SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (301) , 獣医 (282) , 世の中 (242) , 食べ物 (208) , (152) , (123) , 歴史 (110) , 政治 (109) , お知らせ (103) , 近所 (93) , 病気 (64) , (55) , 人生訓 (53) , お笑い (39) , スポーツ (36) , 空手 (33) , 漫画 (31) ,
ARCHIVES
くじ引きの秘密
 映画『三丁目の夕日』は見なきゃだめですよ!

三丁目の夕日.jpg 茶川さんは駄菓子屋さんをやっています。
茶川商店.jpg 50年前、僕は駄菓子屋に通っていました。

 映画でも一平たちが銀玉鉄砲のくじ引きをやっていました。大阪では『あてもん』と言っておりました。
 なかなか当たらないので、一平が店主の茶川さんに「スカばかり!」「当たりってあるのかよ~」ってぼやいていました。50年近く前の僕の姿です。

 その時の僕は「よ~し、おおきなったらお金持ちになって、あてもんを箱ごと買うたるわい」と決心したのです。
 そんなわけで、今でも、松屋町に出かけて、おもちゃ屋さんでくじ引きを買うのが大好きです。「箱ごと買ってしまえるなんて、俺も出世したもんだぜ!」と悦に入ります。

 今日は、前回、肉離れを起こした上新庄道場の交流試合とクリスマス会です。
 仕事で出席できない僕は、夜中にくじ引き作りに勤しんでいます。
くじ.jpg 1~20までと罰ゲーム4つのくじと
景品.jpg 1~20の袋に100均の景品を詰めて出来上がり

 深夜の道場においてきました。。。(2010-12-25「クリスマスの秘密」参照)

 大人になってよかったことって、あまり見当たりませんが・・・
 阪神百貨店地下のフードコートで母親から「ひとつだけやで」と言われて、「たこ焼きか、お好み焼きか、イカ焼きか…」幼い頭で悩みまくった経験から、「おおきなったら、全部食べたんねん」って心に誓い・・・
 秘密ですが、今や、食べようと思えば、それくらいのお金はポケットにあることと、くじ引きの大人買いができることに、驚くほどの幸せを感じる僕は異常でしょうか?
 
PS:過去のブログ・07/07/14「スカの秘密」ご面倒ですが見てくれたら幸せ!
  • (2012-12-22 00:17:47)
肉離れの秘密
 三年近く前、骨折しました。
 (何度も記載しているので、ミミたこでしょうが…)
 左脛骨・右踵骨、、、つまり両足骨折です。

おわび.jpg 2010年1月のことでした。

 理由は秘密にしておりましたが、、、
 息子の前で、見栄を張ったからでした。
 ちょっと近回りしようと、高いところから飛び降りたからです。
 「これくらい、小学生の時には、平気で飛び降りとった…」などと、科学を齧ったものとしてはあまりにも軽率な物理学を無視した行為です。(体重考えろよ!)

 すくっと立ちあがり「オヤジ、歳考えろよな~」という言葉を鼻で笑いながら、舞台を掃けるつもりだったのが・・・
 「すまん、救急車呼んでくれるか」と、ごっつカッコ悪い父親を演じてしまいました。

 これが人生、『初』骨折でした。

 また、やっちまった!

 今日は水曜日です。
 午前の診療後、でっかい腫瘤の摘出手術を終えて・・・
 極真会館上新庄道場の少年部の指導のお手伝いです。
         (空手です)
 小学生たちの前で、見栄張ってしまいました。

 「なんじゃ、そんな外回し蹴り、そんなんで、変なオッサンが突き付けたナイフを蹴り落とすことができるか!刺されてまうわ!」の言葉の後・・・
 卓越した(???)指導者の僕は、全力でやって見せました。

 その時、、、僕の耳に確かに聞こえました。
        『ブチッ』
 記念すべき、人生、『初』肉離れであります。

 ハムストリングス(太もも裏側の筋肉群)の損傷です。
 稽古中は耐えることができましたが、、、徐々に痛み出し、夕食後は、かなり痛くなってきました。

 今から保冷剤当てて圧迫包帯して寝ます。

 お・や・す・み・な・さ・い
 
  • (2012-12-20 00:33:45)
獣医皮膚科診療の秘密 3
 珍しく、ほんと珍しく、本業のことを続けて記載しています。

 京都市獣医師会学術講習会に来て下さったASC・動物の総合病院・皮膚科のN先生は、日本の獣医さんが専門分野を売りにし始めた平成6年に動物皮膚病センターを設立されました。

 ちょうどその頃、大阪では「このまま歳くってオッサン獣医になってもしゃーないでー、皆でなんかしようや」と言いだす先生のもとへ若い先生たちが集まり、夜間救急動物病院ができてきたのです。そしていずれの日にか、専門診療ができるような何でもそろった大きな病院ができて、ホームドクターは周りに小さなサテライト病院を経営して、ご飯を食べていけたらいいなあ~…って夢を語っておりました。
 
 さて、才能もないくせに、努力も嫌いな僕が、皆のお情けでこのグループの末席に加えてもらっていました。おかげさんで『皮膚科の専門病院ができたんで、ちょっと偵察に行って来い』と言われることになり、喜び勇んで見学に行きました。

 調布市の深大寺にお城をかまえたN先生は、快く僕を迎えてくれ、見学、インタビューさせていただけるだけではなく、ベーカーリーレストランでランチまでごちそうしてくれました。

     そして、N先生が皮膚科の通信教育を始めたのです。
tuusinn.jpg 月に1章ずつ送られてきました。
 
 バインダーに1章増えるたびに、名医に近づいた気がしました。
 まだ使っています。
 ランチをおごってもらったから、捨てることができないのではありません。
 皮膚科のアプローチ法、考え方、つまり哲学的な本だからです。
 今でも十分すぎるくらい使えるのです。
 実際そう考える若い先生も多いようで、整本化され出版されています。

 同業者の後輩の方々・・・これええよ!

