SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (330) , 獣医 (287) , 世の中 (259) , 食べ物 (212) , (156) , (134) , 歴史 (125) , 政治 (114) , お知らせ (103) , 近所 (100) , 病気 (66) , (63) , 人生訓 (54) , お笑い (43) , 空手 (39) , スポーツ (37) , 漫画 (34) ,
ARCHIVES
悪人の秘密
 前回は、自粛警察なんかやってる人は「善人」なんでしょうねと皮肉を言ってしまいました。
 ブログで文句言ってる僕自身「善人気取りなんじゃあないか!」と言われてしまうかもしれませんが、、、

 僕は自分のことを『悪人』だと思っています。
 そのことを一番自覚するのはパチンコで一万円負けた時です。
 (最近はほとんどやりませんが・・・言い訳すな!)

 「1万円あれば難民の5人家族の一か月分の食料が調達できるのに!」

 だったらやめればいいのに、、、暇が出来たらうまくいけばなんて考えて、うるさい店内に迷い込んだりしてたのです。
 だから、パチンコ屋さんで行列作る人を見て「こんな時期になあ~」と思っても、批判できる人間じゃあないなあ~・・・なんて思うのです。

 豚も牛も、結構かわいいのに、、、
 自分の手は汚すことなく、殺してもらって食べています。
 職業柄、屠畜するシーンを見たことがあるので、余計に「悪人」の自覚があるのでしょう。
 そのくせ、お肉が大好きです。

 半世紀以上昔、当院の駐車場には祖父母の家があり鶏を飼っていました。
 夕方になるとかごに入れて毛布を掛けて眠らせるのが僕の役目でした。
 隣の大宮神社のお祭りの日になると、その鶏が一匹減るのです。
 「すきやき」に化けてしまうのです。
 これがおいしく、今でも牛すきよりかしわのすき焼きが大好きです。

 おじいちゃんはやさしく、鶏を殺せませんでした。
 当時、自転車で売りにやって来る魚屋さんに頼んでいました。
 5歳の僕はしゃがみこんでそれを見ていたのです。
 その場所で将来動物病院を営む原点だとも言えます。

 その「悪人」の自覚があるからか、犬や猫は助けようとするのかもしれません。
 当時の子供は、カエルは殺すし、バッタの足はもぎ取るし残酷なことをしていました。そしてその残虐さを自覚する年齢になると、その行為を恥じていた気がします。

 結構「悪人の自覚」って必要なんじゃあないかって思うのです。
 同時に「善人の自覚」って、独りよがりになっていないか確認する必要があると思い、常々注意しています。

 牛や豚を思いっきり食べながらクジラはかわいそうと言う方、、、
 悪人としての自覚がないんじゃないかな???
 僕だって犬を食べるのには大反対します。なぜなら飼っているからです。そのかわいさを体験しているからです。
 クジラを飼ったことある人って、、、いるのかなあ?

PS:善人だとは思っていないつもりですが、つい言う資格もない文句を記載してしまいます。お気に障りましたらご容赦お願いします。
  • (2020-05-08 02:32:59)
自粛警察の秘密
 世の中大変な時期に、のんきなブログをお許しください。
 こんな時期だからこそ、言いたいこともあるわけでして、、、

 4つ前に書いた2020-04-11「セルフロックダウンの秘密」に掲載したサッカーの三浦知良さんことキングカズの言葉です。

 「都市封鎖をしなくたって、被害を小さく食い止められた。やはり日本人は素晴らしい」。そう記憶されるように。力を発揮させるなら今、そうとらえて僕はできることをする、ロックダウンではなく「セルフ・ロックダウン」でいくよ。 

 諸外国と違って、逮捕もされないし罰金もなく、、、自粛だけでこんなにも成果を上げつつある日本人をとても誇らしく思っています。おそらく近い将来、これまでの地震や津波、台風や土砂崩れなどの時のように、外国の方から「スゲエー」と褒められるんじゃあないかなと思っています。

 しかし、、、しかしですよ、、、

 自粛警察なるものの出現に関しては、世界に恥ずべきことだと思います。

 個々のお店の事情があり、あくまで自粛なんですから、、、
 警察なんて言葉を使うこと自体、こんな時期にも頑張っておられる警察官の方に申し訳なく思います。
 「休業しろ!」なんて貼紙する輩は、強権発揮できて簡単に都市閉鎖できるような、国のリーダーの悪口が言えない国に移住したらいいんじゃあないかと思ってしまいます。
 川遊びでおぼれた少年に、また石を投げるような言葉は、助かっているならまだしも亡くなられているんだから許しがたい行動です。

 たしかに僕だって、この非常事態の時期にパチンコ屋に並んでいる人たちを見て「ええかげんにしたら?」とは思います。
 「こんな時に川遊びするか!」
 「鳥取砂丘に行くんかいな!」
 ・・・とは思いますが、人前や、ネットで叫ぼうとは思いません。


 叫んだり、貼紙したりする人って、きっと『善人』なんでしょうね?
 かなり昔なんで恐縮ですが、、、

浮浪雲.png ジョージ秋山先生の「浮浪雲」です。

 「善人ほど怖いものはない!」と勉強しました。
 (2013-03-07「浮浪雲の秘密」に書いてます)

 ある時、主人公(浮浪)は、奥さん(かめさん)からとある女性に対して近所の奥さんたちが怒っていることを聞かされます。僕なら「うっとおしいなあ~」という顔をして立ち去ってしまうのですが・・・
 浮浪は頬笑みを浮かべながら最後まで聞きます。(これができんわ!)

