SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (271) , 獣医 (252) , 世の中 (203) , 食べ物 (184) , (140) , (117) , 政治 (101) , お知らせ (92) , 歴史 (86) , 近所 (79) , 病気 (60) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (30) , 漫画 (28) , 空手 (25) ,
ARCHIVES
チームバチスタの秘密
 
images.jpg   知ってはりますか?

 原作の著者は海堂尊(かいどうたける)・お医者さんです。

 お医者さんの世界から飛び出て活躍する人は、なんか医学界に訴えたいことがあるようです。

 この先生も・・・作品中にAiがよくでてきます。

=====================================
 ブログで「Ai(死亡時画像診断)導入の反対の病理学会重鎮が、Aiの普及、発展を阻害」「病理学会上層部と官僚の癒着による学業業績剽窃事件」などと主張したため、その教授に名誉毀損で330万円の損害賠償を求める訴えを起こされた。
 一審では「いずれも真実と認める証拠はない」として、被告側に110万円賠償を命じられた(2010年1月18日)。判決後、記者会見を開き「Aiは解剖率が低い日本の『死因不明社会』の解決策になると信じるからこそ批判をした。
 名誉棄損の部分ばかりが独り歩きしているが、Aiを適正に社会に導入するための危機感からブログを書いている。個人攻撃のつもりはない。Aiをめぐり学会などオープンな場で議論をしたかった。
 わたしの批判に反論し議論する場は、本来、裁判所ではなく学術の場ではないのか?」と語った。二審でも「盗用の証拠はない」として敗訴、但し「官僚と癒着」など名誉毀損の事実は認められず60万円に減額(2011年1月12日)。最高裁に上告したが7月8日、上告棄却。
=====================================

 ウィキペディアによると(こんなかんじ)だそーです。

 あの、『失楽園』の渡辺淳一先生も・・・ウィキペディアによりますと
=====================================

 1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。
 ・・・じつは私、先生のファンでして(けっして失楽園系ではなく、Hじゃない医学系が好き!)小説心臓移植は完全に日本初の心臓移植批判です。

=====================================

 映画『孤高のメス』の原作者・大鐘稔彦先生も

 あの、有名な、秘密通信(このブログでっせ~!)によりますと
=====================================

 大鐘先生が岩波書店から出した『外科医と盲腸』、、、びっくりするほど衝撃的な本でした。 私が子供の頃、人間って一生のうち一回は盲腸の手術をしないといけないって感覚がありました。たいていの大人はおなかに手術跡を持っていました。「抗生物質でちらせるのはいいけど、どうせまたなるよ」って感覚でした。

 今は、腹膜炎を起こして重症化したもの以外、ほとんど手術なしで治してしまいます。
 それが、この本の影響なのです。
 日本って海外に比べて虫垂炎(俗に言う盲腸)の手術が多すぎる!内科治療で治ってしまう場合がほとんど!って書かれているのです。
 スッゴイ計画性に富んだ先生だと感心するのが、こういう告発的要素が強い本を「岩波文庫」から出版されたことです。

 本気で『変えよう!』と思われたんだと思います。
 つまり漫画の原作を書いて一般社会に訴えて、ものごっつ真面目な文庫から医学界を含めた知識層に訴える・・・すごい戦略です!しかも世の中が変わりました。
 
 最近、盲腸の手術やった人、あまり見かけないでしょう?・・・
                         (2010-06-22 22:52:12)

=====================================

 じつは、、、
 
Image155.jpg  今日、読んでいて思ったのですが・・・

 ネオベッツVRセンター看護士長Tさんの平成22年度獣医三学会(近畿)発表「二次診療施設におけるチーム医療の現状」~対外循環下開心術の周術期ケア~

 チームバチスタ・動物編も近いかもしれません・・・

 願わくば、私どもが映画なんぞを作ることができましたら、、、夢のまた夢

 しかし、なんとか、愚痴外来の田口先生のポジションあたりねらえないかな~


Image154.jpg  PS:「がんばれ元気」には海道卓が出てきます。
  • (2011-08-18 20:16:46)
富裕層の秘密
image.jpg 超富裕層のウォーレン・バフェットさんですが・・・

 すごいこと言いはりました。

 「富裕層は甘えていた!」
  
 ===================================

     富裕層に増税を=米著名投資家
 
 【ニューヨーク時事】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、15日付の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、「私や私の友人たちは、億万長者を優遇する議会に長期間甘やかされてきた」とした上で、年収が100万ドル(約7700万円)を超える富裕層に対し、即刻増税すべきだと述べた。米国の財政問題が世界的に注目を集める中、同氏の意見は論議を呼びそうだ。(時事通信)

 ===================================

 過去のブログから、なんべんも言ってますが、、、

 [日本の所得税]
     1974年の最高税率が75%、
     1984年の最高税率は70%、
     1987年の最高税率は60%、
     1989年の最高税率は50%、
     1999年の最高税率は37% 

 こんだけ下がってるんですよ!!!

 のみならず、、、住民税は1987年に最高税率18%だったのが、2007年には10%、しかも、驚くべきことに一律です。

 これがあまり私たちの耳に入らないのは・・・
 秘密ですが、、、テレビ局の人たちの収入がいいから?・・・ちがいない!

 1974年、お金持ちはヤル気なくなっていたかな~、海外に逃げ出していたかな~
 まずもどしてから、消費税の増税や復興税を考えるべきなんじゃ?

