SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (291) , 獣医 (278) , 世の中 (223) , 食べ物 (197) , (146) , (119) , 政治 (105) , 歴史 (102) , お知らせ (100) , 近所 (86) , 病気 (61) , 人生訓 (51) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (35) , 漫画 (29) , 空手 (29) ,
ARCHIVES
大宮神社の桜の秘密 3
 えらいことでっせ~
 隣の大宮神社の桜が満開になってきました。
 今年はとても速い! 開花が早すぎるのだ!

神社正面.JPG 毎年恒例、居酒屋「三嶋」主催BBQは、
正面横桜.JPG 4月第2日曜ぐらいが見どころだろうと、
二階から.JPG 4/8(日曜)を決めたのですが、、、
 
 散ってしまっている可能性が高い!
 皆さんもお急ぎください!

桜トンネル.JPG ここの桜は見所満載なのだ!
横桜.JPG 桜の咲いている枝がとても低く、
低い桜.JPG 犬や子供と桜のコラボ写真に最適です。
犬と桜.JPG そんでも、だからと言って、、、

 境内で愛犬にウ〇コさせたらあかんで!

 誇り高き日本人と言うより、大阪人だと思っておりますが、、、
 最近の東淀川のモラル低下には、嘆かわしいと憤慨しています。
 当院の周りも、大宮神社の周りも、吸い殻のポイ捨て、空き缶の放置、などなど、

 なさけないったらありゃしない!!!

PS:右上サーチで「桜」と検索してみて下さい。ぎょ~さん出てきまっせ!
  • (2018-03-29 00:11:49)
麻雀放浪記の秘密
 前回の続き『ブログ更新を長くサボってたけどセミナーにも出てたよ』という言い訳編です。

 僕の業界には「志学会」という勉強会がございまして、ついこの間入会させていただきました。今年から再生医療を手掛けてみようと、第一人者である岸上先生のご講義をビジターで聴講させていただきました。
 とても熱心な先生が多くて感心してしまい、勢いで入会したのです。(失礼!)

志学会.JPG 3/21(水・祝)10:30~17:00 新大阪丸ビル新館

 一番目の発表聴いて、思わず来てよかったと思いました。
 「ナルコレプシーと診断したダックスフンドの一例」

ナルコレプシー.JPG 情動脱力発作のことです。

 興奮するようなことがあると脱力して眠ってしまう病気です。
 犬の場合「わあ~ごはんや!」と興奮すると眠ってしまう場合が多く、食べることができなくなってやせてしまう場合もあるようです。
 
 なぜ、よかったかって言うと、、、
 なかなか診る機会がない病気だからです。
 開院して30年以上たちますが、まだ一度も来院したことがありません。
 それを動画で見せてもらえたからです。

 さてさて、もう一つよかったことがございます。
 セミナーの開講時間をご覧ください。
 10:30~17:00と言うことは、、、

御料理.JPG これですやん、これ。お弁当ですやん!
弁当.JPG むっちゃうまかったっす!!!

 例によって、せっかくタグが『獣医』なのに話が「映画」に飛びますが、、、

放浪記.png 「麻雀放浪記」1984年 東映作品です。

 30年以上前の作品ですが、もう十分カラーが普及していたのに、戦後のふいんきを醸し出すため、あえてモノクロ作品です。

 主人公の坊や哲は真田広之さんが演じており、原作の小説「麻雀放浪記」の原作者阿佐田哲也さんの若い頃の話なんです。

 さて、この阿佐田哲也さんがナルコレプシーだったのです。
 麻雀牌を持ったまま眠ってしまい、一緒に牌を囲んでいる方たちが困ったそうです。
 
 先生がなぜこの持病を公表しはったかって言うと、、、同病の方は、、、
 つい居眠りしてしまうため「ただのなまけもの」扱いされている方が多いからだそうです。

PS:講義中居眠りしている僕は「ただのなまけもの」です。
  • (2018-03-28 00:41:28)
アライグマの秘密
 ブログ更新をずいぶんさぼってしまいました。
 『遊んどったんちゃうで、、、ちゃあんとセミナーも出とったで~』
 ・・・なんて、50年前におかあちゃんによくした言い訳させてもらいます。

 3/17(土)夜の診察を抜けて玉造に行きました。

人獣共通感染症.JPG 人獣共通感染症セミナーに出席したんです。 
SFTSウイルス.JPG SFTSが気になっていたから、、、

 講師は山口大学の前田教授です。

 SFTSウイルスって?

 ダニが媒介するウイルスで、人間には畜産動物、野生動物、犬や猫からの感染も確認されています。
 中国、韓国、日本で発生しており、中国の致死率10%、韓国30%、日本20%と言われ、西日本で多く報告されていますが、徐々に東日本へも広がって、これからあったかくなると発生数は増えるだろうと言われています。
 今年は、去年以上にダニ感染にご注意ください!!!

 症状は元気食欲がなくなり、下痢をするのですが、SFTS感染でなくても、これらの症状は出ます。動物病院で発熱、血小板減少、白血球減少を確認すべきです。
 
 前田教授のお話では、このウイルスに感染すると猫は死んでしまう場合が多く、ノラ猫さんがぐったりしていて動物病院に運び込まれた場合など、獣医さんや看護士さんの感染も十分あり得ますんで、、、と、おどされてしまいました。

 犬の場合は症状が出なくて、元気にしている場合が多いらしいそうです。
 そのため余計に人への感染に注意が必要です。
 つまり、健康状態にあるため、飼い主さんと一緒に寝ていたりするので感染しやすいのです。
 
アライグマ.JPG それから心配なのが、アライグマです。

 野生のアライグマを調べてみるとSFTSウイルス抗体を持つものが多いらしいのです。つまり感染したことがあるということなので、それがまたウイルスを持ったダニをバラまくことになり、どんどん広がっていきます。

