SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (436) , 世の中 (343) , 獣医 (302) , 食べ物 (235) , (184) , 歴史 (174) , 政治 (158) , (149) , 近所 (112) , お知らせ (108) , 病気 (79) , 人生訓 (74) , (74) , 空手 (53) , スポーツ (51) , お笑い (49) , 漫画 (45) ,
ARCHIVES
マッチョな男って・・・
 前回紹介しましたマッチョマンですけど、、、
 「まっさん」はさだまさしさんですが「まっちゃん」はダウンタウンの松本人志さんです。
 ずいぶん前から異様に筋肉を鍛え始めはりましたよね。

 お笑いの第一人者・松本人志さんが「芸人の根本やで!」と絶賛する歌が、、、
 『道化師のソネット』です。
 「まっちゃん」は僕と同様「まっさん」のことを「師匠」だと思っているようです。



 ♪♪♪~
 
 君のその小さな手には 持ちきれないほどの哀しみを
 せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師(ピエロ)になれるよ

 君のその小さな腕に 支えきれないほどの哀しみを
 せめて笑顔が救うのなら 僕は道化師(ピエロ)になろう

 ♪♪♪~

 どうですかこの国語力! (美しいメロディーラインはあたりまえ)

 立川談春さんもメロメロなんです。(お笑いの方も本当は繊細なんですね!)

 こんな美しい方々から「チビ、デブ、ハゲ!」なんて暴言や、、、
 「ケツバット」なんて暴力を取り上げることこそ暴挙だと思います。 

 ずっと言い続けておりますが「いじめは動物としての本能」です。
 遺伝子に組み込まれているので、僕の考えではなくなりません。
 暴言や暴力を100%取り締まったら、いじめに対する耐性も減少します。
 つまり大阪人が得意とする自虐ネタと言うやつでして、、、

 僕は自分から「顔がでかい」とか「足が短い」で笑いを取っています。
 僕だって本当は阿部寛さんのように生まれたかった、しかし武田鉄矢さんになってしまった。
 その悲しみは自虐のギャグで笑ってもらって忘れるのです。

 体に障害さえなければ、ちょっとは体を鍛えて暴力に対する耐性もつけておいた方がいいんではないかと思っています。だって現実では弱いやつが「やめたれや」といって止まるでしょうか?

 すいません、まだ続くと思われ・・・
  • (2022-10-21 11:18:33)
それはまだ私が神様を信じなかった頃♪♪♪
 と言っても、宗教法人の話ではありません。
 戻りました。2022-10-15「え?復活!」から続くまっさん(さだまさしさん)のお話です。

 名曲『雨やどり』をご存知でしょうか?

 それはまだ私が神様を信じなかった頃、9月のとある木曜日に雨が降りまして、

 こんな日に素敵な彼が現れないかな~とかわいらしい女の子が妄想する曲です。

 雨宿りする彼にスヌーピーのハンカチを貸してあげるのですが、、、
 「傘の方が良かったかしら…?」 なんて、可愛さ満載なんです。

 こんなカワユイ歌が多いまっさんは、僕みたいなおっさんがファンであると公言したら少女たちから「きも~」と言われそうですが、、、
 なんのなんの、ごっつい男らしい人にとても好かれているのです。

 武田鉄矢さんが高倉健さんと映画『幸せの黄色いハンカチ』で共演された時、ソニーのウォークマン(Iphoneちゃいまっせ!)で音楽を聴いている高倉健さんに「何をお聞きになってるんですか?」と尋ねたそうです。
 「雨やどり」と即答され、「スヌーピーってのがかわいいよな」とおっしゃったそうです。

 そして極めつけが阿部譲二さんのエピソードでして、、、
 『塀の中の懲りない面々』著者で元本職(?)の阿部先生は、府中刑務所にいるころ、どこからか流れてきたまっさんの曲「雨やどり」を聞いて「このままじゃあいかん」と堅気になられたそうです。
 ヒット曲集CDに入っていた解説書で知ったのです。「雨やどり」の解説は阿部先生の受け持ちで、ご本人の文章で知りました。

 恐るべきことに『雨やどり』には『もう一つの雨やどり』と言うアンサーソングあるのです。



 昭和32年生まれのおっさんがお勧めするのは「きも!」と言われそうで心配なんですが、、、

 ♪♪♪~

 娘は器量が良いというだけで、幸せの半分を手にしていると・・・
 誰かが言った意地悪なお話、でもこっそり頷いている自分が悲しい。

 ♪♪♪~

 半端ない国語力だと思います。
 若い方々にもぜひ聞いてほしいので、、、

 男らしいという言葉も使いにくくなってしまった昨今、そんな風な男の人たちに割と好かれるまっさんなのでした。
 次回はほんまにマッチョな男の人のオススメするまっさんの曲を紹介する予定です。
 
  • (2022-10-20 11:52:16)
中断してまで言いたいことが、、、
 2022-09-30「国葬も終わってしまいましたが…」で国葬賛成反対よりももっと重要な話を始めないといけないのではないか?って偉そうなことを言ってしまいました。

 だもんで、4つ前からファンであるさだまさしさん(まっさん)の話を続けていたのですが、緊急に言いたいことが出てきてしまったので、中断してまで書かせていただきます。

 僕の身の程知らずな意見「宗教法人の認可問題」ですが、始まってきました。
 「なぜ安倍元総理が殺されなければ問題にならなかった」を検証すべきだと記載しましたが、今回も被害者の家族の訴えがなければ、認可問題にまで発展しなかったのではないでしょうか?

