SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (275) , 獣医 (262) , 世の中 (207) , 食べ物 (191) , (142) , (117) , 政治 (103) , お知らせ (95) , 歴史 (91) , 近所 (82) , 病気 (61) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (31) , 漫画 (28) , 空手 (26) ,
ARCHIVES
眠宝来の秘密
 昨日(11/21)のお昼は、近所の中華屋さん『眠宝来』でいただきました。
 小学生の時から通っているお店で、鍋を振っている店長さんは、僕が小学生の時から「おっちゃんでして・・・」こっちがもうおっちゃんを通り越してきたというのに「まだおっちゃんらしく」頑張っておられます。

 大道南の自営業者の鏡じゃあないかと・・・
 (サイト大道南三丁目の夕日みてね)

 ここの五目そばが好きで、大きくなったら、これまた大好きな焼き飯にラーメンではなく、五目そばを追加できるような男になりたいと思っていました。

無題.png 歳食って白御飯しか食べれません!

 もう一つの楽しみは、店に置かれた『週刊ポスト』なのだ!
 いや、いや、○○○が脱いだ!ではなく、壇蜜の○○○・・・でもなく、

 嫁さんと腹抱えて笑いました。

一キロ.JPG 小学生、テストの珍解答です。
特盛.JPG 確かに、犬連れて注文しそうや!
パールハーバー.JPG ハワイが出身地なのか・・・?
主ぽしゅぽ.JPG 僕ならどっちも正解だ!

 ///一番面白かったのは、おかんのおバカメール///

メール.JPG やってしまいそうな気がする。。。
  • (2014-11-22 19:17:45)
健康保険の秘密
 昨夜(11/21)は映画『三丁目の夕日64』鑑賞会でした。

64.JPG 「三丁目」10/31・「続三丁目」11/7で、

 やっとこさ、このシリーズ終了です。
 僕の趣味に付き合っていただいた数名の飼い主さんや数頭のご愛犬、、、
 ありがとうございました。

 三丁目が昭和33年(僕1歳)続が昭和34年(僕2歳)64が昭和39年(僕7歳)が舞台なのです。昭和33年は東京タワーが建設中で、翌34年には鈴木オート一家が展望台に上がります。

 三作目の舞台1964年は東京オリンピックの年であり、7歳の僕は東洋の魔女やマラソンのアベベを覚えています。また新幹線開通の年でもあり、親父に名古屋まで試運転のひかり号に乗せてもらいました。

 三作とも入場券を買って何度も見た上に、DVD買ってまた観ています。
 それでも心に響きます。
 「昔はよかった」・・・冷静に考えると、公害だらけで、大気汚染もすごく、良くないことだらけでした。でも、なんか、タイムマシンで戻ってみたいと思います。

 64では、六ちゃんが結婚します。
結婚式.png 未来の旦那さん(菊池先生)とバカンスにでかけ、夜になっても帰ってこないと、近所中で心配します。
 よ~く考えたら、こんな町内に住みたくないと思います。
 「ほっといてくれ!」といいたくなるに違いありません。
 でも、現代、、、「ちょっとかまってくれよ!」と思い始めたのかもしれません。

 菊池先生はヤクザと付き合っているとか、風俗嬢と親しいとか、悪いうわさに包まれていました。でも、それは保険に入っておらず、医者にかかることができない人たちを無料で診察する運動家だったからなのです。

 ちょっと調べてみますと・・・
 1955年(昭和30年)頃は、農業、自営業などに従事する人々や零細企業従業員を中心に、国民の約3分の1に当たる約3000万人が医療保険の適用を受けない無保険者。このため、1957年度から4ヶ年計画で普及していき、1961年に完全普及されて国民皆保険が達成されたようです。

 それでも、色々な理由で保険がない人もいたようで、そういう方たちのために頑張るお医者さんもいたのでしょうね・・・
 
 だから、第一作の「三丁目」で六ちゃんが食中毒を起こした時、、、
sennsei.png 宅間先生が往診して注射したけど、

 保険がないから、結構高くついたはずなのです。
 そのころの自営業者(鈴木オート)は結構お金持ちだったはずです。
 64の頃の僕は川向こう(守口市)土井のあさひ通り商店街で育っており、商店主たちの羽振りのよさを覚えています。
 だから、なんとか、地元の商店街に活気が戻ることを望んでいます。
 日本の中流層が増えることを夢見ています。
  • (2014-11-22 00:13:02)
黄色いハンカチの秘密 3
 弱い男の子だったから不良は嫌いだ!
 と、言いつつ、、、本当は不良に憧れていました。

 なかでも、松田優作さんには憧れました。
 長身で、足も長く、自分にないものをすべて持っている感じで、、、

優作.jpg 指まで長くって、タバコが似合ったのです。

 背が低く、短足で、指まで短い僕は、タバコなんて似合うわけないと、不良にならずに済みました。
 ハリウッド映画『ブラックレイン』が遺作になり、天国に行ってしまいましたが、またひとり憧れの俳優さんが天に召されてしまいました。

 優作さんに比べると、天寿を全うされたと思いますが、でも寂しいのです。
 健さん、あなたにあこがれておりました。
 唐獅子牡丹の任侠映画の時代には、おじいちゃんに連れられて土井の東映に通って拝見させてもらっていたみたいですが、、、まだ子供で記憶がありません。

 東映を離れてからは、全部覚えております。
 「このままじゃあやくざ役しかできなくなる」と山田洋次監督と組んだ『幸せの黄色いハンカチ』には大・大・大感動!
 (2013-02-07「黄色いハンカチの秘密2」参照 )
黄色いハンカチ.png 1977年興業的にも大成功しました。

 寡黙で、我慢強く、一本筋が通ったという表現がもっともよく似合う男の人でした。僕なんぞ、しゃべりで、すぐあきらめ、あっちへフラフラこっちへフラフラするおっさんとは大違いです。一致するのは『不器用ですから・・・』ぐらいか?
 