 みなさん! しつこいですが、今年は必死でダニ予防してください。

 しかし、、、野生のアライグマと記載しましたが、、、
 じつは日本にアライグマがいるはずありません。
 アニメ『あらいぐまラスカル』の悪影響です。
 アニメだけが原因ではありませんが、、、子供の時は天使の様に可愛く、、、
 大人になったら悪魔の様に噛みつく性質から、、、山に捨てられ、、、
 日本に定着してしまったのです。

PS:2017-06-17「あらいぐまラスカルの秘密」にアニメ最終回の秘密を記載してます。
  • (2018-03-27 17:23:29)
ペピイハッピープレイスの秘密 2
 昨日(3/15)会議で玉造のNKスクエアを訪れました。
 (2015-06-01「NKビルの秘密」をご覧ください)

老人ホーム.JPG 出来上がりましたで~ペピイハッピープレイス。

 内覧させていただきました。

入口.JPG 玄関の横には・・・
中庭.JPG キレイな中庭が・・・

 気持ちよく玄関に入ると・・・

お祝い.JPG お祝いのお花がダ~と並んでます。

 奥に進むと、ドリンクバーがあり・・・

1Fサロン.JPG 素敵なサロンになってます。
椅子.JPG 椅子にご注目下さい。
本.JPG おもしろそうな本もたくさん。

 外の中庭に出ますと・・・

植木.JPG 植木もかわいい!
1Fサロン.JPG 眺めの良いサロンになっとります。

 その他、1階には・・・

診療所.JPG 診療所と訪問看護ステイションが、、、

 そして、、、注目すべきは、、、(大げさか?)

動物病院.JPG 動物診療所まであります。

 近くの獣医さんが来てくれることになっているそうです。

犬.JPG 犬を飼ってはる人のお家の玄関。
コンセント.JPG コードを齧らないようコンセントが高い。
出入り口.JPG 動物の出入口でもありますが、、、

 留守にしたときにシッターさんが部屋の中に入らず、食事を与えたりできるようになっているんです。
 『至れり尽くせり』ですな!

猫.JPG 猫のオナーさんの住居は、、、
猫壁.JPG もっと工夫がされてます。
猫壁2.JPG いたるところに猫の階段や、、、
キャットをーく.JPG キャットウォークが、、、
見晴し.JPG 見晴しもばっちりですわ。

 屋上には・・・

ドッグラン.JPG ドッグランがあり、、、

 最上階には・・・

風呂.JPG 大浴場があるんです。
露天風呂.JPG もちろん露天風呂もついとりまんがな。

 食堂というより、レストランかな?

食堂.JPG テラスではバーべキューができます。
猫の絵.JPG あっちこっちに猫の絵が、、、
猫の絵2.JPG そっちこっちにも飾られています。
来客.JPG 来客用の宿泊施設もあり、、、

 メッチャええんですが、、、
 
 紳助さんの名言『老後に必要なものは、金と友達に筋肉』
 「友達はなんとかなりますし、筋肉はこれから鍛えるけど、、、」
 「はあ~(溜息)紳助さんがうらやまし~」

PS:2017-12-12「筋肉の秘密」ご覧ください。
  • (2018-03-16 10:16:51)
小泉八雲の秘密
 さだまさしさんのファンです。
 音楽も素敵ですが、著書もすげえ!!!

本気.JPG 2013-07-26「風に立つライオンの秘密」読んで!

 本の中に小泉八雲先生の話が出てきます。
 『怪談』を書いたラフカディオ・ハーンさんです。

 1850年生まれで、島根県尋常中学校(現・島根県立松江北高等学校)と1890年島根県尋常師範学校(現・島根大学)の英語教師になりました。
 1896年に東京帝国大学文科大学の英文学講師に就職。
 日本に帰化し「小泉八雲」と名乗りました。

 さてこれは、この方が明治38年に書いた文章です。
 ------------------------------------------------------
 日本の若い世代が軽蔑すべきものとみなしている自国の過去へ、日本人が将来振り返る日が必ず来るであろう、、、略、、、その時になって日本人は昔の世界がどれほど輝いて美しいものだったか、あらためて思い返すに相違いない。その時になって彼らは嘆くにちがいない。今は消え失せてしまった古風な忍耐や自己犠牲、古風な礼儀、昔からの信仰にひそんだ深い人間的な詩情・・・
 ------------------------------------------------------
 これを読んで、僕は坂本龍馬が日本を洗濯しちゃったけれども、埃を払う程度でよかったかもしれないと考えるようになったのです。

 前回記載したハリスの文章と比べてみてください。
 ------------------------------------------------------
 私は時として、日本を開国して外国の影響をうけさせることが、果してこの人々の普遍的な幸福を増進する所以であるか、どうか、疑わしくなる。
 私は、質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも、より多く日本において見出す。生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、現在の日本の顕著な姿であるように思われる。
 ------------------------------------------------------

 ペリー来航時、提督や書記官たちの記録でも日本人は絶賛されています。
 「毎日風呂に入って清潔」
 「貧しい人も清潔で正直」
 「お金持ちも質素な着物で、一見すると金持ちか貧乏かわからん」
 
 ね、、、引田我水、極まりないですが、、、
 (前々回の『分厚い中流』を読んでみて下さい)
 ご先祖様から「日本は中流層を分厚くして生き残りなさい!」と言われているにちがいないのだ!

 で、現在・・・

ライオン.JPG まっさん師匠の歌が小説に、そしてそれが映画に、



 見てない人はレンタルしてください。
 泣けなかった人は受付までお申し付けください。カドヤのたこやきおごります。
 (せこいか?)
  • (2018-03-15 11:29:18)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297