SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (271) , 獣医 (252) , 世の中 (203) , 食べ物 (184) , (140) , (117) , 政治 (101) , お知らせ (92) , 歴史 (86) , 近所 (79) , 病気 (60) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (30) , 漫画 (28) , 空手 (25) ,
ARCHIVES
肛門嚢腺癌の秘密
 あまりに、映画の話が続きすぎて、、、
 そろそろ「こいつほんまに獣医か?!」と思われそうで、
 動物病院のブログらしい題名にしました。

 今日(1/24土曜)は午前の診療が終わるやいなや、昼ご飯を飲み込み。
 地下鉄今里線だいどう豊里駅へ走ります。
 メトロに乗って大阪ビジネスパーク駅まで・・・

ホテル.png にあわね~ホテルニューオータニ大阪まで、
写真 1.JPG じつは、日本獣医がん学会なのです。

 PM2:15からの「肛門嚢腺癌に対してどのように治療すべきか?」というシンポジウムを聴講しました。座長は2014-09-01「惨劇の秘密」でご紹介させていただいた愛媛のI先生です。
 当然お尻にできものができて、排便困難、しぶり(う○こが出そうで出ない感じ)、股の間やお尻をなめる、出血などで動物病院にやってきます。
 恐ろしいことに、その来院時に転移してしまっている犬が46~96%いると報告されています。

 だから、他の癌と同じく『早期発見』が重要なのですが・・・
 他の癌と違って転移したところの癌は割とゆっくり発育しますが、とても小さなものでも転移しやすいのです。
 僕なりの考えでは、、、(優秀な先輩から教えてもらったのですが、、、)
 時々肛門嚢を絞ってあげることが重要だと思っています。
 決して、溜まったから癌になりやすいわけでははありません。絞ることによって肛門嚢を触診することができるからです。いくら絞っても、ちょっとだけ残っている感のある犬はきちんと調べたほうがいいのじゃあないかと・・・

 肛門嚢絞りもお気軽に・・・(CMかいな!)

 腰下リンパ節群の切除術を聞き終わる(PM15:45)とまだ講義が残っているのにホテルニューオータニを後にし、またメトロに乗って(浅田次郎先生のファンだから)玉造まで・・・
 獣医師協同組合の会議なのです。
 そして、会議が終わって新年会。

きたじま.png 玉造の割烹きたじま(京セラ近く)

 かにうどんすき・雑炊、とってもうまかった!
 で、二次会は、完全タイムスリップ昭和のスナック、、、
 真夜中、たった一人でユーチューブを見て練習していたサザンの『ホタル』
 高すぎる自己評価は自覚してますが、うまく歌えた!

 明日、日曜もがん学会です。がんばろ~

PS:「永遠の0」5回観ただけのことはあるぞ!
   夜中に当院から変な怒鳴り声が聞こえていたら申し訳ございません!
  • (2015-01-24 23:49:05)
緊急連絡・鑑賞会2/15
 はてさて、今年は野球映画3連発だ!・・・と言っておりましたが、、、
 その、第一弾『バンクーバーの朝日』が淡路東宝にやってきます。
 (2/14~、サイト「大道南三丁目の夕日」から淡路東宝HP参照)
 慌てふためいて、鑑賞会を企画いたしました。

バンクーバー.jpg 2015-01-02「バンクーバーの朝日の秘密」参照

 『三丁目の夕日』昭和33年夕日町と同様に、この1938年カナダ・バンクーバー日本人街の風景だけで涙腺が緩み始めるのはなんでだろう?

1セット.jpg バンクーバーに豆腐の文字が、、、

2セット.jpg 父親たち1世は方言だらけで

3セット.jpg 2世たちは標準語なのです。

先生.jpg 先生役の宮崎あおいさん。

 学校で日本人であることを忘れないよう、先生が一生懸命教えたから・・・



 2/15(日曜)AM10:00 淡路東宝前集合です。
 上映後のお昼ご飯とコーヒー、それに僕のウンチク付きで・・・
 な、な、なんと普通の映画鑑賞料金(1800円)程度!
 ぜひご参加を・・・(2/10までに受付まで)
 お昼ご飯、ウンチク無しも可
  • (2015-01-22 10:16:07)
カイゼンの秘密
 カイゼンとカタカナで書けば、言わずと知れたトヨタの改善なのです。
 前回に続き、1/16(金)読売新聞朝刊の記事なのですが、、、

トヨタ.JPG 南アフリカトヨタ自動車ダーバン工場の話。

 前々回「ものづくりの秘密4」で、日本の工場の国内回帰が手放しで喜んでばかりはいられないと、苦々しい意見を記載しましたが、、、

 帰ってこない海外の日本企業の工場も、めっちゃ頑張っているそうで、世界語になった『カイゼン』を実行してはるみたいです。

 4年前、2011-01-20「入院の秘密」を見ていただきますと、骨折手術で左足に埋め込んだプレートを除去するために再入院した僕は『おっぱいバレー』と『インビクタス』を病院のベッドで鑑賞していたのです。

