SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (275) , 獣医 (262) , 世の中 (207) , 食べ物 (191) , (142) , (117) , 政治 (103) , お知らせ (96) , 歴史 (91) , 近所 (82) , 病気 (61) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (31) , 漫画 (28) , 空手 (26) ,
ARCHIVES
敗戦の秘密 2
 前回・前々回と映画でごまかした政治の話を続けました。
 全然勉強しとらんのに『政治』なんて叱られても仕方ありませんが、、、

 昨日(8/15)は終戦記念日でした。
 日本人として、お盆の時期が訪れたら、少しくらい戦争のことを考えてもいいのじゃあないでしょうか?
 水曜アンカーで青山繁晴さん(2014-01-30「メタンハイドレートの秘密」参照)が『終戦ではなく敗戦です』と言ってましたが、そろそろ戦勝国からの洗脳が消え始めた50代以降の人間による敗戦の反省が必要だと思っています。

 その意味で『失敗の本質』はとても重要な本であり、お薦めします。
 ちょっと難しくてとっつきにくいので『超入門・失敗の本質』を読んでください。

20120818222540_m.jpg 2012-08-18「超入門・失敗の本質の秘密」読んで!

 前回書いた「太平洋をハワイで二分割して、昔のアメリカとソビエトのように2大国で支配しちゃいましょう」と言う話。僕は悪いことではないと思います。
 アメリカ一国の世界警察より、小国たちに選択権が出来るからです。
 でも、今の中国では問題があります。チベットやウイグルに対する扱いを見ると世界警察になってもらうわけにはまいりません。
 それを改善してもらって、立派な警察官になって頂きたいと思っています。

 ちょうどこの構図は見事に自民党と民主党に当てはまっています。

 ・・・なんてことを身の程知らずに考えながら・・・
 
セミナー会場.jpg 14日はお盆というのにセミナーでした。
皮膚感染症.jpg 大阪市獣医師会のセミナー室で、、、
膿皮症.jpg 犬の皮膚感染症、講師はM先生です。

 お盆の夜9時からだというのに、結構出席している獣医さんたち。。。

 「ぼったくりや~」とか「やぶ!」とか悪口言われるけど…(僕だけ?)
 手前みそではありますが、結構頑張っていると思います。
 昔のような好景気にはならないだろうけど、若い先生方にすばらしい未来が訪れてくれることを願っています。
 (犬や猫、そしてその飼主さんたちにもね・・・)
 
  • (2014-08-16 15:03:36)
トランスフォーマーの秘密
 前回のゴジラに続き、またもやタグが『映画』です。
 でも、、、映画にひっそり『政治』を潜ませています。

 前々回「敗戦の秘密」に記載しましたように、経済で日本を追い越し世界第二位になった中国が「太平洋をハワイで二等分して支配しましょう」とアメリカに持ちかけたそうです。

 ワシントンタイムスに載っているんです。
 ------------------------------------------------------------------------
 米軍の総司令官が訪中した際に、人民解放軍の当局者から太平洋を東西分割して管理する事を提案され米国が拒否したというニュースが産経新聞で報じられ話題になっている。

 この共同通信のクレジットの記事は、キーティング太平洋軍司令官が訪中した際に中国から太平洋分割を提案された事、米軍が中国に覇権を譲る事はないという太平洋空軍のヘスター司令官の記者団への発言、そして米国政府の親中派では前向きな動きもあるが国防当局は「大きな過ち」として断ったとの内容が書かれているが、これは元々はワシントンタイムズのビル・ガーツ記者の8月17日の記事が情報源となっている。
 ------------------------------------------------------------------------

 僕の話、あんまし信用できませんが、あながち100%純度の高いホラでもないようです。

 その証拠に・・・

トランス.JPG 観てきたで~『トランスフォーマー・ロストエイジ』

 人類とオートボットは、あたかも同盟国のように協力してディセプティコンと戦いました。そして勝利したのですが、シカゴの町はボロボロになってしまいました。
 アメリカ国民は、時がたつにつれ「オートボットなんかいるから町が壊滅状態に陥るんだ」と反対派の力が大きくなりました。

 そんな時、あの有名なCIAと民間会社KSIが悪だくみをして、オートボット達の素材であるトランスフォーミウムからKSI製オートボットを作りだすのです。

 これで、オートボットにも負けねえぜ、、、って、
 越前屋のようにあくどいCIAはKSIと組んで・・・
 「お主もわるよのお~」と言ったか言わずか、オートボット狩りを始めます。

 このKSI社、本社はアメリカで、中国に製造基地があるのです。
 仲良く手を組んでいます。映画だけど、、、

 さてさて、オートボットと良心派の人間が手を組んで対抗するのですが、、、
 オートボットの一人(一体?)にドリフトってやつがいます。

ドリフト.jpg ど~見ても侍(日本人)です。

 激闘の中にあっても正確に任務を遂行するのが特徴。

バンブルビ―.jpg バンブルビーは弟というか息子かな?

