SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (281) , 獣医 (273) , 世の中 (216) , 食べ物 (195) , (144) , (119) , 政治 (104) , 歴史 (97) , お知らせ (97) , 近所 (83) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (27) ,
ARCHIVES
名古屋市獣医師協同組合の秘密
 ちと古いですが、、、2012-04-26「協同組合の秘密」に記載しました。
 一応、大阪の組合で理事をさせていただいている関係上、名古屋にもアンテナを伸ばしておくべきだと、ニュースレターを送っていただいております。

 興味をそそられるセミナーがあれば、名古屋にも足を延ばしておりますが、若い時に比べると頻度はめっきり減ってしまいました。まあ、新幹線で食べる弁当とホームのきしめんがお目当てなんですが、、、

名古屋.JPG 名古屋市獣医師協同組合ニュースレター。

 先日送られてきましたが、W塚先生のコラムに前回書いた(サーモンの秘密)チリ産サーモンの危険性が記載されていたのです。

 不勉強極まりなく、まず驚いたのは南米のチリには天然のサケはいないと知ったことです。
 生息しているのはノルウェー・アラスカ・北海道沖などで寒冷地です。
 チリの河川に生息しているサケは養殖いけすから逃げ出したもので、キャッチアンドリリースが法で定められているためチリ産サーモン=養殖らしい。(しらんかった!)

 この養殖がものすごい蜜飼でして、餌による海洋汚染が問題視されています。
 また、殺虫剤・抗生物質の過剰投与も危険視され、アメリカのスーパーではチリ産サーモンの販売量が減っているそうです。牛肉に関してもホルモンフリーの牛肉が割高で販売されているようでして(前回のサーモンの秘密を参照してください)、、、輸出はええんかい!とツッコミたくなります。

 ネットで調べたら、心配しなくてよいという意見も多く見られます。
 アメリカ牛やチリ産サーモン関係のお仕事をされている方には無責任なことを言っているかもしれません。(もしそうなら謝って済む問題ではありません!)

 しかし日本の獣医として、日本の農業・畜産・漁業を守る立場から言わせていただきますと、、、『日本産が安心』

 そして、安心できるようにしないといけません。
  • (2018-08-06 11:11:09)
サーモンの秘密
 回転寿司に行くと、僕のようなオッサンは『マグロ』を好んで食べますが、若い方々はサーモンを食べることが多いようです。

サーモン.jpg 人は子供の時に食べていたものに執着します。だからマクドナルドはお子様セットを作るのです。
 塩じゃけしか食べていなかった僕らと違い、今の若者たちは子供の時から生しゃけが流通しており、よく食べていたはず。

 2017-11-26「エストロゲンの秘密」ではアメリカ牛は、早く成長させて、早く出荷するため女性ホルモンがぎょーさん使われていることを文春オンラインの記事を参考に載せています。

 ちょっと引っ張ってきますと・・・

 半田康医師(北海道大学遺伝子病制御研究所客員研究員)を筆頭に、藤田医師を含めて8人の研究者が牛肉に含まれているエストロゲン(女性ホルモン)の濃度を調べたのです。
 藤田医師は札幌市内のあるスーパーマーケットで売っていた肉を調べたらしいのですが、、、結果は驚くべき数値でした。
 な、な、なんと国産牛と比較して、アメリカ産牛肉は赤身で600倍、脂肪で140倍も高かったらしいのです。

 なんでやねん!

 エストロゲンを投与すると、早く大人になって、早く出荷できるんです。
 利益が10%アップするそうです。

 今年還暦の僕位から上は、成長期にアメリカ産の牛肉を食べていないのです。
 だから、ホルモン依存性のがんが少ない。
 (この調査だけで断言したら、トランプ大統領に怒られますけど・・・)

 反対意見にも十分説得力がありますが、、、
 いちおう一人の獣医(ただのおっさんとしても)過剰な女性ホルモンの含有は心配します。
 だってEUは輸入禁止(大きな関税をかける)にして、アメリカと喧嘩になっているそうですが、日本は手下ですからねえ~

刺身.png 最近ネットで拡散しているのが、、、

 「チリ産サーモンが危険」だということ・・・

 これも反対意見はいっぱいありますが、、、
 コストコが販売量を減らしました。
 アメリカの牛肉は大丈夫ですよと言うアメリカが心配するって、、、
 結構不安ですよねえ~

PS:心配な理由は、また、、、
  • (2018-08-06 00:15:40)
カジノの秘密
 とうとうカジノを中心とする統合型リゾート(IR)実施法が、7月20日の参院本会議で可決、成立しました。

カジノ.png これで、全国3カ所を上限にカジノやホテルを一体化したリゾートが出来上がります。

 しかしながら、ギャンブル依存症に対する懸念からの反対の声に考慮して、日本人や日本に住む外国人に対して6000円の入場料を徴収(訪日外国人は無料)することや、入場回数制限(7日間で3回、28日間で10回まで)があるようです。

 僕は全国に3カ所しかなく、入場料もとるらしいので目くじら立てて『反対!』と叫ぶ気はありません。(入場料は10000円くらいとったほうが・・・)
 なぜなら、お金持ちはいっぱい消費してもらったほうがいいと思っているからです。

 ぜひとも右上のサーチで『累進課税』と検索してみてください。
 2016-01-19「累進課税の秘密」にも記載していますが、高額所得者の所得税率はどんどん下がっているのに、低所得者の税率は上がっているのです。
 
 日本は『社会主義が唯一成功した国』という称号を捨てるべきではありません。
 (みんなで働いて、みんなで分けるというシステムは無理だと思ってますが)

 そんなカジノより・・・

patinnko.png 問題は庶民のギャンブルです。

 政府がおっしゃるにはパチンコや公営競馬・競輪などはギャンブルやないらしい。
 僕の頭ではどうしてそんな論理が通るのか理解できません。

 パチンコに関しては、結構ファンなのでやめてほしくはありませんが、、、
 場所が多すぎると思います。
 梅田や難波に出ないとないくらいでちょうどよいのではないでしょうか?
 各駅停車でギャンブル場がある国って、、、どうよ?

