SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (436) , 世の中 (343) , 獣医 (302) , 食べ物 (235) , (184) , 歴史 (174) , 政治 (158) , (149) , 近所 (112) , お知らせ (108) , 病気 (79) , 人生訓 (74) , (74) , 空手 (53) , スポーツ (51) , お笑い (49) , 漫画 (45) ,
ARCHIVES
音のないヘリコプターが、、、
 堀口刑事が北川女史によって睡眠薬を飲まされた夜、陰の妖気がもっとも強くなると言われる丑三つ時(深夜2:00)、奈良十津川村のトンネルからヘリコプターが出現した。
 
ヘリ.jpg ビンラディン殺害作戦に使われたステルスヘリで、消音タイプである。
 十津川村は平成23年9月の紀伊半島豪雨で道路や通信が寸断され、陸の孤島と化し、この村出身の自衛官・S陸曹長が一番最初に道路を開通させた。それ以後自衛隊との親密な関係が築かれ、村民全体が自衛隊と協力関係にある。
 つまり、ヘリコプターぐらい秘密裏に格納する場所としては最適と言えるのだ。

 真っ黒に塗られているヘリの機体は、音もなく夜の闇に溶け込んだ。そのため忍者と呼ばれている。
 へりは山間部を飛んで伊賀上野に向かい上野市郊外から山間部を低空飛行し、信じられない操縦だがレーダーを避けるよう暗闇の中、谷に沿ってポツンと一軒家の上空にホバリングした。
 (2023-03-14「ポツリと一軒家」を参照してください)
 ヘリからロープが一軒家に降ろされる。
 黒ずくめの人物がそれにつかまりヘリに乗った。
 静かに飛び去るヘリコプターは大阪方面へと消えていく。

 朝になり、昼近くにリッツカールトン大阪をチェックアウトした堀口刑事はタクシーで大阪府警に向かっていた。朝から何も食べておらず、歴史博物館附近で降車した堀口は上町筋のコンビニに向かった。

ランクル.jpg その時である。『あっ!!!』

 コンビニに停車中のランドクルーザーが急発進、堀口を跳ね飛ばし上町筋に飛び出した。
 車は対向車線を逆走し、ビルに飛び込んで停車した。

 堀口刑事は即死だった。
 幸いなことに巻き添えになる人はいなかった。
 ・・・なぜかしら、運転者は驚異的な反射神経で堀口以外の歩行者を避けていた。

  • (2023-04-10 16:40:58)
北川由紀からのメール
 北川由紀から堀口刑事のスマホにメールが入った。
 彼女は殺された倉本記者の同僚である。

 「お話があります」

 刑事のカンと言うやつで、彼女は倉本記者の同僚と言うだけでなく深い関係にあったと思っていた堀口は、公務員であるにもかかわらず西梅田のリッツカールトンに呼び出した。

 最上階のスカイラウンジはカップルに最適すぎる雰囲気である。府警の経理が認めてくれるとは思えない堀口は自腹を切った。どこかしら妖艶な佇まいを感じていたのである。

 頭を下げた堀口は「大阪の南から北までご足労ありがとうございました」と述べると、磯山教授の教室にいた北川女史相手に映画「そろばん侍」の話から始める。
 一通り忍者の歴史の話を終えると・・・
 「ところで僕に話って、、、」と切り出す。

 「じつは倉本さんとはお付き合いしていました」
 「でしょうね」

 同い年だが記者としての先輩である倉本から仕事について教わるうちに自然と関係が深まったという話をしながら、、、

 全く自分の手元を見ることなく、自然に堀口のグラスに液体を注いだ。
 その間堀口の瞳を憂いある目で見つめ、、、
 「頼りになる人がいなくなって・・・」と呟いた。

 欲望を押し殺し「僕でよかったら・・・」と答えながら、液体注入に気がつかずハイボールを飲み干す堀口。
 
 翌早朝、北川由紀はリッツカールトンのベットで目覚めた。隣には幸せそうな寝顔の堀口がいる。音もなく素早く起きて、素早く着替えると、化粧だけは丁寧に行って部屋を出る。