 そしてこう言うのです。
「かめさん、それは皆が善人だからですよ」
「あちきなんざ~、悪人なので、人の行いなんぞ、何とも思いません」
「善人だから、悪いところが目に付くんじゃあねえでしょうか?」

 読んだのはまだ学生の頃でしたが、善人ほど怖いものはないという逆説めいた言葉なので、印象に残りました。
 そして、獣医になり、捨て猫に餌だけ与える方を見て思いだしたのです。
 こういう方は確実に「善人」なのです。
 善人だからこそかわいそうな子猫の面倒をみてしまうのです。
 僕のように悪人だったら、自分が大金持ちで、広大な敷地のお家に住んでいたらいいけど、避妊手術、食事代、トイレ掃除、、、などなどできないことだらけで、目をつぶって通り過ぎるのです。

 もちろん最近ではそんな非情なことはなく、みんなで手術代をねん出し、みんなでお掃除し、町内会にも理解をしてもらって街猫として生きている子たちもいっぱいいます。
 でもいまだに、避妊手術のことは何も考えず食事だけ運ぶ方は、自分の都合だけでやりたがり、皆で行動するボランティアに参加しない方が多いのです。

 自粛警察と呼ばれてしまう方々も、きっとこのような怖い善人なんでしょうね。

PS:自腹で避妊手術をされて、必死で野良猫を救っている方も存在しており、本当の善人だと尊敬しています。
  • (2020-05-07 14:34:40)
1%の秘密
 僕みたいに不勉強な輩がタグを「政治」にすることをお許しください。
 なにせ新型コロナのおかげで、世の中荒みまくっている時ですので、、、

 あの、2チャンネルのひろゆき(西村博之)さんの発言に思わず膝を打ちました。

 「みんなに配られる10万円を富裕層から取り戻すのだったら、所得税を1%あげればいいじゃあないか?」

 そうなのです。
 その通りで、非常に合理的な考え方でして、手間も費用もあまりかからない超優秀な方法だと思います。

 でも、しかし、、、

 ぜひとも、2017-12-12「筋肉の秘密」や2014-12-16「圧勝の秘密」をご覧ください。
 
 「筋肉」では引退された島田紳助さんの名言「老後に必要なものは金と筋肉と友達や!」を紹介していますが、、、
 日本の所得税の変遷を記載しています。(一応コピーしときます)

      1974年の最高税率が75%、
     1984年の最高税率は70%、
     1987年の最高税率は60%、
     1989年の最高税率は50%、
     1999年の最高税率は37% 

 獣医さんは富裕層だなんて思っている方もいるようですが、少なくても自分は違うので言えるのかもしれません。
 『こんだけ下がってますねんで!』

 「圧勝」では、総選挙での自民党の圧勝をみて、野党に頑張ってほしい旨を伝えています。
 『なんで、富裕層の所得税率が下がっていることを国民に伝えないんや!』
 『国防に関して無視しすぎだから若者の支持が得られないんや!』

 ・・・なんて、言うべき資格がないにもかかわらず、吠えまくってしまいました。

 ひろゆきさんの案、たった1%にもかかわらず、採用されないだろうと予想します。
 財務省(旧大蔵省)が絡んでいるのか不明ですが、、、消費税は取りたがるのに、累進課税は低く設定したいようです?
 僕は『富裕層の所得税率を上げて、それでも足りなかったら消費税率を上げてほしい』とずっと主張しています。なんで、日本の野党は、消費税率アップは反対するのですが『富裕層の所得税率を田中角栄首相の頃に戻せ!』とは言ってくれないのかな?

