SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (281) , 獣医 (273) , 世の中 (216) , 食べ物 (195) , (144) , (119) , 政治 (104) , 歴史 (97) , お知らせ (97) , 近所 (83) , 病気 (61) , 人生訓 (50) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (34) , 漫画 (28) , 空手 (27) ,
ARCHIVES
失敗の本質の秘密 2
 失敗の本質と言う本があります。
 副題として『日本軍の組織論的研究』と書かれています。

 簡単に言うと「なんで日本軍が第二次世界大戦で負けてもうたか?」です。
 敗戦の理由を突き詰め今後の経済に利用するためのものです。
 6名の研究者(戸部良一、寺本義也、鎌田伸一、杉之尾孝生、村井友秀、野中郁次郎)による共著であります。
 防衛大学の先生方が多いのですが、、、
 著者の一人 野中郁次郎先生は野中 郁次郎先生は、経営学者として超有名な方でして、防衛大学教授、一橋大学名誉教授、カリフォルニア大学バークレー校特別名誉教授です。
 2002年に紫綬褒章受章。2017年にカリフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクールから同大学最高賞の生涯功績賞を史上5人目として授与されたすごい先生です。

 で、えらそうに書いてますが、こんな分厚い学術書を僕が熟読できるはずもなく、、、
  
超入門.jpg 読んだのはこれ、入門書です。

 ぜひとも、右上サーチで「失敗の本質」を検索していただくとぎょ~さん出てきます。日本軍の欠点は日本人の欠点でもあり、とても考えさせられます。
 お忙しい方のために2016-07-27「失敗の本質の秘密」を少しコピーします。

------------------------------------------------------------------------
 日本人は技術を突き詰めるのは、アホみたいに得意なのです。
 例えば「0戦」、、、めちゃくちゃ性能がよかったのです。それに「永遠の0」の宮部さんでわかりますようにパイロットもメッチャ優秀なのです。アメリカのグラマンは一発で0に後ろを取られてしまい機銃掃射の餌食にされました。
 アメリカは黙ってみていたのか・・・
 「0とは一機で戦うな!」という命令を出しました。
 0に一機の後ろを取らせて、もう一機がその0の後ろを取るという戦法を開発しました。
 また、日本のパイロットは機銃掃射も抜群の命中率を誇りました。
 これには、当たらんでもそばをかすっただけで0にダメージを食らわせる弾を開発したのです。

 そう、アメリカはルールを変えてしまうことが、めっちゃ得意なのです!
------------------------------------------------------------------------

 これが、、、僕が前々から記載しているアホな妄想「スマホ陰謀説」に絡んでいるのです。


  • (2018-10-01 18:18:44)
2045の秘密 2
 前回スマホには陰謀が隠されているのでは???
 なんて、、、SF好きの中学生のようなことを書いてしまいましたが、、、
 僕の中学時代とは違ってめっちゃ賢い、とある中学生が作った動画を見ていただきましょう。



 ぜひとも2016-03-19「2045の秘密」をお読みください。
 できれば2016-03-19 「技術的特異点の秘密」もね・・・
 (右上のサーチで2045を検索してみて)

 テクノロジーが急速に変化し、それにより甚大な影響がもたらされ、人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうような、来るべき未来のことを技術的特異点(Technological Singularity)と言うらしです。
 だからして具体的には、人工知能「AI」が人間の能力を超えることで起こる出来事というふうにとらえられる場合が多いようです。

 コンピュータ技術が今のスピードペースで発達し続けると、ある地点で地球全人類の知能を超える究極のコンピューター「A・I」が誕生するそうです。
 どうもこれが2045年と予想されているようなんです。

 そして、その「A・I」がその後更に自分よりも優秀な「A・I」を作りあげ、更にその「A・I」が次のもっと優秀な「A・I」を作り・・・爆発的スピードでテクノロジーを自己進化させ、人間の頭脳レベルではもはや予測解読不可能な未来が訪れる・・・

 なぜなら、「A・I」が人間には考えることができない発明をし続け出すから、
 だからして、人類最後の発明は最初の「A・I」を開発することであり、ここ2045年が技術的特異点(シンギュラリティ)と呼ばれるポイントなのだそうです。

ターミネーター.jpg 映画「ターミネーター」では・・・

 スカイネット社のAIが人類に対して反乱を起こします。

matorikkusu.png 映画「マトリックス」では・・・

 人類はAIに支配された後の世界が描かれています。

 AI開発については、あのビルゲイツさんやホーキング博士は「そろそろやめたほうがええんとちがう?」と言っておられるんです。

 ターミネーターやマトリックスの世界が現実に近づいてきていると・・・

 僕もそう思っており、、、
 ひょっとしたらスマホは人類支配の最初の一歩ではないかと疑っているのです。
 (使ってますけど)
 最初は支配者層の味方をしてスマホで学習させ、一般人にはゲームにはまらせ脳の機能を奪って支配しやすくしているのではないかと、、、

 世の中の支配者層に友達はいませんが、、、
 こんなブログ読んでるはずもないですけど、最終的な頂点はあなたたちではなくAIですよと警告しておきます。
  • (2018-09-29 10:34:58)
スマホの秘密
 ぶっちゃけ、誰かの陰謀ではないかと疑っております。

 皆さん、車で出かける方なら「うんうん」と頷いていただけるはず。
 昔々、地図を見ながら出かけた時のことを思いだしてください。

大阪地図.png2回目は地図なしで目的地に行けましたよね。
カーナビ.png ナビになったたら2回目行けないでしょ。

 これって、一見便利になって「進化」だと思いますが、、、
 今月初め(2018-09-01「コンビニの秘密」)に記載したように「退化」なんじゃあないかな?

