SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (308) , 獣医 (286) , 世の中 (248) , 食べ物 (209) , (155) , (124) , 歴史 (114) , 政治 (110) , お知らせ (103) , 近所 (99) , 病気 (65) , (55) , 人生訓 (54) , お笑い (42) , 空手 (37) , スポーツ (36) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
犬の攻撃性の秘密
 一昨日の「胆嚢粘液嚢腫」に続き、昨夜は「行動学」のセミナーでした。
 北摂夜間救急動物病院でのセミナーはいつもPM9:30からなんだけど、今回はPM9時始まり、しかも晩御飯に新御堂沿いのラーメン屋さんへよると決めたので、あせって車を飛ばしたのです。

行動学.JPG 「問題行動と動物病院」講師はO形先生

 15年以上前、ロッキーが初めてパピーパーティーを始めた時に指導してもらったのがO先生で、とても素敵な女性獣医師です。指導どころか、最初は先生にやってもらいました。
 アメリカで行動学の専門医となられ、パデュー大学の教職員です。

 恥ずかしいことに、大学の後輩です。
 (2014-07-18「日本獣医生命科学大学の秘密」参照)
 こちとら、阪急梅田駅で外国人に「サンノミヤ」と声をかけられ絶句した経験があるからです。「おまえ大学出てるんちゃうのん?」と突っ込まれてしまいました。

 なのに、、、英語をしゃべるだけでなく、アメリカの獣医の専門医の試験に受かるなんて、先輩であるはずが、どれだけ負けとんねん!
 僕なんか、標準語さえしゃべれません!!!
 と~ぜん居眠りするわけにはいかず、しっかり聴かせていただきました。

 一番印象に残った話は・・・
攻撃.JPG 子供に対する攻撃です。

 大型犬では子供の顔が近くなる。これは犬にとってすごいストレスなのです。
 子供が犬をだっこでもしようものなら、ストレスはMAXに達します。
 その時、お父さんがいなければ・・・

 ほとんどの事故が、大人がちょっと目を離したすきに起きるのです。

 だから微笑ましいんだけど・・・
赤ちゃん.png こんな感じの画像や
大型犬.png こんな感じのユーチューブとか

 ましてや、こんな感じの写真を・・・
仲良し.jpg フェイスブックに載せるなんて、、、

 あんまりお勧めできなくなりました。
  • (2014-11-26 00:27:37)
勉強法の秘密
 しんどいことや嫌なことは、頼みもしないのに時々やってきます。
 ちょうど厄年の頃、最大級のしんどいことがやってきました。
 その頃からでしょうか?
 自己啓発書なるものにはまったのは・・・

 しかし、読んでるときは「フンフン」と肯いているのですが、、、
 映画『ROCKY』を見た後、淀川の堤防を走った期間(三日間)で忘れ去ってしまっておりました。
 どーも僕だけの傾向ではなく、日本人は皆そうみたいです。
 でなければ、こんだけ毎日ビジネス書が発売されないでしょう。

 ○○○勉強法というのも、結構読みましたが、続いたためしがありません。
 『日本人が一生使える勉強法』
勉強法.JPG 続かない理由が記載されています。

 著者は、あの、講演会を聴きに行った、竹田恒泰先生です。
 (2014-10-21「昼膳の秘密」参照)
 例によって我が国の褒め言葉が並んでおり、学生運動にいそしんだ方々には耳障りでしょうが、かなりの説得力があるのです。

 まず、発売されている自己啓発や成功法則の本はほとんどが西洋の考え方にもとずくものだということ、、、

 ところが、日本人の価値観は欧米とは全く違うのです。

 まずは『労働』に対する考え方ですが、、、
 欧米では「神から与えられた罰」と考えられているそうです。
 だからバカンスが重要であり、一生懸命働き、一か月休むのです。

 日本では、働くことが生きがいなのです。エコノミックアニマルと呼ばれ、それじゃあいけないと思ってきたのですが、、、開き直って「どこが悪いねん!」
 仕事は金銭を得る手段ではなく、世のため人のためと考えてきたのが日本人であると・・・
 だから80歳になっても働いている人を「うらやまし~」と言えるのです。欧米なら「お気の毒に~」「かわいそ~に」なのです。
 もし日本人サラリーマンの方に1か月のバカンスを与えたらど~なるか?おそらく3日で耐えられなくなるのじゃあないかな?

 これは僕の考えですが、、、
 日本人はあんましお金を持っているのも自慢せずに隠し、あんまし貧乏なのも恥ずかしく思う、世界で希少な共産主義がマッチする民族だと思っています。(日本人でもできないから世界中でできるところはないただの理想形態ですが・・・)
 それが近年崩れてきました。
 あの、バブルというやつです。
 日本人が、らしくない幻想を抱いてしまった。
 竹田先生が、東北大震災で覚醒し、元に戻ったと主張されています。
 
 僕もそう思います。

PS:例によって、しばらくこの本の話が続くと思われます。
  • (2014-11-25 15:29:51)
胆嚢粘液嚢腫の秘密
 昨日は勤労感謝の日、そして今日は振替休日の月曜日です。
 当院は祝日は午前のみ診察しています。終わるとほか弁飲み込み、だいどう豊里駅まで走ります。また西梅田でセミナーなのです。

写真 1.JPG 地下街はクリスマス仕様です。
写真 2.JPG 行くたびに思う「もったいない」
写真 3.JPG 三連休だというのにガラガラ。

 西梅田に行くたびに思います。「店舗入れて家賃取ろうや・・・」
 (2010-11-21「西梅田の秘密」読んでみて)