 で、日曜の講習会の話ですが・・・

皮膚.jpg 皮膚とは容姿そのものであります。
シミ抜き.jpg その変化は、飼主さんにとって一大事!
 この背広の画像は「ワインのシミ抜きなら当クリーニングへ」というホームページから拝借されたようで・・・つまり先生は、容姿に関することは遠くのお店でも駆けつけてくれると主張していました。

        『皮膚科って大事やで!』

 思い起こせば、大阪で「なんかやろうや」って言ってた先生はVRセンターをつくり、専門的な診療を手掛けるようになりました。この間は、当院からの紹介犬が、体外循環を使って心臓の弁の手術を受けてこられました。20年前には考えられなかったことです。
 
 一方、皮膚科のN先生は、現在埼玉県の夜間病院に専門診療部門をつくることをコーディネートしているそうです。

 秘密ですが、、、
 全く進歩のない僕は、オッサン獣医になってしまいました。。。トホホ
  • (2012-12-17 23:49:33)
獣医皮膚科診療の秘密 2
 間違って皮膚科のセミナーに出てしまった話を前回記載しましたが、続きです。

 何が続きかといえば、今日も皮膚科のセミナーだったのです。

皮膚科.jpg 「皮膚科へようこそ」ASCのN先生です。

 京都市獣医師会の学術講習会なので、京都獣医畜産会館まで行きました。
 
 日曜だと言うのにいつもより早起きして自転車で上新庄へ・・・
貯金箱.jpg 2011-08-27 「貯金箱の秘密」参照
 いつもの自転車置き場に200円入れて、阪急電車に乗って西院まで…
 
 お昼休みには、おいしそうな洋食屋さんを見つけましたが、あいにく行列状態…
 仕方ないので、回転ずし「Kすし」に行きましたが、またしても行列…
 これなら大丈夫やと牛丼「Sや」に入ったら、確かに席は空いているのですが、持ち帰りのお客さんが行列しており、注文を聞いてくれないどころか、僕の席のあいた食器すら片づけてくれません。隣の女性も、いつまでたっても注文を聞いてもらえずイラついています。
 そ、その時です・・・
 ちょっと怖そうなお兄さんが二人入ってきて、テーブル席に座りました。
 店員さんは目にもとまらぬ速さで食器を片づけ、残像が残りそうな動きで注文を聞いていました。
 大阪やったら、暴れられるぞ~と心の中で叫びながら店を出ました。
 そして、持ち帰り弁当の「Hともっと」へ、、、待ってる時間がないから、作り置きのステーキ弁当を買って、、、
 「店の隅で食べさせてもらっていいかな」と尋ねると・・・
     「すみません、中ではご遠慮お願いします」とのこと
 心の中で、大阪やったら暴れたるぞ~と呟きながら店を出て・・・

 結局、セミナー会場で食べました。

 N先生は十分面白い講義だったにもかかわらず、皆が退屈しないようにワインの豆知識を披露してくれました。次の世界獣医皮膚科学会がボルドーだからです。 

 僕の昼食後の眠気対策は・・・
Image454.jpg 濃い緑茶と二刀流です。 
マーカー.jpg マーカーとボールペンの両刀使いだ!


 秘密ですが、最後に先生に伝授されたワインネタを記載します。

 白い食べ物には白ワイン(魚ではなく)が合う!
 赤い食べ物には赤ワイン(肉ではなく)が合う!

PS:授業は皮膚科の哲学ともいえる内容でした。また記載します。
  • (2012-12-16 23:15:29)
獣医皮膚科診療の秘密
 前回、火、水、木とJAHA『神経病学』セミナーだと書きましたが、、、
 火曜日しか出席はしていませんけど、木曜日は21:00から玉造のVRセンターでT先生の歯科学セミナーに出席するつもりでした。(さぼってしまった!)
 その代わりと言っては何ですが、昨日の土曜日は21:30より北摂夜間救急動物病院でセミナーに出席しました。

 じつは、秘密ですが、2012-10-03 「アメリカの病院の秘密」に記載した、眼科のT先生の角膜疾患のセミナー(Part2)に出席するつもりで出かけたのですが、大変失礼なことに皮膚病のI先生のお話でした。

ペンフィーガス.jpg 間違って出席してしまいましたが… 

 自己免疫性の皮膚疾患の話、大変面白かったです。勉強になりました。
 ~~~けがの功名~~~ちゅうやつかな?(I先生ごめんなさい!)

てんぽうそう.jpg 落葉状天疱瘡という自己免疫性皮膚疾患だ。

 本来は外敵に対して免疫が発動されるのですが、なにを血迷ったのか自分の皮膚を敵と間違って攻撃してしまう、わりと珍しい病気の話だったのです。

 知らなかったのですが(昔の教科書には記載されてなかったと思うんやけど…)日光が関係しているそうです。
 だから、屋外で飼われている犬で、白い犬に発症が多く、室内犬での発症が少ないようです。
 六甲山で飼われていた犬に発症が見られ、いらないと言われてしまった犬を先生が引き取り、大学の施設で飼い始めたことがあったそうです。色々治療を試してみようと思ったそうなんですが、日光に当たらないので治ってしまったというエピソードを聞かせてもらいました。

 I先生には秘密ですけど、間違って出席して、よかった!

 
  • (2012-12-16 20:26:32)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317