インビクタス.jpg おっぱいバレーの綾瀬先生が可愛い、、、のは当たり前で、、、

 インビクタスで描かれる南アフリカ初の黒人大統領ネルソンマンデラ氏は反体制活動家として27年ものあいだ投獄されていました。1990年に釈放され、驚くべきことに同年大統領となったのです。政府の主要ポストを占めていた白人官僚たちは、マンデラが報復的な人事をするのではないかと恐れ、荷物をまとめ始めていたものもいたらしいのですが、、、
 マンデラさんは、初登庁の日に職員たちを集め、こう言うのです。
 「辞めるのは自由だが、新しい南アフリカを作るために協力してほしい。あなたたちの協力が必要だ」
 まだまだ懐疑的な白人もいたのではと思いますが、感動した人も多かったのではないでしょうか。職員たちはマンデラのもとで働くこととなり、ボディーガードチームも予想に反して黒人と白人の混成チームとなったそうです。

 南アフリカ代表のラグビーチーム「スプリングボクス」は当時低迷期で、黒人選手もわずか1人という状況。当然アパルトヘイトの象徴として、多数を占める黒人の国民のあいだでは非常に不人気なスポーツ。
 しかしマンデラ大統領はこのチームが南アフリカの白人と黒人の和解と団結の象徴になると考え、チーム名やユニフォームを変えろと言う周囲を抑え存続させたのです。そしてチームの主将フランソワ・ピナールを茶会に招いて言葉を交わし励ましたのです。
 「白も黒もない、ともに南アフリカのために頑張ろう!」

 こんな感動的な映画なのです。

 そんな南アフリカのトヨタですが、黒人主導政権が誕生しても黒人の昇進は遅かったそうです。白人の実業家が日本のトヨタから生産委託されていたからです。
 日本のトヨタ本社が白人実業家から株を取得し、たくさんの日本人がやってくると社風が一変したそうです。
 「黒人、白人、黄色人種、人種国籍は全く関係なし、仕事をきっちりやればいいんだ!」
 日本からやってきた新藤誠(48)さんはズール語を学んで、現地スタッフに溶け込みました。

 日本企業が人種差別もカイゼンしてくれたみたいで、こんな誇らしいことはありません。

PS:阪神大震災で亡くなられた方の冥福をお祈りします。
  • (2015-01-17 10:11:20)
トロンの秘密 4
 今日の朝刊に僕の尊敬する科学者が出ていました。

トロン.JPG トロンの生みの親、東大の坂村健教授です。

 お手数おかけして大変申し訳ないのですが、過去のブログ08/09/02「トロンの秘密」09/05/09「トロンの秘密2」をご覧いただきますと、僕が尊敬しているわけがわかっていただけるかと・・・

 コンピューターに基本的な動きをさせる基本ソフト、映画館かと思われるかもしれませんが(オッサンだけです)『OS』と言います。
 マイクロソフト社ではウィンドウズ、アップル社ではマックOSがそうなのですが、坂村先生は日本独自のものを作るべきだとトロンを開発されました。

 そして、画期的なことは設計図を無料公開したのです。
 新聞記事には記載されていませんでしたが、マイクロソフトがかなり焦ったようです。劇画ゴルゴ13のストーリーモデルにもなっています。
 だから、メジャーになりそこないましたが、小さな小さなコンピュターを動かすにはとっても適しているようで、しかも僕の大好きな無料!
 家電製品をはじめ、電子楽器・医療機器・産業機械・ロケット・人工衛星に採用されているそうです。いまや、日本の組み込みコンピュータの6割、世界の4割を獲得しました。

 僕は科学者が、一獲千金を狙うのではなく、世の中や大衆のためだからと頑張る姿を尊敬しているのです。僕のような足りない頭脳でも、こういう姿勢の科学者を尊敬することはできます。
それぐらいしか役立つことができませんが、何もしないよりかはましだと思っています。

PS:この秘密通信(ロッキー通信)でも右上のサーチに「トロン」と入力しクリックしていただきますと、日本の誇るべきOSの情報が出てきます。
  • (2015-01-16 23:11:43)
ものづくりの秘密 4
 先日、きれる同業先輩と話をしていて、ショックを受けました。
 日本のものづくりについてです。
 2014-10-23・2014-10-27・2014-10-29と連続して「ものづくりの秘密」を記載しておりますが、すべて日本のものづくりがいかに上手かという自慢であります。

 安い労働力を求めて海外に出かけた自動車などの工場が日本に戻ってくるそうです。

工場.png 内需拡大と喜んでいましたが、、、

 生産現場の国内回帰はとってもいいことなのですが、、、
 また円高になったら工場が海外に移されるの・・・?って、思ったのです。
 「国内に戻すってことは、円安は続くってこと?」と先輩に尋ねると、、、
 大きく頷かれてしまったのでした。
 円が安いってことは国力が低下しているってことでもあるのです。

 新聞では「やはりものづくりへのこだわりは日本人でないとダメ」と国内回帰させる社長さんたちが言っていましたが、、、先輩が言うには、、、
 
 ど~も、言い訳くさいと・・・
 竹田恒泰さんも講演で言っておられましたが、中国人だってメッチャ手先が器用なんです。すぐにいいものを作れるようになって、賃上げを要求するようになりました。
 単に、日本の若者を使ったほうが安上がりになっただけだと・・・

 僕らの頃は、ナイフで鉛筆を削らなくなったために不器用になってしまったと言われましたが、今、僕はプラモデルを作らなくなったために若者が不器用になっていると感じています。

スマホ.jpg 反射神経は磨かれるかもしれませんが、、、
 押すか押さないかのONとOFFだけです。
 でも製造現場では、1/3押すとか、1/4緩めるとかが必要です。

 2014-09-06「アナログの秘密」などで、アナログ回帰を提案しているのも一理あるんじゃあなかろうか?
  • (2015-01-14 10:19:53)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271