SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (271) , 獣医 (252) , 世の中 (203) , 食べ物 (184) , (140) , (117) , 政治 (101) , お知らせ (92) , 歴史 (86) , 近所 (79) , 病気 (60) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (30) , 漫画 (28) , 空手 (25) ,
ARCHIVES
怖い話の秘密
 なんか、、、本業の話をするのが嫌というか、恥ずかしいというか・・・
 犬や猫の病気ことを避けて、映画の話なんぞばかりしてきました。

 が、心を入れ替えました。

 やっぱり、これでも獣医師のはしくれ、、、
 『飼主さんに伝えたい犬や猫の病気の話』だってあるのです。
 「そ~いうのは、僕以外の獣医さんの役割」って思ってきましたが、驚くべきことに、ちょっとづつ読者の方も増えてきたようで、、、
 
 「伝えなくっちゃ!」と決断しました。

レプト.jpg  先日送られてきたワクチン普及会のパンフレット

 レプトスピラワクチンの重要性を訴えるパンフなのですが、気になる記述が

 ---------------------------------- 

      「静岡県S先生(獣医さん)の怖~いお話」

 その先生は、ある日ある時、レプトスピラの犬の治療中、アンプルで手を切りました。5日が経って微熱が出て病院に行くと『風邪』と診断されました。
 翌日さらに体がだるくなり、白眼が黄色く(黄疸)変化していくので「レプトスピラ?」と思い血液検査を依頼しました。結果はGOT・GPTが上昇(500以上)しており肝炎と診断されました。
 医師にレプトスピラ感染の可能性を伝え、総合病院に入院することになったのですが、紹介状には肝炎としか書かれておらず、総合病院にも「レプトスピラの犬を10日ほど前に治療してます」と伝えたにもかかわらず、肝炎の治療しかされなかったのです。
 症状はどんどん悪化、黄疸、血尿は進行して「たのむからレプトスピラの検査して!」と言い。結果はもちろん陽性。レプトスピラの治療開始とあいなりまして無事生還されたようです。

 ----------------------------------

 レプトスピラのワクチンは、ダックスフンドに多い「ワクチンによる顔はれ」の原因であることが多いとされ、8.7種ワクチンからレプトスピラを除いた6・5種ワクチンを接種する場合もあります。(うちでも多いです)
 その場合には、上記のリスクがあることを知っておいてください。
  • (2012-05-16 15:07:20)
華岡流の秘密
 また、また『仁』の話になりますが、、、
 西洋医学館にいて、後に南方先生と一緒に仁友堂を始める蘭学医に、あの、腑分け(死後の解剖)をした大阪弁の佐分利先生がいます。

佐分利先生.jpg ←桐谷健太さん演じる佐分利先生(右)

 この人、隠してましたが華岡流の医者だったのです。
 華岡流とは華岡青洲というお医者さんが開祖(・・・って言うのかな?)でして、
 この先生は蘭学も漢方も病人を助けるという目的は同じで、両方学んで、両方で治療したら良いという考え方だったようです。

 なんと、文化元年10月13日(1804年11月14日)、60歳の女性に対し、通仙散による全身麻酔下で乳癌摘出手術に成功しています。南方先生がタイムスリップして江戸時代にやってくるのが文久二年(1862年)ですから、南方先生が野風さんの乳癌摘出する60年くらい前に成功しているのです。

 で、この通仙散という麻酔薬、トリカブトの毒なんか使っており、かなり危なっかしい薬だったらしく、人体実験によって華岡青洲先生はお母さんを亡くし、妻を失明させています。
 だからか、華岡流はかなりの秘密主義で、、、佐分利先生もドラマでは、華岡流であることを秘密にしておりました。

 日本の習いごとと言うか、芸事、武道、剣術ってみんな細かく○○流って別れてますよね。
 このことについて、伝統文化プロデュース「連」代表の濱崎加奈子先生が小阪祐司先生との対談で語られているのですが・・・

 全て『型』で伝えられていくのだそうです。
 じつは、私、空手を齧ってはいますが、、、型が苦手というか、よ~するに、練習嫌いだったわけなんですが、、、

 伝承において、結局のところ「型」が、一番合理的らしいのです。
 日本舞踊でも、お茶でも、、、
 「なぜ、ここで左手を挙げるのか」は説明されずに、真似だけさせるそうです。
 で、各自が「なぜここで左手を挙げるのか」を考え、解釈していく過程が大切であり、それで各自の完成形に近づいて行くらしいのです。

