして次の年、完璧に『敬礼』に打ちのめされる映画が公開されるのです。
 (よかったら右上サーチで「敬礼」と検索してみて)
 それが・・・
  • (2021-07-24 18:25:16)
中学教師の秘密
 前回「僕は右寄りではないが敬礼に弱い」と書きました。
 その理由を記載します。

 子供の頃、ひと昔先に生まれた全共闘世代は右手に火炎瓶、左手にゲバ棒(懐かしい呼び名で、角材のことです)を掲げ、黄色いヘルメットをかぶってテレビのニュースで暴れていました。そしてそのころのニュースではイタイイタイ病や水俣病、四日市ぜんそくなど公害も毎日報道されていました。
 
 僕らは三無主義世代と呼ばれ「無気力・無関心・無責任」だと言われております。
 代表者として言い訳させていただくと、学生運動を見て、、、
 「政治運動なんてやっても無駄!」
 公害問題を見て、、、
 「会社員として頑張っても地球汚すだけ!」などとひねくれていたのです。

 そして学校の先生は今とは違い、かなり自由だったように思います。

 小学校の時の担任の先生が「原爆を東京と大阪に落とさず、広島と長崎に落としたのはアメリカのお情けや!」と発言し、ほかの先生たちと議論になっていました。

 中学に入ると、自分が受け持っている教室に「米軍基地反対!」のポスターを張っている教師がいました。
 頭のいいクラスメートは「共産主義っていうのはみんなで働いて利益をみんなで分けるんや、おまえやったらど~する?」と言われ、、、
 「僕なら寝とくわ」と答えると「だから無理やり脅して働かされるようになるんやで」という答えに「そうか、しやから国の悪口言えなくなるのか?」と納得しておりました。

 また、別の教師は僕たちを、、、
 「そんなことでは兵隊さんになれないよ!」と叱りました。
 当然のごとく僕は「別に兵隊になるつもりないし・・・」と頭の中だけで口答えしていたのです。

 だから僕は『右にも左にも寄っておりません!』
 両方のいいとこどりが一番良いと思っており、、、
 「貧富の差がない資本主義が理想的」だと思っています。

 その昔の日本は資本主義でありながら「共産主義が成功した唯一の国」なんて呼ばれていたのです。
 だから僕は「消費税を増税するなら累進課税を昔に戻してから」などと叫ぶようになってしまったのです。そのころの日本は高額所得者の所得税は異様に高く、市民税までが高額だったのです。
 
 そんな「兵隊さんなんかになる気がない」僕も、災害救助での自衛隊員の無私の活躍を見て敬礼に感動するようになったのです。

 本当は映画に影響されているのですが、、、
 その映画は・・・
  • (2021-07-21 11:53:10)
MERの秘密
 MERとは、、、
 モバイル・エマージェンシー・ルーム(動く救急救命室)の略らしく、ハマってしまったテレビドラマ『東京MER』(日曜劇場・TBS)の話です。

東京.png  主演のチーフドクター・鈴木亮平さん。

 大ファンでして、病気の役をやらせたら急激にやせ細り、マッチョな役なら見事な筋肉で増量しはります。文字で書くのは簡単だけど、実際に実行するのは強烈な努力が必要で『見事な役者魂!』だと思います。

 一昨日、第三話を観せていただきました。
 
 病気の少女を人質にした立てこもり事件が荒川区の飲食店で発生。それは犯人の子供でして、、、「女房を連れてこい!」と銃弾を発射しまくっています。
 チーフドクター・喜多見は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張。しかし、警察は一般人の死傷者が出てはいけないと主張しMERと対立するのです。

 子供の治療のため女性看護師を連れてこいという犯人に対して、警察は女性警察官を行かせようとします。でもチーフドクター・喜多見は強引にEMR看護士・夏海(菜々緒さん)を行かせるのです。

 MERも警察も奮闘努力する中、一人の若い警察官が犯人の銃で打ち抜かれます。
 彼を助けようと現場の医療チームや警察官は奮闘しますが、例によって「事件の起きていない安全な会議室」で世間からの視線ばかり気にしている上層部と衝突しはじめます。
 (踊る大捜査線以来のベタですが、なかなかイラつかせます)
 