ホテル.jpg 「ごめんなさい。せめてもの・・・」

 堀口が起きたのはチェックアウトの時間ぎりぎりだった。

 「やっぱりくノ一やったか!・・・でもなんで俺生きてる?」

 「そうか、偽隊の返事はOK!や、、、黙ってたらええことあるってか?、、、いや、いや、安心したらあかん! いつでも殺れるってメッセージも入っとるわ」

 いやらしい微笑みを浮かべて直接府警に向かう堀口刑事。

 その時・・・
  • (2023-04-10 12:28:46)
そして衝撃の一言が・・・
 さて、2023-03-04「チョコにへんなもの入れないで」から僕の嘘はなし(妄想)が続いています。
 「こんな映画があったら、、、ええな~、、、」と空想しているだけです。くれぐれも真に受けないで下さい。(そんなやついてへんし?)

 食堂長・服部孝造の目を見つめ、堀口刑事は衝撃の一言を発した。

 『大阪府警にも一本だけでいいから一等賞もらえませんか?』 彼も裏金を作る係だったのだ。

 少しの動揺を瞳に浮かべて服部は口を開く。
 「おそらく堀口さんも私利私欲ではなく、大阪府民のために頑張っているんでしょう、、、でも自分の一存では答えることはできません」

 堀口は期待をもってうなずいたが、服部の覚られ難い動揺は偽術による演技だった。彼は最初から堀口が大阪府警の裏金係だと知っていた。偽隊で調査済みだったのだ。

 「警察だって、府民の生命財産を守らなくてはいけないから同じですよね」
 「ところが民主主義を忠実に守る国では、逆らう自由が存在するため何でもかんでも国や公務員に逆らう奴らがいます。国に逆らう自由がない国だったら抹殺してしまうから簡単なんだけど」
 「やれ、個人情報が、、、とか、プライバシーがとか、、、私利私欲ではなく、国民のために使っているお金でも表に出せないものが確実に存在するのに、、、本当に恐ろしいことに出会ったら守ってくれと頼りにするのに、、、自衛隊と一緒だ」 演技では一枚上手の服部が話し続ける。

 微笑みを浮かべる堀口の表情には嘘はない。

 「これで交通違反の罰金から裏金造るめんどうから解放される」と微笑みを浮かべながら帰宅する堀口だった。

 翌朝、堀口にメールが届く・・・
  • (2023-04-08 09:22:11)
偽隊(擬態)ですって?
 堀口刑事が「そこまで言っていいのか?」と考える中、食堂長・服部孝造の話は止まらなかった。
 
 「日本が戦争に負け軍隊がなくなってしまいました。しかし1950年・昭和25年、自衛隊の前身である警察予備隊が結成されました。でも陸軍中野学校はずっと続いていたんです」
 「もともと諜報活動をする者の養成機関であり、戦争も負けてからの活動を視野に入れていた組織でした。つまりゲリラ活動、レジスタンスのための組織を要請していたのです」
 「祖父の服部半蔵は世の中に紛れ込む部隊(偽隊・擬態)を作り、そのまま自衛隊の中にひそかに組み込まれていたのです」
 「その祖父の時代に、今の宝くじが作られました。とはいえ、もともと遥の昔から存在していたものを復活させたのですが・・・」

 「伝統的に数字の書かれた円盤を回し、ボウガンで矢を放つ形です。きれいなお嬢さん方が発射スイッチを押しますが、現在の技術があれば特定の数字に当てるのは簡単です」
 「御察しの通り、国立テクノロジーの納谷研究員の祖父が開発しました」
 「目的は当たり数字を抜いて、国家の裏金を作るためです」

 「しかしながら、国家には国家なりの正義があるのです。つまりは偽隊(擬態)なりの論理で行動しているんです」
 「国家の第一義は国民の生命財産を守るということです。ところが日本国の場合、ないがしろにされてきたからです」
 「1945年・昭和20年、日本は戦争に負けました。終戦などと言いますが敗戦です」
 「アメリカ主導で平和憲法が制定され、専守防衛などとできもしない決まりごとがまかり通ってしまった」
 「守るだけで試合に勝つなんて、小学生とプロボクサーぐらいの差がないと無理でしょう」
 「何かあれば命を捨ててでも国民を守るべき自衛隊員は、国粋主義者だとか右翼だとか言われ、まだ社会も知らない大学生に馬鹿にされ・・・」
 「一番大事な国民の生命財産を守るため、政治家が防衛問題を論ずるだけで右寄りだとレッテルを張られ選挙には落選し、予算などいただけるはずがない」
 「ただでさえ攻撃力の高い兵器は持つことが禁じられている中、国民を守る兵器代は削れず、削るのは隊員の福利厚生ばかり・・・僕はみんなにうまいものを食べさせたい!」

