SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (281) , 獣医 (273) , 世の中 (216) , 食べ物 (195) , (144) , (119) , 政治 (104) , 歴史 (97) , お知らせ (97) , 近所 (83) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (27) ,
ARCHIVES
エイドリアン号の秘密
 自転車が大好きです。
 高校時代はバイコロジー同好会に所属しておりました。

 バイコロジーとは・・・(ウィキペディアで調べてみました)

 バイコロジー (英語: bikecology) は、bike(バイク=自転車)とecology(エコロジー)を合成した造語で、運転時に排出ガスを発生させない自転車を利用することで大気汚染などの公害を防ごうという社会運動である。1971年にアメリカ合衆国で提唱された。

 そーです。高校時代(45年前)の僕は純粋で、、、
 『自動車なんか敵だ!』と思っていたのであります。

 そんな僕も社会にもまれて薄汚れ、、、

赤ビッツ.jpg 赤ビッツに乗るようになったのです。『流星号』と名付けました。(2017-04-20「犬アトピー性皮膚炎の秘密」参照)

 しかしながら、高校二年生の時には同級生の山田君と一緒に自転車で能登半島まで出かけた僕ですんで、、、
eidorianngou.jpg 自転車は手放すことなく、ずっと乗り続けております。『エイドリアン号』と名付けました。

 これが、漕ぐたびに「カッシャンコ、カッシャンコ」と泣きだしました。
 仕方がないので、お別れです。

赤自転車.JPG 『エイドリアン2』です。

 「宮田のアルミやから丈夫ですよ!」と言われ・・・
 近所の自転車屋さんで購入しました。
 中古ですが、、、ひろいものでした。

 宮田工業(MIYATA)は国内で初めて自転車を量産したメーカーであり、また日本で最古の自転車メーカーでもあります。もともとこの会社「宮田製銃所」という鉄砲鍛冶屋さんでした。

宮田自転車.png 自転車の将来性に賭けて、1902年(明治35年)銃の製造を止め自転車に切り替えました。名前も「宮田製作所」に変更します。

 この明治の自転車、現在とほとんど変わらないと思いませんか?
 
 100年以上前ですよ・・・『かっこええ!』
  • (2017-08-03 10:51:29)
スーパーボールの秘密
 昨日、一昨日の土日(7/29・30)は町内の盆踊りでした。

 テキヤさんではなく、各町内会が夜店を出すので、わりとリーズナブルだからかもの凄い人出です。
 わが能条町会は、例年のごとく・・・

金魚.JPG 『金魚すくい』であります。

 しかしまあ、僕の職業上、、、生き物の虐待でもあり、複雑な心境は否めないのですが、、、
 若いお母さんたちが魚の目が怖いと言って捌けない人たちだらけになってきている現状を眺めるにつけ「なんだかなあ~」と感じる部分もあり、お料理できない女の子を減らすという大義名分もありまして、喜んで手伝っております。

 ともあれ、ひよこ釣りや、ウナギ釣りは反対せざるをえません。
 僕の子供時代にはハツカネズミやリスなども売られており、近所では見かけませんでしたが、阿倍野の方では『アヒル釣り』や『ワニ釣り』の夜店がありました。

 だもんで、もう一方の・・・

スーパーボール.JPG 『スーパーボールすくい』は気が楽です。

 ところがこのスーパーボール、、、
 よく犬が飲み込んでしまうのです。
 胃の中でコロンコロンしている場合は急ぎませんが、もっと進んで十二指腸、小腸に居座り動かなくなれば緊急事態です。

 30年前、ミスを犯しかけたことがあります。

 スーパーボールを飲み込んだ犬をレントゲンで診断しました。
 手術することになったのですが、、、
 一個だけではなかったのです。
 二個のみ込んでいたのです。

 以来、、、
 『一つの異常を見つけて安心するな!』
 『異常はひとつだけではない!』

 自分に言い聞かせるようになりました。
 
  • (2017-07-31 00:50:58)
猫のロンパールームの秘密
 前回は「玉造にペピイハッピープレイスと言う老人ホームが出来ます」と記載しました。

老人ホーム.JPG ただいま工事中でして・・・

 この場所に訪れることが多い僕は、だんだんビルが上に伸びるのを眺めます。
 工事現場の囲いに書かれている看板です。

ハッピー.png 犬や猫と暮らすための老人ホームです。

 ここには大阪市獣医師会、全日本獣医師協同組合、ペピイ動物看護専門学校、VRセンター、大阪動物夜間急病センター、動物愛護社会科推進協会、株式会社ペピイなどが集まっており、NKスクエアと呼ばれています。

 そこに新しくハッピープレイスと言う建物が建築中なんです。
 それは犬や猫と一緒に老後を過ごしたい方のための施設なのですが、、、

ロンパールーム.JPG 『猫のロンパールーム』って???

ロンパールーム.jpg ロンパールームと言えば、、、

 1963年10月7日から1979年9月28日まで日本テレビ系列局で放送されていた子供向け番組です。放映当初、子供だった僕はうつみみどりさんの先生をしっかり覚えています。
 ロンパーとは「やんちゃ、わんぱく」と言う意味だそうで、まさに子猫にはうってつけのネーミングです。

 なぜ、ハッピープレイスにわんぱく仔猫の部屋が儲けられているのでしょうか?

