SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (281) , 獣医 (273) , 世の中 (216) , 食べ物 (195) , (144) , (119) , 政治 (104) , 歴史 (97) , お知らせ (97) , 近所 (83) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (27) ,
ARCHIVES
無筆の秘密
 私は、山田太一さんのドラマ『男たちの旅路』や『不揃いの林檎たち』にはまった世代でして・・・

 また、倉本聡さんの『北の国から』には、はまりまくったわけで、
 この句読点で終わるナレーションは、じつは『前略おふくろ様』の方が先なわけで、

 本屋さんで、お二人のドラマのセリフを見かけると、思わず買ってしまったわけで、

Image131.jpg


 NHKのドラマ「たけし君ハイ」が載っていたわけで、、、(もういいわ!)
 
 竹次郎:林隆三・ペンキ屋(じつはビートたけしさんの父、無筆である) 
 居酒屋店主:北見治一

 竹次郎「その、左端の新しい張り紙ね、あれもらおうかな」
 主人「え?どれ?」
 竹次郎「左端、漢字で書いてあるヤツ」
 主人「ああ、これね」

    その新しい張り紙~~~[商売繁盛]と書いてある。

 竹次郎「うまいの?」
 主人「ええっと・・・うまいって言うか・・・ああ、それねえ、今日は切れちゃって」
 竹次郎「ああ、そう・・・食ってみたかったなあ~」
 主人「今度また。(愛想笑いをしながら、なんとなくその紙をはがす)」

 さすが布施博一さん、この短いワンシーンだけで店主の優しさが伝わりますね。

 字が読めないことを無筆(むひつ)というそうです。この本が教えてくれました。

 この章では米朝さんの上方落語『焼き塩』も紹介されています。
 
 (漢字を読むことができる息子が、無筆の父親に教える場面です)
 
 息子「これよう読むか」
 父親「これお前、、、こらお前なんやこう、十文字で両方から綱が引っ張ってある、こら船の帆柱や」
 息子「そんな字あるかいな、それは『木』という字やがな」
 父親「船の帆柱はみな木でこしらえたんねや」
 息子「ほなこの『木』を二つ並べて書いたら、何と読む、知ってるか」
 父親「木が二つ並んでんのやったら拍子木やがな、お前」
 息子「これは『はやし』ちゅうんのや」
 父親「お囃しの時には拍子木が付き物や」

 よ~く考えてくださいね、この落語は聴いている人が無筆だと、シャレになりませんよね~
 でね、これ、古典落語なんですよ、で、大衆芸能なんですよ・・・

 と、言う、ことは、、、

 江戸時代の庶民は無筆じゃあなかったということで、

 驚くべきことで、次回につづきます。

 おあとがよろしいようで・・・
  
  • (2011-06-23 15:52:26)
借金の秘密
 ブログやお知らせで告知した通り、先日の土日にWJVF(西日本獣医学フォーラム)に参加しました。

Image132.jpg

 何度も書いていますが、「さあ、これから獣医の話をしよう」と言う本が書けるくらいの名講義をしはる、サンデル教授かおまけの、わが母校のT教授を受講しました。

 『心肺(しんぱい)から出る心配な音を聴きまくる』 
       ~~~題名まで、文字通り、シャレてるじゃあないですか!

 さすが、吉本興業で勉強しはっただけのことはあり(うそでっせ!)・・・

 つかみは「俺の借金全部でなんぼや」という歌でした。
 上田正樹と有山淳司で1975年にシングル発売しているそ~です。

 歌詞がおもろいので記載しようと思ったのですが、、、著作権の問題があり、、、
 しらべると、とある税理士さんが、複式簿記の解説のために掲載してはりました。

10002448591_s.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【仕訳1】 お好み焼き屋のゆうちゃんから、5千円借りてきて、
現金 5000 /  借入金(ゆうちゃん)  5000


【仕訳2】 全部パチンコで負けてもたから、乾物屋の中西に8千円借りた
パチンコ遊興費  8000 /  現金 5000


【仕訳3】 ゆうちゃんに3千円返して、2千円競馬をやったら、19,000円勝ってしもうた。
借入金(ゆうちゃん) 3000 /  現金 3000
競馬遊興費  2000 /  現金 2000
現金  19000 /  雑収入(競馬) 19000


【仕訳4】 6千円乾物屋の中西に返して、残りで飲みにいったら、3,600円足れへんかった。
借入金(乾物屋中西)  6000 /  現金  6000
交際費  19600 /  現金  16000
 未払金(飲み屋つけ)  3600


【仕訳5】 明日払うわ!言うて帰りに車代千円借りた。
旅費交通費(タクシー代) /  借入金(飲み屋) 1000


【仕訳6】 おかまの五郎ちゃんと朝までポーカーやる。結局5千円負けてしまった。
遊興費(ポーカー代) 5000 /  未払金
(くんちょう&おかまの五郎)  5000


【仕訳7】 有山に6千円貸した中から返してくれと言ったら、3200円返してくれた。
現金 3200 /  貸付金(有山) 3200

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 貸方、借方の仕訳のところが歌詞であり、、、先生は歌を聴かせる前に「さて借金は一体いくらでしょ~か?」とクイズを出さはったんです。

 さて、聴き終わるとメモして計算しているヤツなんかもいて、どんな楽器が使われていたのかなんて数字が気になってわかりません!