 「黄色いハンカチ」の少し前(1975年)に撮った『新幹線大爆破』は名作です。

新幹線.jpg 2013-07-04「国鉄の秘密」参照

 時速○○キロ以下になると爆発するという設定はハリウッド映画『スピード』がパクっています。
 「黄色いハンカチ」と同じ年の『八甲田山』
 その後『冬の華』『駅』『南極物語』と名作が続きます。
 そして『鉄道員ぽっぽや』にはハンカチをボトボトにされました。

ぽっぽや.png 広末涼子さんがめっちゃかわゆい!

 色々、甲乙つけがたい名作だらけなのですが・・・

看板.jpg 僕的には『遥かなる山の呼び声』が・・・
ラストシーン.jpg 世界最高のラストシーンだと断言します。

 このシーンで泣かんやつは「人間じゃあねえ!!!」
 高倉健さんのご冥福をお祈りします。

PS:絶対2010-08-21「ラストシーンの秘密」読んでみて!
  • (2014-11-19 23:45:13)
モーニングセミナーの秘密
 さて昨日の日曜(11/16)も動物臨床医学会・年次大会出席です。
 と、ところが、やってしまいました。
 また、寝過ごしたのです。。。

モーニング.JPG 朝7:30からのモーニングセミナー

 キャンセル待ちの先生、、、もしいたら、ごめんなさい!
 本来ならば、手土産を持って、誤りに行かなければならないと思っております。
 『本当に申し訳ございません』

 心からそう思っているのですが、、、もう一人、僕の中の悪魔は、、、
 『サンドイッチ食べそこなった!!!』とつぶやいております。

 (行動学が勉強できなかったではなく・・・そこ、かい!)

 しかし、ランチョンセミナーは土日ともしっかり出席しましたよ!

弁当2.JPG 土曜日は新しい麻酔導入薬の話。
あるふぁ.JPG うちでは、もう使ってます。

1弁当.JPG 日曜日は猫に麻酔をかける時の話。
写真 1.JPG 講師は看護師に人気のS先生。

 なぜこれほどまでに無料の弁当にこだわるのか、、、
 スポンサーの競争を促し、弁当の質の向上を目指しています。
 僕だって、後輩の役に立ちたいのです。。。

 それを言ったら、一緒に授業を受けていたK先生が・・・
 「人間のお医者さんのランチョンセミナーは【なだ万】やでえ~」
 (ランチョンセミナーとは、無料のランチ付セミナーのこと)

 う、う、うらやまし~~~
 しゃ~ないですよね、市場規模が動物病院に比べると圧倒的に大きいもん。
 この部分だけは、お医者さんを妬んでいます。(人間ができてないから)
  • (2014-11-17 23:11:50)
原発0の秘密
 今日明日(11/15・16)は第35回動物臨床医学会・年次大会なのです。
 お知らせに記載したように、院長のみ休ませていただき中之島のグランキューブ大阪まで流星号(赤ビッツ)を飛ばしました。

写真 2.JPG  獣医学の授業も楽しみなのですが、、、

横.JPG 土日2日間のランチョンセミナーも楽しみなのだ。今回は日曜のモーニングセミナーまで申し込んでいるので、朝ご飯までただで食べようという魂胆です。(精細は2014-10-12「ランチョン弁当の秘密」みて)

 心配しなくとも(してへんて)弁当の写真は後日載せますが、今回のタグは『食べ物』ではなく『政治』・・・?
 
 じつは、元総理・小泉純一郎先生の講演があるからです。

原発0.jpg 総理の時の推進派から打って変わって、、、

 日本こそ原発0を目指すべきだと・・・

 原発はコストがかからなくてクリーンなエネルギーだ!、、、全否定されました。
 しかも結構説得力があったのです。

 あんまし、右も左も定義自体わかっていないのですが、、、
 原発0は左の人が言っていると思っていましたが、小泉先生は日本大好きで、日本自慢の講演でした。
 こんなふうに、最近、左右がわかりにくくなってきたと思います。
 僕は近隣諸国が言うほど過去の日本が悪かったとは思っていませんが、ボロかすに言われても仕方がないこともあったとは思っています。

 だからして、今の日本人は、左も右もよく見て、いいとこどりして生きていくべきなんだなあ~と思いました。

 で、もひとり重要人物に合わせていただきました。
 北九州市小倉のロッキー動物病院・院長の岩成先生です。
 2011-02-01「老舗の秘密」に書きましたが、じつはロッキー動物病院って全国に3件あるんです。その中でうちが一番古いと思っていました。

 「老舗にあいさつに来ないなあ~」などと恥ずかしげもなくブログに書いたりしてました。
 と、ところがどっこい、、、岩成先生のほうが先輩だったのです。
 いつか、あやまらねば、、、と、思っていました。
 その日が来ました。
 学会の名札を見て気が付きました。
 自分の名札をさしだし、、、「おんなじ大阪のロッキーです」
 「先生、すんません!」

 怒るどころか微笑んで、許してもらえました。。。
 ホッとしました。

PS:ランチョン弁当は後日乗っけます。
  • (2014-11-15 23:21:58)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279