リレー.jpg じつは今、大阪市獣医師会では・・・

 子猫リレー事業が始まりました。
 どんな事業なのか、、、
 毎日新聞から引用します。

 子猫の殺処分を減らすため、大阪市獣医師会(同市東成区)が始めた事業です。
 自治体に保護された子猫を獣医師やシニアボランティアが引き取って世話した後、若い世代の飼い主に譲渡する取り組み。全国の猫の殺処分は年間6万7091匹(2015年度)に上り、うち生後数週間の子猫が約7割を占める。保護猫の譲渡活動を獣医師会が主導する事例は全国初とみられる。

 なぜリレーなのか、、、
 まず第一歩は市獣医師会員の動物病院が保護された子猫を引き取り、ワクチン接種などの健康管理、授乳やしつけもします。
 そして生後3カ月になると、猫は60歳以上のボランティア「キトン(子猫)シッター」の家に預けられ、愛情を注がれながら人と暮らすうえでのルールを学びます。
 6カ月を過ぎると、「終生飼育」など厳しい条件をクリアした原則40歳未満の若い飼い主に引き取ってもらうのです。(毎日新聞2016年10月22日・大阪夕刊)

 このように、多くの人たちがリレーによって殺処分される猫を減らす取り組みを子猫リレー事業と名付けられました。

 シニアボランティアが子猫を育てたり、若い引き取り手と交流したりする場が猫のロンパールームみたいです。
 昔のような地域の高齢者と若者の接点がなくなってしまった現代こそ、猫を潤滑剤として高齢者と若者が仲良くなって欲しいと願っています。

 ちなみに大阪市獣医師会では、まず最初の試運転中、6ヵ月まで育てるシニアボランティアを会員のシニア獣医が受け持ちました。僕らの年代の獣医って牧場で牛や馬の面倒を見たいとか犬が好きだからが獣医師免許を取った理由に多いのです。
 『猫が好き』はあまり見当たりませんでした。
 が、しかし、驚くべきことに、
 ボランティアによって猫にはまるオッサン獣医が続出してきました。

三毛写真.JPG かくいう私も、そのおっさん獣医のひとりです。
  • (2017-07-24 12:24:23)
ペピイハッピープレイスの秘密
 昨日の日曜(7/23)は玉造を訪れました。
 島根県松江市の玉造温泉ではありません。
 大阪市内の玉造です。

 大阪市獣医師会やペピイ動物看護専門学校、全日本獣医師協同組合があるので常連さんです。(2015-06-01「NKビルの秘密」をご覧ください高度獣医療のVRセンターや大阪動物夜間急病センターも集まっているのがわかります)

研究会.JPG 第21回獣医病院病理研究会だったのです。

 めづらしく休日の診察がなく、ゆっくり寝させていただき、昼から地下鉄に乗りました。

リンパ腫分類.JPG 一番手はファーブル動物病院腫瘍科の先生。

 メインテーマであるリンパ腫の病理学的な分類を、僕たち臨床医がどう考えるかを教えてもらいました。

細胞診と生研.JPG リンパ腫かな?と思う病変があれば・・・

 針で突いて染色し(細胞診)、リンパ球ばかり採れてきてないか?そのリンパ球の形は変じゃあないかと調べていきます。最近では遺伝子検査(クローナリティー)もするようになりました。これは街の動物病院の獣医師(臨床医)の仕事です。
 また大きくなったリンパ節を切除したり、病変の一部を内視鏡でちぎり取ったりして専門医に見てもらいます。これは病理医の仕事です。この組織を診断してくれる獣医師(病理医)がリンパ腫を分類してくれるのです。

  その後、病理医である尾崎先生、賀川先生が病理学的な講義をしていただきましたが、臨床医にも十分ためになるお話でした。

 さて、あまり難しいお話は面白くないでしょうから・・・
 (自分も理解していないから?)

 興味津々なお話をば、、、

 NKビル(大阪市獣医師会が入居しているビル・2015-06-01「NKビルの秘密」参照)が進化しています。

 ハッピープレイス.png なんと老人ホームが建築中なんです。

 さて、この話は・・・次回に
  • (2017-07-24 00:23:27)
天正伊賀の乱の秘密
 前回紹介した映画『忍びの国』、原作は小説です。

忍び.jpg 作者は和田竜(わだりょう)先生。
 
 なんとなんと、脚本も書かれたのです。(最強の原作者やなあ~)

 舞台は戦国時代、バンバン頂上を目指す織田信長と忍者の国「伊賀」との戦いが描かれております。ド派手な忍者アクションだらけですが、結構史実に基づいているようです。

 忍者アクションに関しても、単細胞な僕は、オリンピックの体操選手を見るたびに、もっと命がけで鍛錬していたであろうから、映画のスタントは実際の忍者に近いと想像しています。

 史実に関して記載させていただくと・・・

 天正伊賀の乱は、伊賀国で起こった織田氏と伊賀国との戦いの総称であり、天正6年(1578年)から天正7年(1579年)の戦を第一次、天正9年(1581年)の戦を第二次とします。

 ほんまにあったんですよ!

 信長の次男・織田信雄(のぶかつ)は天正7年(1579年)9月16日、お父ちゃん(信長)にないしょで自らは8,000、柘植保重に1,500人の兵を率いさせ伊賀国に3方から攻め入りました。 ところが伊賀忍者はなかなか強く、伊賀十二人衆に大敗し、柘植保重は植田光次に討ち取られてしまいました。

 これが「忍びの国」のあらすじであり、史実です。

 信雄ちゃんはお父ちゃんにえらい怒られました。 
 手紙で「親子の縁を切る」とまで叱責されました。(第一次)

 でも、強いお父ちゃん(信長)は、天正9年(1581年)に軍令を発して、織田信雄を総大将に5万の兵で再び伊賀国に侵攻し、今度は攻略します。(第二次)

 タイムマシンがあれば、この戦い、見てみたいですよねえ~
 (いや、殺し合いなんで不謹慎ですが・・・本当の忍者の戦いが見てみたい)
  • (2017-07-18 00:30:46)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289