 そら、そ~ですよね。
 秘密ですが、私のような金八先生と瓜二つの体型人間とテルマエロマエの阿部寛さんでは、同じ空手の型でも解釈が違ってもおかしくないです。
 つまり、私ならかなり近い距離からハイキックを出せますが、阿部寛さんでは、その距離からは無理でして、ひざ蹴りになってしまうということ、、、端的に言うならば、私の足の長さはテルマエロマエの1/2ちゅうことです。(これでも長く見積もりすぎと嫁はんが言うてる)
 
阿部.jpg  恐るべし「顔の平たい族」

 いにしえより日本人(顔の平たい族)が見つけた合理的伝承法が○○流に伝わる『型』だったんですね。
  • (2012-05-14 00:14:17)
子宮捻転の秘密
 先日、恐ろしいものに出くわしました。
 犬や猫の病気の治療でご飯を食べていくようになって30年が過ぎております。
 が、はじめて、犬の子宮捻転を経験させてもらいました。

 妊娠などで子宮が膨らんだ時によく起こるらしいのですが、子宮がゴロンとねじれてしまう状態を指します。
 私が見た症例は子宮蓄膿症と診断しておりました。子宮の中に膿が貯まった状態です。高齢だし、太っているし、飼主さんの希望もあって内科的な治療を試みたのですが、細菌を殺す抗生物質と外国のホルモン剤を使ってもなかなか良くなりません。

 「膿が出ないタイプ(閉鎖型)だと破裂してしまう!」と手術しましたところ。
 開腹すると、おなかから出せないくらいのでかい子宮があり、よく見るとねじれまくっており『犬の子宮蓄膿症を伴った子宮捻転の一例』でした。

 検索しても一例ぐらいしか出てこないので、めずらしい症例だと思います。
 かなり苦労して取り出しましたが、、、今では元気になっており、、、
 飼主さんにも・・・「よかったね~~~」
 
tenngu.jpg んでも、鼻を折られました!!!

 
 それは、はまっている『 仁 』を見た時です。
 前回、名言をご紹介しましたが、個人的に私の心に一番グサっときたのは・・・

 南方先生の言葉
 「これまで手術を成功させてきたのは俺の腕じゃなかったんだよ。今まで誰かが作ってきてくれた薬や技術、設備や知識だったんだ」

 自分の周りにはセンス抜群の同業者が多くて、センスはなくても、謙虚さだけは持っているつもりでいたのですが、、、南方先生のような高レベルのテクニックもないくせに『助けた!』なんて想っていた自分、、、治療したのは自分一人じゃあなく、スタッフの力だけでもなく、それに悩んでもがいた先輩獣医の力、治療薬を世に出した方たち、医療機器を開発した人たち、、、つまりは総力戦だったのです。

 緒方洪庵先生が、咲さんや、若い蘭学医と机を並べて南方先生の講義を聞いているシーン、秘密ですが、これからは正座で見る事にします。

手術道具.jpg  江戸時代の手術道具です。
  • (2012-05-12 00:15:32)
橘恭太郎の秘密
 恭太郎?・・・って

 『Jin 仁』ですやん!

 漫画10巻まで大人買いして、数日の夜更かしで読破。
 「おもろい!」を連発しとったら・・・
 
 ありがたいことに、勤務してくれているH先生の旦那さんがDVDを持っとって、貸してくれるって、、、

 飛んで火にいる焼きサンマ?
 のら猫に焼きサンマ?
 ここであったが焼きサンマ?  ともかく 借りたんですわ!