 正直に記載すると、僕は安倍元総理を評価しておりました。
 外交では本当に日本を美しい国にしてくれると思っていました。
 だから少しくらいは批判的なことを言っても許してくれるだろうと、、、
 「政治家ってこんなに票が欲しいんだ?」って認識しました。
 だって安倍元総理位実績があっても、悪いところには目をつぶってビデオに出演したりするんだから、、、

 で、国葬問題でさえ、ごちゃごちゃ言うのは資格がない僕なんですが、大ファンのまっさんの話を差し置いてでも話をしたいことが出てきました。

 今回も信者の家族の記者会見がなければ国会が動かなかった点がおかしいと思うのです。

 紀藤弁護士も鈴木エイトさんも昔から頑張っていたはずです。
 悩んでいた信者の家族は「相談したけどダメだった」と証言している人もいます。
 不幸中の幸いと言わせていただきますが、岸田総理はあんまり関係していなかったようです。
 だから動き出したんだと思います。

 と言うことは、政府を批判しているマスコミでさえ押さえられていたということですよね。今回教団と関係が薄い岸田総理になったから表に出てきたって言うことですよね。この抑えることが可能であることが一番の問題だと思うのです。

PS:この問題で総理が引きずり落された場合、次の方が「自国やリーダーの悪口言ったら大変なことになる国」に甘い方が出てくるのではないかと不安です。 
  • (2022-10-19 10:16:31)
じつは、大沢たかおさんが、、、
 3回前(10/15)にグレープが復活とお伝えしました。そして僕がなぜまっさんのファンであるかを話しだしたら止まりません。
 またもや映画の話になってしまいました。

 僕と同様にまっさんの曲『風に立つライオン』(1987年)の大ファンだった俳優の大沢たかおさんが小説化と映画化をまっさんへ訴えまくったそうです。

 あの『仁』の南方先生に熱望されたらやらざる得なくなったまっさんは2013年に小説を発表したのです。(歌手なのに・・・)
 で、さすがに監督はしませんでしたが、2015年に映画化されました。

 じつは南方先生(大沢たかおさん)、ドラマ同様メッチャ熱い方のようで、アフリカのドキュメント番組を引き受けてそれをまっさんに見せてアピールしまくったそうです。

 だもんで映画の主演は当然大沢たかおさんです。



 ほんまにええ映画です。

 『風に立つライオン』の曲・小説・映画を聞いたり読んだり観たりして、医学部に入学し、航一郎のようなお医者さんがいっぱい出てきてほしいと思っています。
  • (2022-10-18 09:47:45)
国語力もすごいんです。
 前々回より師匠だと慕っているさだまさしさん(まっさん)のことをお話しています。しゃべりだしたらとまりません。恐らく3か月でも続けられますが・・・

風に立つライオン.jpg すっげえ歌手なんですが本も執筆。

 めっちゃ感動する小説もたくさん発表してはりますが、今回は『風に立つライオン』の紹介で許してもらおう(?)かと・・・

 長編であるにもかかわらず一気に読んでしまったのは『永遠の0』とこの小説です。途中でやめることができなかった。
 興味深いのは、両小説とも周りの人々へのインタビューで主人公を浮かび上がらせる手法をとっている点です。
 前者の主人公・宮部久三は0戦パイロットであり、孫が生き残った人たちの証言を集めます。海軍一の臆病者と称する人もいましたが、、、じつは、、、って話。

 後者は1987年に発表された『風に立つライオン』と言う歌をもとに執筆されたものです。(歌も小説も自作って、どんだけ才能あるねん!)

 曲は長崎大学熱帯医学研究所の医師としてケニアに派遣され現地医療に従事していた柴田紘一郎先生のエピソードにまっさんがインスパイアされ制作されました。
 注目すべきその歌詞は、主人公が日本にいる恋人に宛てた手紙の形式を取っているのです。

 そして小説は、主人公の周りの人物にインタビューする形式になっています。

 その文章の力と言えば、、、
 たった一言で泣かされてしまいました。

 「先生、僕でも医者になれますか?」

 ケニアで戦争で傷ついた人を治療している主人公・航一郎のもとへ少年兵がやってきます。航一郎は一生懸命治療しますが、彼はなかなか打ち解けません。それどころか悪態をついたりするのです。
 ところがある日、、、
 「先生、治療しているところを見てもいいか?」と言い出します。
 快く許可した航一郎、、、
 そして見学し続けた少年兵が言います。

 「僕でも医者になれますか?」 あかん!書いてるだけで泣けてくるわ!
 「僕は9人殺した!」という少年兵に対して航一郎は「だったら10人助けろ」と答えるのです。

 この少年兵は航一郎から聴診器を受け取ります。

 大人になって医者になった彼は東日本大震災にやってきて傷ついた子供たちを救います。
 じつは聴診器はバトンだったのです。

 なんと映画にもなっているのです。(次回へ) 
  • (2022-10-17 12:06:48)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434 | 435