写真 4.JPG Fフイルム主催「胆泥症VS胆嚢粘液嚢腫」
会場.JPG 連休でもぎょーさん獣医さんが・・・

 ややこしい名前の胆嚢粘液嚢腫ですが、、、
 胆汁は肝臓で作られ、肝臓にくっついた袋(胆嚢)に貯蔵されます。ご飯を食べると胆嚢が収縮し、胆汁は総胆管を通って十二指腸に分泌され、食事中の脂肪を消化します。
 胆嚢粘液嚢腫とは、何らかの原因で胆嚢の中にゼリー状の粘液物質が貯留した状態をいいます。胆汁の分泌を障害するために様々な消化器症状を引き起こし、状態が進むと黄疸や胆嚢破裂、腹膜炎などいつ死んでもおかしくない状態になります。

原因はわかっていませんが、、、
 濃縮胆汁や胆泥(胆汁が濃縮や変質により泥状になったもの)、胆石(胆汁の成分が変質して結石状になったもの)などの刺激が引き金となり、胆嚢壁での粘液の産生が過剰に起こると考えられているようです。
 ミニチュア・シュナウザーやシェットランド・シープドッグなど遺伝的に高脂血症を持つ犬に多くみられますので、ご注意ください!(僕も!)

 通常エコーで診断できますので、時々調べてあげてください。(CM)

 で、帰りは、寄り道。いつものフードパーク(阪神百貨店地下)

ちょぼねぎ.JPG いつものお好みではなく『ちょぼ焼き』

 シュナウザーやシェルティーよりもエコー撮るんは僕が先かも?
  • (2014-11-24 23:09:08)
眠宝来の秘密
 昨日(11/21)のお昼は、近所の中華屋さん『眠宝来』でいただきました。
 小学生の時から通っているお店で、鍋を振っている店長さんは、僕が小学生の時から「おっちゃんでして・・・」こっちがもうおっちゃんを通り越してきたというのに「まだおっちゃんらしく」頑張っておられます。

 大道南の自営業者の鏡じゃあないかと・・・
 (サイト大道南三丁目の夕日みてね)

 ここの五目そばが好きで、大きくなったら、これまた大好きな焼き飯にラーメンではなく、五目そばを追加できるような男になりたいと思っていました。

無題.png 歳食って白御飯しか食べれません!

 もう一つの楽しみは、店に置かれた『週刊ポスト』なのだ!
 いや、いや、○○○が脱いだ!ではなく、壇蜜の○○○・・・でもなく、

 嫁さんと腹抱えて笑いました。

一キロ.JPG 小学生、テストの珍解答です。
特盛.JPG 確かに、犬連れて注文しそうや!
パールハーバー.JPG ハワイが出身地なのか・・・?
主ぽしゅぽ.JPG 僕ならどっちも正解だ!

 ///一番面白かったのは、おかんのおバカメール///

メール.JPG やってしまいそうな気がする。。。
  • (2014-11-22 19:17:45)
健康保険の秘密
 昨夜(11/21)は映画『三丁目の夕日64』鑑賞会でした。

64.JPG 「三丁目」10/31・「続三丁目」11/7で、

 やっとこさ、このシリーズ終了です。
 僕の趣味に付き合っていただいた数名の飼い主さんや数頭のご愛犬、、、
 ありがとうございました。

 三丁目が昭和33年(僕1歳)続が昭和34年(僕2歳)64が昭和39年(僕7歳)が舞台なのです。昭和33年は東京タワーが建設中で、翌34年には鈴木オート一家が展望台に上がります。

 三作目の舞台1964年は東京オリンピックの年であり、7歳の僕は東洋の魔女やマラソンのアベベを覚えています。また新幹線開通の年でもあり、親父に名古屋まで試運転のひかり号に乗せてもらいました。

 三作とも入場券を買って何度も見た上に、DVD買ってまた観ています。
 それでも心に響きます。
 「昔はよかった」・・・冷静に考えると、公害だらけで、大気汚染もすごく、良くないことだらけでした。でも、なんか、タイムマシンで戻ってみたいと思います。

 64では、六ちゃんが結婚します。
結婚式.png 未来の旦那さん(菊池先生)とバカンスにでかけ、夜になっても帰ってこないと、近所中で心配します。
 よ~く考えたら、こんな町内に住みたくないと思います。
 「ほっといてくれ!」といいたくなるに違いありません。
 でも、現代、、、「ちょっとかまってくれよ!」と思い始めたのかもしれません。

 菊池先生はヤクザと付き合っているとか、風俗嬢と親しいとか、悪いうわさに包まれていました。でも、それは保険に入っておらず、医者にかかることができない人たちを無料で診察する運動家だったからなのです。

 ちょっと調べてみますと・・・
 1955年(昭和30年)頃は、農業、自営業などに従事する人々や零細企業従業員を中心に、国民の約3分の1に当たる約3000万人が医療保険の適用を受けない無保険者。このため、1957年度から4ヶ年計画で普及していき、1961年に完全普及されて国民皆保険が達成されたようです。

 それでも、色々な理由で保険がない人もいたようで、そういう方たちのために頑張るお医者さんもいたのでしょうね・・・
 
 だから、第一作の「三丁目」で六ちゃんが食中毒を起こした時、、、
sennsei.png 宅間先生が往診して注射したけど、

 保険がないから、結構高くついたはずなのです。
 そのころの自営業者(鈴木オート)は結構お金持ちだったはずです。
 64の頃の僕は川向こう(守口市)土井のあさひ通り商店街で育っており、商店主たちの羽振りのよさを覚えています。
 だから、なんとか、地元の商店街に活気が戻ることを望んでいます。
 日本の中流層が増えることを夢見ています。
  • (2014-11-22 00:13:02)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326