 『一つの音に集中する』癖をつけなさいって教えなのですが、、、わざわざ大阪で講義するからって、ここまで準備する教授に脱帽です。

PS:先生に悪いから秘密ですけど、私、この歌、ぜんぜんしらんかった!
PS:きっと歌詞をブログに載せている税理士さんも、その世界では名講義しはるんやと・・・
  • (2011-06-21 17:41:14)
母ちゃんの秘密
 私は、勝手に師匠と呼ばせて頂きたい方を、これまた勝手に師匠と任命しております。
 一回り以上年下の一番若いお師匠様が辰吉丈一郎先生です。

 全くやったことはないボクシングの師匠です。

 過去のブログ2009.6.5.父ちゃんの秘密に書きましたが、、、

 チャンピオンにならはった時、客席の父ちゃんが言いました。。。

 「とんびがたかを産みました」

 師匠が答えます。

 「かえるの子はかえるや」

 師匠の母ちゃんは、物心つく以前に師匠を置いて去っていきました。
 父ちゃんは必死で師匠を育てたのです。

 考えられないことですが幼稚園児だった師匠はいじめられっ子だったそ~です。

 父ちゃんは鍛えました。

 師匠のガードが低いのは、蹴られたときによけやすく、武器も奪いやすいからだそ~です。

 「父ちゃん、喧嘩ちゃうし!」と反論もせず、41歳の今もそのままです。

Image130.jpg

 本屋で立ち読みしてたら、涙がわいてきて、鼻水が本に落ちたからではありませんが、
 「これは買わねば」と言う義務感が生じてしまいまして、、、


 『今では母ちゃんも産んでくれてありがとうと感謝してる』

 秘密ですが、シャーク堀口の最後に負けず劣らず、鼻水でますな!

PS:シャーク堀口は先月21日に書きました。
  • (2011-06-18 00:38:43)
味覚の秘密
 私、オヤジギャグじゃあないのですが、ど~も、脳の中で味覚と価格が混在しているようなんです。

 つまり、、、ど~いうことかって言いますと・・・

 食べ物がおいしいかまずいかの判断に価格が関連しているってこと、、、

 よ~するに「まあまあうまい」160円の豚まんは『メッチャうまい』
 
Image138.jpg
                   と感じてしまうわけでして・・・


 看護士の嫁さんと毎年参加している臨床フォーラムの会場である、ものごっつ似合ってないホテル・ニューオータニで、清水の舞台で首吊った気分で食べるイタめしは「かなりおいしく」ても「ふつうや」に格下げされてしまうのです。

 で、映画から歴史本へと話が続き、またまた言い訳気味に、、、

 名古屋市獣医師会館へ行きました。
 
Image134.jpg

 アメリカで腫瘍学の専門医の資格を取られたK先生のお話を聞きにであります。
 (ほんま、R動物病院のK先生とはえらいちがいですわ)

 ほぼ恒例なのですが、帰りに新幹線のホームできしめんを食べました。

 昨年11/12に名古屋名物について記載しましたが、ど~慎重に味わっても、地下街のきしめん専門店よりおいしいんですけど、、、

 やっぱり、秘密やけど、私の脳の中ではおいしさと価格が反比例してますわ!


Image133.jpg
  • (2011-06-12 20:11:49)
馬車の秘密
 ごめんなさい!
 見栄張ってしまいました。

 じつは・・・

Image131.jpg

 前回ブログにのっけた私が持っている本は『ハードカバー』ではなく、文庫本でした。

 で、『プリンセストヨトミ』を観て以来、歴史の師匠である井沢先生の本にはまってしまいました。

 そんでもって、、、忙しいというのに、、、

Image132.jpg

 買ってしまいました。

 ハードカバーです!(ドヤ顔!!!)

 江戸時代の日本って、ものごっつちっちゃい船しかなく、それはなんでかっていうと、織田信長、豊臣秀吉と戦国時代を経てボロボロになり、戦争反対やったからだそ~です。造れるくせに「平和が一番!」というような言うなれば宗教に入信したような状態であったようで、だから、馬車も造らなかったそうです。

 そ~いや~時代劇にでてけーへんでしょう?

 「平和一番教」のために、わざと技術革新を止めていたようなんです。

 で、出現したのが『黒船』ですわ・・・

 そんな時代背景から考えると、、、「未知との遭遇」ですよねー

 ところが、あろうことか「かてませんで~」と言う勝海舟や佐久間象山を切り殺そうとするし、全然飛ばない大砲と刀で対抗しようとするんです。

 『歴史は繰り返す』とはよく耳にする言葉ですが、、、
 
 「いっこも変わってへんとおもいませんか?」と井沢先生はおっしゃっています。

  同感です。

 先生も私も平和を願う気持ちは同じですが「平和一番教」で核ミサイルをストップできるとは思いません。

 これは、私の勝手な憶測と言うか妄想ですが、、、その「平和一番教」をすり抜けて、なんとかミサイルをストップさせるために原子力発電に国が力をいれていたんじゃ~ないかな?
 「最強兵器はもってへんけど、つくるなんてすぐやで~」
 そのために福島の人が犠牲になっているんじゃあないかな?
 だとしたらですよ、私をはじめ、どの人も、どの政党も、福島の人に謝らなくてはならないんじゃあないかな?

 どの人もどの政党も平和が一番に決まっているから・・・

 PS:私の妄想には賛成できなくて当たり前ですが、先生の歴史観に『?』な方に一言・・・
じつは西洋では紀元前から馬車が通るので道路が舗装されていたそうですが、現在でも日本の道路舗装率はタイ、韓国、中国、エジプトより低いんですって、、、
  • (2011-06-11 23:12:03)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289