 はまった!はまった!全身ズブズブ。。。

恭太郎.jpg DVDセット解説書(自腹はつらい3万弱)

 まず感じたこと・・・

 脚本、森下佳子さん、すごい!
 漫画でもびっくりするくらい面白かったのに、すれまくったオッサンでも毎回(毎週)涙ボロボロ垂れ流すくらいの山場を持った脚本書くなんて、、、

 ばけもんか!、、、調べてみましたがな、、、

 1971年1月24日生まれのB型、大阪府高槻市出身、東京大学文学部宗教学科卒
 私の14歳下、ご本人が前田明さんと誕生日が同じで一回り下なんて言うてはるところを見ると、きっと私とおんなじ炭水化物中毒でソース大好き大阪人じゃあないかと・・・
 ちなみに前田明さんはうちの近所出身の二つ下の格闘家です。


 で、このドラマ名言だらけなんです。

 ずっと語られるのは、南方先生の現代での恋人である未来が言う
   『神様は乗り越えられる試練しか与えない!』

 第5話に登場する重症の梅毒患者夕霧が野風に言う
   『泣いても一生、笑うても一生、ならば今生泣くまいぞ』

 私が表彰状を与えたい名言No1は・・・
 恭太郎がいれあげたおいらん、初音に言われた
   『小さい杯(さかづき)も良いものですよ』

 現代から文久二年(1862年)にタイムスリップした南方先生は刺客に襲われます。それを救ったのが橘恭太郎でして、やがて妹の咲とともに先生を手伝うようになります。
 最先端の現代医学を身に付けた南方先生を世間がほっておくわけなく、先生の周りには自然に歴史上の有名人、つまりは大きな器量を持った坂本龍馬、勝海舟、緒方洪庵等が集まって来るのです。
 恭太郎は劣等感に打ちひしがれます。
 自分の器量のなさ、器の小さな自分に・・・

 その時、初音が恭太郎に声をかけるのです。
 恭太郎はものごっつ安心したのです。

恭太郎.jpg 咲のお兄さん橘恭太郎です。

 秘密ですが恭太郎よりもづっとづっと器の小さい私は、彼に一番感情移入しました。
 今、私の頭の中は、北の国からのテーマ「あ~あ~、あああああ~あ♪♪♪」から仁のテーマ「あああ、あ~あ~あ~、あ、あ、あ~、あ~♪♪♪」に塗り替えられています。
  • (2012-05-10 15:38:43)
小沼シュウの秘密
 北の国から『95・秘密』
 宮沢リエさん演じる小沼シュウ
 私、純(吉岡秀隆さん)はシュウと結婚して欲しかった!

シュウ.jpg  純は今、ゴミ収集の仕事をしている。
 
 自衛隊を退官した正吉と二人で富良野にアパートを借りて住んでいるのだ。
 そんなあるゴミ収集の日、純は以前間違って古時計を捨ててしまったと泣いていた女性と偶然再会する。その古時計は純が修理して五郎の石の家に飾っていたのだが、それを純はその女性に返しに行った。

 純とシュウの出会いです。
 一日一日、近づいていく純とシュウ。

 でもドラマと言う奴は残酷で、必ず、障害がやってくるのです。
 シュウには秘密がありました。

 東京でアダルトビデオに出演していたのです。
 「過去を消せる消しゴムがあったらいいのに」とつぶやくシュウ。
 基本的に私と同類の『根性なし』純が気にしないわけがありません。

 でも、、、父、五郎は、、、
 「誰にでも消せない汚れはある」と言い聞かせるのでした。

 五郎は純を車に乗せて、シュウが待つ北時計に送って行く。
 何時間も待ちつづけていたシュウは自分の過去を手紙に書いていました。
 読んで聞かせるシュウ。
 たまらず手紙を取り上げる純。
 「今度の日曜日、山部山麓デパートに行かないか?」
 うなずくシュウの目から涙がこぼれる。


------------------------------------------------------

 1995年、まだ38歳の私。
 たまらんスよ! リエちゃん!
 「サンタフェ」買う勇気もなく、置いてある喫茶店を探し。
 貴乃花との婚約騒動に想いを馳せ。

 「純!勇気出すんや!」と叫んでおりました。

 そんな今日「宮沢リエさん離婚」とのニュース。
 北の国からで結ちゃんと結婚した純、すぐに離婚しちゃいましたが、ナント私生活でも別れ、現在独身の吉岡秀隆君。

 秘密やけど、純とシュウ(吉岡秀隆と宮沢リエ)
 
     「ほんまにくっついたらええのに・・・」

PS:過去のブログ「運の秘密(女性編)」 09/02/03
   女子中学生・女子高生、もし、こんな駄文見てたら、読んだって!


  • (2012-05-08 19:06:21)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271