 しょっちゅう地図を見ていた、僕らおっさんはいいですよ。
 問題は地図を見る習慣のない若い方々です。
 目的地が現在の北側に当たるのか、南側に当たるのか、、、
 全く現在地と目的地の方向がわからなくなってしまっています。

 固定電話を使っていた頃は、かなりの数の親戚や友達の電話番号を語呂合わせで暗記してましたよね。携帯になって自分の番号すら覚えなくなってしまった。

アイフォン.jpg やっぱり【進化】ではなく【退化】です。

 現在の若者(だけでなく僕も)はスマホが脳の一部になっていると言われている時代です。
 スマホが加わった分、脳の容量が増えているならいいのですが、、、
 スマホによって増えた容量以上に、本来の脳の容量が減っているのではないかと危惧しています。

 冒頭で僕は陰謀説を唱えました。
 スマホを使って色々学習する人も増えています。
 けれどもゲームにハマっている人はもっと増えています。

 支配者層はスマホの機能を使って学習し、より本来の脳を鍛えているのです。
 一般庶民はできるだけ生産性のないゲームにハマらせて、本来の脳の性能を減らさせて、逆らわず、低所得で満足してしまうように持っていかれてしまっているんではないでしょうか?

 どこかのタレントさんとお付き合いしているお金持ちが、宇宙旅行をするらしいという話題で持ちきりの世の中ですが、、、

 結構当たっているかもしれませんよ。
  • (2018-09-24 10:12:23)
猫の通院の秘密
 さて、前回は猫の神経病について記載しましたが、、、
 犬に比べると猫は診察室で緊張しまくって神経学検査もやりにくい。だからこそ飼主さんの協力が必要と結論を述べました。

 だったら、どう協力すりゃあいいの?

 まず新しく子猫を飼い始めた方向けに記載させていただきます。
 目的は『動物病院に行ってもリラックスできる猫になる』であります。
 
上開き.png まずはキャリー選びから・・・

 子猫の大きさでキャリーを選ぶと大人になったら小さすぎてしまいます。
 『大は小を兼ねる!』で選びましょう。

横開き.jpg とびらは横開きよりも上開きで、、、

 なぜなら動物病院で出てきてもらう時に苦労するからです。
 たいてい猫は「出たくないわ」とキャリーに立てこもりますので、上が開く方が取り出しやすいのです。

 本来は猫が自分から進んで出てきてくれるのが理想で、当院も猫が自主的に通院してくれる病院を目指しております。
 (しかし現実にはうまくいかない場合も多いので・・・)

 ハードタイプ(硬いキャリー)は自転車やバイクでの通院において転げ落ちた場合などを想定すると安心です。
 しかしながら診察時に「バタン!」と閉まっちゃて猫が「ドヒャー」となって、トラウマになってしまう場合があります。つまり猫にとって【動物病院=恐怖の館】になってしまうのです。

ソフト.png そ~考えるとソフトタイプの方が、、、

 ところが布製は洗いにくい!

お部屋.jpg 動物病院的には・・・

 キャリーはいつも過ごしてる部屋に置いておいて、その中でおやつを上げたり、眠ったり、、、よ~するに猫にとって安心できる場所にして欲しいのです。

 そ~考えたらハードタイプがいいですよね。
 ともあれ、リラックス通院ができるようになってほしい。

PS:もうリラックスなんかできない猫さんについては、また、、、
  • (2018-09-19 15:34:43)
猫の筋肉の秘密
 前回に続き、、、またもやこれ見よがしにセミナーに出席した話です。
 昨日(9/14)も診療終了後、箕面の北摂夜間救急動物病院へ車を走らせました。

志学会.JPG 志学会の月例会(9月)だったのです。

 講師はKyoutoAR(神経病専門の二次病院)の中本先生です。
 まず最初に神経病を見る時のポイントをお話されました。

 ①どこに病変があるか?
 ②いったい何が起こっているのか?

 本当に神経病なのか? 常に考えながら診察しなさいと言っておられました。
 (決めつけやすい僕は特に注意すべき!)

 そして強調してはったのが、、、 
犬じゃない.JPG 犬とはちゃうねんで! 猫は!

脳の違い.JPG 猫は犬ほど大脳の機能が発達していない!

項靭帯.JPG 犬にある項靭帯が猫にはありません。

 項靭帯って、首を引っ張っている靭帯です。
 だもんで、猫は首を曲げる症状が出やすいらしい。

 に、くわえて、、、
筋肉.JPG 犬と猫は主たる筋肉に違いがあります。

 犬は赤筋で持続力があります。
 猫は白筋で瞬発力に長けているのです。
 だから神経疾患に陥った猫は、首をうなだれてしまいやすく瞬発力が無くなってしまうのです。
検査しにくい.JPG 犬はオヤツにつられやすいのだけど、、、
素直じゃない.JPG 診察室での猫ときたら・・・

 緊張しまくりで、、、
 だから動物病院としましては、飼主さんにもご協力いただきたいわけで、、、

PS:次回に続く・・・
  • (2018-09-15 23:45:48)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289