 『これを埋めるために生まれたのが宝くじです』
 「私利私欲のために生まれたわけじゃあないのです」

 「とても不幸なことですが東北大震災で活躍したおかげで、隊員たちも堂々と道を歩けるようになりました」
 「ウクライナ国民には申し訳ないのですが、ロシアが侵攻したおかげで僕たちの存在意義も感じてもらえたようです」
 
  • (2023-04-06 16:30:51)
あっ! 陸軍中野学校か・・・
駐屯地.jpg 自衛隊堺駐屯地を訪れた堀口刑事。
 
 駐屯地の食堂長であり、陸上自衛隊のご飯(陸飯)をめっちゃおいしくしたいという野望を持つ服部孝造は、世間話でもするような口調でポツリポツリと話し始めた。

 【まずは忍者の起源】
 一般的には、1336年~1392年の南北朝時代からで、起源は13世紀後半の悪党。悪党とは、その頃の寺院や貴族などによる荘園制支配に反抗した者たちで、忍者とは呼ばれておらず、各地で色々な呼び名で呼ばれていた。
 しかし本当は古代から存在し、時の支配者のカリスマ性を高めるため嘘の技術を磨いた者たちが起源である。嘘の技術は「偽術」と呼ばれ忍術として伝承されている。
 「○○様の手に触れると盲目のものが見えるようになった」とか「○○様が宙に浮かんだ」とかがそうである。上手に誰かが叫びだすと集団催眠状態に陥り群衆の目には本当のように映りだすのである。

 【戦国時代】
 忍者は諸国の大名にやとわれる傭兵として生活していた。売り物は諜報活動、戦闘行為であったが、一番の人気商品が偽術、つまり嘘の情報の拡散だった。
 15世紀、豊臣秀吉に仕えていた服部半蔵(半蔵の名は何代にもわたって一子相伝で名乗っていた)は、諸大名が豊臣家に逆らうことがないように貿易商の呂宋助左衛門、茶道の千利休らと組んで二束三文のルソンの壺を大名たちに超高額で買わせることに成功した。これは反乱させないだけでなく豊臣家の資金も大幅に増えた。
 そして秀吉の欲望も高まり、民衆からも幅広く資金を集めるため、半蔵がもともと忍者が軍資金を現地調達するために編み出された『宝くじ』を豊臣家のため大きくスケールアップした。
 当たりの番号は自由に決めることができるため、その分は豊臣家の資金になったのである。

 【昭和時代】
 宝くじは嘘の技術(技術)として忍者の中でも偽忍と呼ばれる集団によって伝承されていた。そしてその偽術は日本政府に重宝され、時の天下人と忍者はづっと協力関係が続いていたのである。
 世界情勢が日本にとってきな臭くなった昭和12年、陸軍中野学校が創設される。この諜報活動のためのスパイ養成校は忍者が設立したものである。
 やがて日本は太平洋戦争に突入する。
 瞬く間に資金難に陥った政府は半蔵に相談する。・・・『宝くじ』の出番である。
 戦争中だったので「勝ち札」と名付けられたが、抽選発表時には敗戦していたため「負け札」と揶揄された。これが現在まで続いているのである。

 【陸軍中野学校について】
 諜報活動をする者(スパイ)養成校だったので、戦時中でも長髪であった。一般国民の頭の中は洗脳されていたにもかかわらず個人の考えも服装も自由だった。
 外国に潜入する場合を想定し、「天皇陛下」と言う時に一般国民は直立不動になっていた時代に「きおつけ」の姿勢になると叱られていた。
 忍者の中でも嘘の技術者(偽忍)が主体となって設立され、それらは自衛隊に引き継がれ、特殊作戦群の中で偽術主体の偽隊(ぎたい、擬態)となった。

 堀口刑事は思った。「なんでこんなに簡単にネタばらしするんや!」
  • (2023-04-05 00:21:42)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435