 言っときますが、獣医さんの収入は皆さんが思うほど多くはありません。
 しかし私は、テレビ局の人ほどではありませんが、累進課税がきつくなるとちょっとは損するくらいの収入はあります。
 それでも、きつくした方がよいと思います。

 なぜなら・・・

 動物病院は必需品ではありません。
 皆に余裕がないと消費してもらえません。
 だから、聖人君主的にきつくしろと言っているわけではありません。
 きっとバフェットさんも消費が高まった方が投資の効率があがるから言っているんだと思います。
  • (2011-08-16 13:11:19)
五山送り火の秘密
 今月9・10日は風評被害について、焼肉と中国の鉄道事故に隠して、こっそり批判しましたが、、、

 ・・・二転三転・・・

陸前高田より届いた松からセシウムを検出 京都市「五山送り火」での使用を断念
2011.8.12 15:46
 京都の「五山送り火」(16日)の一つ「大文字」で岩手県陸前高田市の被災松を使う計画を中止後、大文字保存会が一転して受け入れを決めた問題で、京都市は12日、現地から届いた松から放射性セシウムが検出されたため、送り火での使用を断念すると発表した。

 当初の中止に対し批判が殺到したため、京都市が被災松の割木を500本調達。五山の各保存会でつくる京都五山送り火連合会に受け入れを打診し、11日の大文字保存会で五山全ての送り火で燃やされることになっていた。

 ところが、薪の表皮を削って検査したところ、放射性セシウムを検出したため、取り寄せた500本全てについて、送り火での使用を取りやめることにした。

 この問題をめぐっては、大文字保存会の松原公太郎理事長が11日、市内で会見。「多くの方に心配と迷惑をかけ、われわれの都合で被災者を振り回したことを心よりおわびしたい」と謝罪した。決定が遅れた理由については「いろんな意見を集約できなかった」と釈明していた。

 ・・・ええ加減な私がえらそ~に言うたからか・・・

 放射線の汚染で中止へ→やっぱりや~ろおっと→セシウム出たから中止

 秘密やけど、背骨なさすぎ・・・・・「お前が言うか!?」

 でもね~、原発事故の被害(スピーディーあるのに)同心円状にしたり、鉄道事故の貨車埋めたり、どしろ~とでも批判されること予想付くと思うねんけど、送り火断念で批判されないとでも思ってたんやろか?
  • (2011-08-13 15:33:55)
ヒポクラテスたちの秘密
 『ヒポクラテスたち』大森一樹監督

 古尾谷 雅人、伊藤 蘭が出演していてこの中で、こんなシーンがあります。

 原田芳雄演じる徳松助教授が手術実習で、フラフラになっている学生に向かって、罵声を浴びせる場面があります。
 正確な、セリフは覚えていませんが、タバコを咥えながら、「学生なんて、何もできないんだから、体力しかないでしょう、体力しか、ええ、しっかり、しなさいよ。」とうな垂れている学生に、さらに追い討ちをかけます。
 いつか、こういう場面を、自分もやってみたいなと思いながら、自分も、この徳松助教授に年齢が近づきつつあります。
 丁度、今、来ている研修医、4人を目の前に、檄を飛ばしてみたいなと、機会を狙っています。

 ===以上、とあるお医者さんのブログより===
 
hipo2.jpg   原田芳雄さんのご冥福をお祈りします。

 2011.2.9「京都府立医科大学の秘密」に記載しましたが、この映画が大好きです。

 テーマが命なのです。
 原田さんより先に亡くなった、私と同い年の古尾谷正人さん演じる主人公は、テストで避妊に関して100点を取るのですが、、、実生活では落第点で、恋人を妊娠させてしまいます。
 命を救うべき人間が、堕胎させたことによって、精神を病んでしまうのです。

 お医者さんの中にも多くのファンがいるようで、、、

 ちなみに徳松助教授のセリフ、かなり覚えています。

 立ちっぱなしの手術見学でフラフラの学生たちが控室で座っていると、原田芳雄さん演じるところの徳松助教授がドタドタドタ走ってくるのです。
 やかんの水を口のみでゴクゴク飲んで・・・
 「おまえらなんだ、もうバテてるのか?カア~、、、経験もない、技術もない、お前らにあるのはなんだ、体力だけだろ!、、、外科医なんてのはな、助けて当たり前、死ねば思いっきり怨まれるんだ、おまけにへたな手術してみろ、、、3.4億の賠償金だ、、、イタリアにゃ~払い切れずに医者やめてタクシーの運転している奴がゴロゴロしてんだよ!!!」
 ・・・で、言い終わるや否や、またドカドカ走って去っていきます。

 学生たちは「おれたちやってけるのかな~」とため息をつきます。

 秘密ですが、この記憶力が獣医学にも欲しい!
 
  • (2011-08-11 12:54:35)
高速鉄道の秘密
 昨日「風評被害もええかげんにせ~よ!」とブーたれましたが、、、

======================================

被災地の薪、一転燃やすことに…京都・送り火
読売新聞 8月10日(水)3時1分配信

 東日本大震災の津波に遭った岩手県陸前高田市の松で作った薪(まき)を「京都五山送り火」の大文字で燃やす計画が中止された問題で、送り火の各保存会でつくる京都五山送り火連合会は9日、陸前高田市から別の薪500本を持ち込み、16日の送り火で燃やすことを決めた。

 中止に批判が相次ぎ、京都市の要請で連合会が協議。まずは大文字以外の四山の保存会が受け入れを了承、大文字保存会には今後打診する。

 新たな薪は陸前高田市のボランティアらの協力で調達、10日にも京都市に運ばれる。放射性物質が含まれないことを確認後、市民や観光客、京都を訪れた被災者らに、鎮魂や復興への思いを込めた言葉を書いてもらうことを検討している。 最終更新:8月10日(水)3時1分

======================================

 秘密ですが、、、『中国の鉄道事故、批判ゴウゴウですぐ掘り返し』
 笑えませんな~~~
  • (2011-08-10 10:11:14)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271