 オプティマスプライムは頼りがいのあるリーダーです。

オプティマス.jpg ドリフト(日本)はオプティマスプライム(アメリカ)を「先生」と呼びます。

 泣けます!(空襲され、原爆落とされたにもかかわらず…)
  • (2014-08-12 17:44:56)
水爆の秘密
 前回、ブログで『痴漢はアカン』いやいや間違い『批判はアカン!』と言っときながら、もう批判を書いてしまいます。

ゴジラ.jpg 前回のハリウッド版ゴジラと違って…

 日本版オリジナルゴジラの造形に近く、とってもおもしろかったんだけど、、、

 「なんだかな~」・・・です。

 日本で作られた第一作は、1954年(昭和29年)でした。
 僕が生まれる前の白黒映画です。

 アメリカはビキニ環礁などで1946年から1958年まで23回の核実験を行っていました。その当時、まだ戦争に負けて10年経っていない日本映画がやってくれたのです。

日本版.jpg 1954年の東宝作品です。

 監督は(本編)本多猪四郎(特撮)円谷英二さんで、この映画で見せた特撮技術はハリウッドの腰を抜かせました。で、、、ストーリーだってハリウッド映画関係者をうならせたに違いありません。

 映画に出てくる古生物学者の山根恭平博士は「ジュラ紀から白亜紀にかけて生息していた海棲爬虫類から陸上獣類に進化しようとする中間型の生物の末裔が、度重なる水爆実験により安住の地を追い出され姿を現したものがゴジラである」と語っています。

 見事なエンターテイメント性に潜ませた、あっぱれな『批判』なのです。

 ところが・・・

 今回のゴジラでは、、、冒頭に水爆実験が出てきます。
 白黒のニュース映像で、ゴジラの歴史を上手に編集しています。

 世界初の原子力潜水艦(米)「ノーチラス号」が深海に潜む大きな生物を見つけました。当時敵対していたアメリカとソビエトは必死に正体を探ります。
 ビキニ環礁で行われた爆実験の映像も出てきます。米軍関係者がサングラスを付けてビーチサイドでキノコ雲を眺めているシーンが印象的です。
 それは、、、深海に潜む謎の生物を殺すためだったと言うのが今回の設定です。

 『違うやろ!』、、、思わずつっこむ僕。
 みごとな『言い訳』です。

 さすが、民間人の大虐殺をやっても、上手に国際社会の批判をかわすアメリカ。
 と、思ってしまいました。

 でも映画は面白いで~
 1954年の本家作品は世界中でヒットしました。

海外版.jpg 世界50カ国で公開され、当時400億稼いだそうです。

 この海外版では『反核』『反米』は見事にカットされていたようです。
 
 「なんだかなあ~」・・・ですよね。
  • (2014-08-10 12:26:46)
敗戦の秘密
 商売をしている者は『政治・宗教・プロ野球』の話はするなと言います。
 最近では、ブログで『批判はするな!』なんてこともささやかれている事も知っております。

 にもかかわらず、、、
 今年も終戦記念日が近づき、、、
 ど~しても、愚痴をこぼしてしまいました。
 
20140729222417_m.jpg 2014-07-29「散歩道の秘密2」参照

 辛坊さん、百田さん(僕のいっこ上)の威を借りて、学生運動やった団塊世代を批判してしまいました。あえてぼかした書き方をしてしまったので、きちんと解説しておきます。
 7/29のブログでは近所の園乗寺さんに掲示してある「お言葉」も紹介しました。

 「損か得かは人のものさし、嘘か誠かは仏のものさし」

 僕が小学生だった1968年、、、海底調査の結果、東シナ海の大陸棚に石油資源が埋蔵されている可能性があることが指摘されました。すると1971年に中国、台湾が領有権を主張しはじめたようで、1969年および1970年に国連が行った海洋調査では、推定1,095億バレルという、イラクの埋蔵量に匹敵する大量の石油埋蔵量の可能性があるとの報告があったそうです。

 そして時は過ぎ、中国は「太平洋を二等分して統治しましょう」とアメリカに持ちかける位に経済を発展させました。でも核アレルギーの僕は、言いたくはないけど核武装と言う点では、まだまだアメリカには及びません。アメリカは核攻撃できる原子力潜水艦を太平洋のあちこちに潜ませているのです。

沈黙の艦隊.jpg かわぐちかいじ先生の漫画「沈黙の艦隊」

 読んでいただくとわかりますが、衛星からの監視が発達した現在において、核はどこにいるのかわからない原子力潜水艦に搭載するのが一番有効なのです。
 アメリカに対抗する為には太平洋のあちこちに原潜を潜ませなければなりません。さて、この中国の潜水艦が出て行くところが尖閣周辺になります。
 ここを通らないと出ていけないのです。