PS:もしお暇でしたら、右上サーチで「所得税率」と検索してみてください。田中角栄さんのころの富裕層の税率が可愛そうなくらいに高いことをあちこちに記載しています。
  • (2020-05-04 02:55:16)
たむけんさんの秘密
 2020-02-21「一国二制度の秘密」に記載しましたが、、、
 
 (耳タコで申し訳ございません)僕はみんなで働いた利益をみんなで分けるシステムは「だったら俺は寝とこう」となり、働いたら働いた分の利益をもらえるシステムに生産性では勝てないと思っていました。
 しかも寝ている奴を起こさねばならず、強権発動が必要になるため、国民は拒絶反応を示すだろうと予想していました。

 ところが強権発動可能な資本主義は、結構強いということが証明されました。
 
 (耳タコで申し訳ございません)新幹線を通すと決定された場合、日本やアメリカでは弁護士が登場し膨大な立退料を請求します。ところが強権発動可能国なら『のいて!』の一言で済んでしまいます。しかもぐんぐん経済成長して、国民が豊かになっていく実感がありさえすれば強権を容認してくれるんです。

 おまけに今回の新型コロナのコントロールにおいても強権発動はとても有効です。
 都市封鎖も移動制限も自由自在、顔面認証もやり放題、感染者の立ちより先も接触者もプライバシーなんてありません。

 これは強い!!!

 強権発動可能国が経済においても、ウイルス感染のコントロールにおいても強いとなると、アフリカ諸国は強権発動可能国になるでしょう。
 リーダーの悪口言っても良い国、いわゆる西側諸国は、親分のアメリカはボロボロで、ヨーロッパもヨレヨレです。
 このままいけば、世界は自由にリーダーの批判ができなくなるかもしれず、そうなってから強権国家に逆らう勇気のない僕は、あせっているのです。

 なんとか持ちこたえている日本と韓国も、喧嘩している場合ではなく、ウイルス感染コントロールを自主規制で持ちこたえなければ・・・



 たむけんさんはアウト!
 逮捕です!!!(2019-09-20「特高警察の秘密」をご覧ください)
 世界中がリーダーの批判できない国になってしまうことを危惧しています。
 (えらそうに政治に関することなど語ってはいけない人物がぶつぶつしゃべって申し訳なく思います。民主主義の危機であることをマスコミが全く言ってくれないので、僕のような臆病者は心配で仕方ありませんから・・・)

 売り上げが無くなり、今月の家賃や従業員のお給料にせっぱつまっている事業主や勤め先を失った人も多い中、未来の話をして本当に申し訳ありません。今は今月、今日のことが最優先されるべき事態です。悠長なこと言ってお怒りの方もいると思います。でも、未来のこともちょっとだけ考えてみました。

PS:お断りしておきますが、僕はリーダーの批判できない国が嫌なだけで、その国の国民を嫌がっているわけではありません。批判できる国になったほうが国民も幸せになると思っています。(2020-02-18「留学生の秘密」をご覧ください)

  • (2020-04-18 11:19:37)
教訓1の秘密
 加川良さんの歌『教訓1』はっきり覚えております。
 調べたら1970年、大阪万博の年、僕は中学一年生です。

 ----------------------------------------------------------------------

 命はひとつ 人生は一回だから 命を すてないようにネ
 あわてると つい フラフラと御国のためなどと言われるとネ
 青くなって しりごみなさい にげなさい かくれなさい

 御国は 俺達死んだとて ずっと後まで 残りますヨネ 
 失礼しましたで 終わるだけ 命のスペアはありませんよ
 命を捨てて 男になれと 言われた時には ふるえましょうヨネ

 そうよ私しゃ 女で結構 女の腐ったのでかまいませんよ
 死んで神様と 言われるよりも 生きてバカだと いわれましょうヨネ
 きれいごと並べられた時も この命を捨てないようにネ

 ----------------------------------------------------------------------

 もう半世紀たってしまった。
 当時男の子は母親から、今では怒られてしまう言い方「女の腐ったみたい」とよく叱られていました。
 そして今以上に反戦運動が盛り上がり、第二次世界大戦当時の政府批判が飛び交っていました。



 今回の新型コロナウイルスにおける緊急事態宣言で、自宅待機する皆さんのために杏さんがカバーしてくれました。
 テーマが反戦ではなく「きちんと命を守ろう」ですが、、、

 見事な選曲です!!!(じつは意味深なんですよ!)

 ぜひとも2020-03-21「パンデミックの秘密」を読んでいただきたいのですが、今回の新型コロナ感染のコントロールは戦争だと思っています。

 国のリーダーを批判しても良い国VS批判したらどえらいことになる国

 何度も書いていますが、小林多喜二先生のように有事に国の方針に逆らう勇気を持たない僕は、批判可能国が負けて批判不可能になる前にひどく怖がっています。
 (2019-09-20「特高警察の秘密」参照)

 自由に批判可能な国の親分『トランプのバカ』がボロボロです。
 イタリア、スペインなどヨーロッパはひどい有様です。

 対して、批判できない国は都市封鎖も自由自在、個人の足取りを掴むことなど朝飯前です。
 アフリカの国々は、もともと独裁国が多いし、この方針を真似するでしょう。

 そしたら・・・(つづく)

PS:お断りしておきますが、僕はリーダーの批判できない国が嫌なだけで、その国の国民を嫌がっているわけではありません。批判できる国になったほうが国民も幸せになると思っています。(2020-02-18「留学生の秘密」をご覧ください)
  • (2020-04-18 02:55:36)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341