 依存症対策としては、それが一番効果があるのでは?
 なくなってしまった雇用をカジノに代替させるのはどうでしょう?

PS:生活破たんする人の数が増えたと言われていますが、各駅停車でギャンブル場がある状況を考えると、かなり少ないのではないでしょうか? 他の国だったらもっともっと多くなると思います。
  • (2018-08-03 11:51:44)
永遠の0の秘密 3
 前回、小説「永遠の0」について記載しました。
 特攻賛美! 戦争賛美! などと『右寄り』レッテルを張られてしまってますが、
 なんの、なんの、、、

 ど~読んでも、反戦小説です。
 しかも、、、特攻に関しては、大批判!
 
 第二次世界大戦でいかに日本の軍部が兵隊さんたちに無茶をさせたかが、「これでもか!」と言うほど緻密に描かれています。

 僕だって戦争が終わって10年以上たってから生まれているんで、物心ついた時には日本は先進国でして、苦労知らずに育っております。
 それでも、両親や祖父祖母から戦争体験を聴いています。
 全く聞かされていない若い人たちにぜひ読んでいただきたい。

 『あんな分厚い本読めませんわ!』と言う方は、、、



 映画を観ていただきたい。
 さすが大好きな「三丁目の夕日」シリーズの山崎貴監督です。
 めっちゃ上手に、わかりやすく、しかも感動も増幅させて制作されております。

 右上のサーチで『永遠の0』を検索していただきますと、くさるほど僕の駄文が出てまいります。ぜひともお読みいただきたい。

 2016-01-08「永遠の0の秘密2」には原作者の百田尚樹先生が東淀川区出身であることを記載しています。
 先生は僕の一つ年上です。
 公演をYouTubeで見ましたが、赤川の鉄橋で機関車に一円玉を轢かせたり、淀川のバクダン池で魚を捕ったり、同じ子供時代を経験しています。

 2014-01-20「永遠の0の秘密」では飼主さんたちを巻き添えにして淡路東宝で映画鑑賞したことを記載しています。

 そしたら「百田尚樹」「東淀川区」「淡路東宝」とかも検索してみてください。
 豊里大橋がなく、平田の渡しだった時代の事なんかも記載しています。

 しょうもないブログですが、、、
 特に若い方が、そん扱い方をしてくれたら、幸せです。
  • (2018-08-02 11:26:31)
8月15日の秘密
 毎年8月になると・・・

永遠の0.JPG 読書をお勧めします。

 特に学生さんは夏休みですし、絶対読んで下さい。
 「買ってまでなあ~」とおっしゃるなら、、、
 当院の待合室で読んでくださって結構です。
 クーラー効かせますし、冷たいお茶ぐらい出します。

 1945年8月14日、ポツダム宣言(降伏勧告)を受け入れると天皇陛下が御前会議で決定され、翌15日ラジオで国民に向けて宣言されました。(玉音放送)

 僕は先の大戦の日本兵たちは、当時の日本の上層部に騙された犠牲者で、大変かわいそうだとしか考えていませんでした。
 「戦った兵隊さんに感謝しなさい!」などと言われても、、、
 正直???でした。

 昨年(2017年)2月、天皇陛下はベトナムを訪れました。

 【産経新聞ニュースより】

 訪問先のハノイで、先の大戦終結後もベトナムに残り、フランスとの第1次インドシナ戦争で指導にあたるなどした元残留日本兵家族とご面会。元日本兵がベトナム独立後に日本への帰国を余儀なくされたため、別離を強いられた家族に対し、陛下は現地で「いろいろなご苦労もあったでしょう」とねぎらわれた。
 両陛下のご面会が契機となる形で、10月には元日本兵の子供たちの来日も実現。陛下は、これらの家族と、元日本兵が帰国後に築いた家族との間で交流が続いているケースがあると聞き、会見では「深く感慨を覚えました」と述べられた。

 この時のニュースで調べてみました。
 残留日本兵たちが設立したクアンガイ陸軍中学が現在のベトナム軍の基礎になっております。

 同様にインドネシアでも終戦を迎えても日本に帰らなかった日本兵がイギリスと戦っております。
 ・・・だから、親日国なんです。

 近隣諸国から、当時の日本の植民地支配に対する批判が大きくなるにつれ、悪い日本兵もいたでしょうが、、、残って戦った兵隊さんもいて、なんとか全面的に悪者にならずに済んでいるのだなあ~ って思いました。
 「早く日本に帰りたかったに違いない!」
 「残って戦ってくれたおかげで、悪者にならずに済んでます」
 「ありがとうございました」
 ・・・って想うようになりました。

 そして、、、
杉原さん.png 「東洋のシンドラー」と呼ばれるこの方は、

 6000人のユダヤ人を救っただけでなく、現代の日本人一億人以上を救ったと言えると思うようになりました。
 もしこの方がいなかったと考えると・・・

 ナチスドイツと同一視されているでしょう。
 おまけに世界金融に大きな影響力を持つと言われるユダヤ人に嫌われて、、、

 恐ろしいと思いませんか?
 思いっきり感謝しないといけない。
  • (2018-08-01 10:32:27)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289