 結局、若い警察官の命よりもメンツを気にする上層部に反発し、警察をやめる覚悟で現場の指揮官である捜査一課特殊犯捜査係(SIT)係長・新井(山田純大さん)は決断します。東京MERのERカーをSITが取り囲んで銃弾から守りながら若い警察官を手術しました。

 で、夏海(菜々緒さん)も無事生還したところで僕の涙腺が崩壊しました。

敬礼.png 現場の警察官が夏海に最敬礼。

 僕、絶対右寄りじゃないんですが、敬礼に弱いんです。
 その話は、また、、、

PS:良ければ2011-09-15「敬礼の秘密」ご覧ください。右上サーチで「敬礼」と検索していただければ『泣ける敬礼』がいっぱい出てきます。
  • (2021-07-20 10:23:04)
アルキメデスの大戦の秘密 2
 今年は少し早めに戦争を描いた映画の話をさせていただきます。
 (毎年終戦の8月になるとおすすめしています)
 2つ前2021-07-12「西村発言の秘密」に『日本では個人の責任はあいまい』と書いてしまったからで、補足説明しようと思ったのです。

 大ファンの山崎貴監督作品「アルキメデスの大戦」です。2年前に公開されて、あまり話題にはならなかったみたいですが、僕に言わせると画期的な戦争映画なのです。
 できるだけマイルドに『国民の戦争責任』を問いかけた映画だと思います。
 (2019-08-14「アルキメデスの大戦の秘密」)

 僕は当時の日本に生まれていたら、絶対に戦争賛美していたと思います。
 日本政府をはじめ、マスコミもすべてその方向に誘導していたからで、それに逆らうだけの頭脳は持ち合わせておりません。しかるに万一ええ頭していたにせよ、政府に逆らう勇気などまるでないと断言できます。

 ところが、当時の政府に逆らって特高警察の拷問で死んでしまった小説家だって存在したのです。(2019-09-20「特高警察の秘密」をご覧ください)



 日本では幼児虐待に関しては、児童相談所や警察に責任を持っていきます。
 それは間違いではありません。追求すべきです。
 でも、鳴き声が聞こえていたけど、波風立てたくなかったご近所さんも少しは心に痛みを感じた方がいいのではないでしょうか?
 そのほうが再発を防ぐはずです。

 学校でのいじめの問題でも担任や校長が責められ、教育委員会の責任追及が始まります。
 全く正しい報道ですが、、、少しは黙って見ていたクラスメートも心の痛みを感じたほうがいいのではないでしょうか?
 絶対そのほうが再発防止になります。

 そんなこと言ったらご近所さんやクラスメートがトラウマになって、障害になったらどうするんだと叱られるかもしれませんが、、、
 責任は児童相談所や教育委員会のように大きくて曖昧なもののせいにして、国民の一人ひとりには問いかけないシステムが働いているように思えるのです。

 70年以上前の戦争も「軍部の暴走」は確実に存在しましたが、のせられた国民一人一人の責任も問いかけられないと再発防止にならないのではないでしょうか?

 どうもこの国では、責任は曖昧なもののせいにして、個人の責任にはあまり触れないようにしていると思うのです。それはそれで国民が大切にされていると言えるのですが(悪く言えば国民が赤ちゃん扱い)、再発防止の観点からは障害になっていると思います。

 現在テレビニュースでは新型コロナの再拡大が取り上げられ、8時過ぎても飲み会している若者が映され注意喚起されています。
 「老人に感染させたら大変だ」
 「若い人の重症化が増えた」
 も言わなければなりませんが、僕に言わせると、、、

 『政府が強権発揮せざるを得ない状況にならないように』が一番大切で、、、
 「やはり国民は赤ちゃんで、完全な自由を与えるのはだめだろう」と『国の悪口言えない国』に微笑まれ、世界戦争が「悪口言えない国」連合の勝利に終わることへ加担することがないように、お願いを守ってほしいと言っていただきたい。
 
 8時になっても飲み会している人が「国の悪口言えない国」に住みたいと思っているわけではないと思うので、、、(なんでテレビで言ってくれないのかな?)

PS:よかったら2つ前の「西村発言の秘密」をお読みください。西村さんの発言は間違っていますが、言わせた国民も考えるべきだと少し思ったわけで・・・
  • (2021-07-15 11:03:07)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435 | 436