 だから、資源と防衛という極めて人間的な損得で判断されているのです。
 (もちろん仏のものさしが全く混じっていないとは言えません)
 
 日本も損か得かと言う極めて人間的なものさしで抵抗してもいいのではないでしょうか?
 なのに、いつも持ちだされるのは歴史問題です。
 嘘か誠かと言う、仏のものさしです。

 仏の判断から言えば、日本は全く悪いことをしていないなんて言えるはずはありません。
 でも仏から見たら、原爆や大空襲という民間人の大虐殺を見ても明らかなように、戦勝国にだって謝るべきことはいっぱいあるのです。(仏=フランスではありません。念のため)

 
 少ない若者で多くの老人を支えなければならなくなった日本が、極めて人間的な損得勘定に走っても許されないのでしょうか? 自国の若い人たちからすれば、ちょっとでも領土や資源はとられたくないでしょう。彼らのことを考慮するのは悪いことなのでしょうか?
 
 理想に燃えて学生運動された団塊の方々、、、
 「無気力、無関心、無責任」三無主義のお前らに言われたくないわ!とおっしゃるに違いありませんが、現状を見ていますと10歳下の僕らの世代の方が若い世代のことを考えているように思います。(現代っ子らしく?多分に自己評価が高いとは思いますが…)

 仏の判断で近隣諸国のことを考えるのは正しいことだと思います。でも、ちょっとだけでも人間的な判断で、これから日本を背負って立つ若い世代のことも考えてほしいなあと思います。
 利己的だと言われればその通りですが、親がよその家の子のことを考える前に自分の子供を優先するのは当たり前ではないのですか?そのよその家だって、自分の子供のことを優先しているのだから・・・

0.jpg 決して『右』ではなく、優秀な反戦映画です。
終戦.jpg 日本映画が描けなかったテーマです。

 この時期、ぜひ観てほしい映画です。

PS:僕、決して右ではありません。単に息子たち(26歳と20歳)以降の世代を心配しているだけの親父です。
  • (2014-08-07 11:38:38)
減感作療法の秘密 2
 前回予告した通り、減感作療法について記載させていただきます。
 
 獣医アトピー・アレルギー・免疫学会で振舞われた弁当の写真、また載っけてしまいました。じつはスポンサーから提供されるランチョンセミナーの弁当を評論し続けると、各企業に競争原理が働き、どんどん美味しく、豪華になっていくのではないかと・・・

 学術的な分野で後輩の役に立てそうにない僕でも、若い獣医さんの食べる弁当を美味しくすることでは役に立てるかもしれないなんて、、、企んだのです。
 (2012-09-02「ランチョンセミナーの秘密」読んでね)

 で、かんじんのランチョンセミナーの講義内容ですが、、、
 
 『減感作療法』なのでした。(2014-06-30「減感作療法の秘密」参照)
減感作.jpg Z薬さんから発売されるAllermmune HDM
Image1198.jpg 犬アトピー性皮膚炎の治療薬です。
Image1199.jpg アトピー性皮膚炎って診断が難しいのです。

 犬アトピー性皮膚炎とは・・・
 「遺伝的な原因による炎症性および掻痒性のアレルギー皮膚炎で、IgE抗体が関与し、特徴的な臨床症状を伴う」とあります。

 目や口の周り、喉、肘の前、膝の裏などが赤くなって掻きまくり、血液検査したらIgEが高く、親兄弟にも同じような症状を出してる子がいる・・・ってこと。

 こういう犬はコナヒョウヒダニに弱い場合が多く、そのコナヒョウヒダニのDer f 2というアレルギーを起こす物質に、徐々に慣れさせていく注射なのです。
 
 ほら、あの、熱湯風呂ってあるじゃあないですか?
 あれって、最初から熱湯だから、のたうちまわって面白いのです。
 徐々にお湯を熱くしたら、耐えれてしまって面白くなくなってしまう。

 コナヒョウヒダニにアレルギーを起こす犬に、コナヒョウヒダニの素を週に一回ずつ注射していきます。そして徐々に濃くしていくのです。
 6回目くらいには70%位の犬が楽になるらしいのです。

 70%なので、夢の薬とは言い難いのですが、なかなか決め手に欠くアトピー治療としては期待できると思います。

 それで、若手の獣医さんに聞いていただきたいのですが、もしこんな駄文を読んでくれていたのなら、ぜひ話を聞きに来て欲しいのです。

--------------------------------------------------------------------------
 8/22(金)21:00~当院待合室にて
 『世界初、犬の減感作療法薬アレルミューン説明会』
 講師はゼノアックの獣医師:阿南先生(同級生)です。
 お電話いただけると幸いです。
--------------------------------------------------------------------------

PS:誠に申し訳ありませんが、飼主さん向けではございません。
   当院の飼主さん向けには、僕がもっと勉強してから説明会を企画します。
   しばらくお待ちください。
  • (2014-08-04 23:28:40)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279