SEARCH
OHERS
TAGS
映画 (271) , 獣医 (252) , 世の中 (203) , 食べ物 (184) , (140) , (117) , 政治 (101) , お知らせ (92) , 歴史 (86) , 近所 (79) , 病気 (60) , 人生訓 (49) , (47) , お笑い (37) , スポーツ (30) , 漫画 (28) , 空手 (25) ,
ARCHIVES
幸せの秘密
 何度も書いてますが・・・
 阪神百貨店地下のスナックパークが大好きでした。
 (よければ、阪神百貨店地下とかスナックパークでサーチしてみて)

 子供の頃、梅田に出かけるのは一大イベントであり、意気揚々と一張羅の服を着て市バスか阪急電車で出かけました。
 その頃の阪急百貨店屋上は、子供にとってUSJ以上の夢の世界だったのです。

 お腹が減ったらスナックパークへ、、、
 お母ちゃんが『どれかひとつだけやで!』と言います。

 小学校低学年の僕は、たこやき?おこのみやき?やきそば?いかやき?
 はたまた、うどん?おすし?、、、あっ!あかしやきも、、、

 悩みに悩むわけです。
 僕は心に誓いました。

 『大人になったら金持ちになって全部食べてやる』

 当院開業(昭和59年1月)当初、実行しました。
 まだ20代でしたので食べることができました。

 月日は流れ、今年還暦の僕は、もう食べることはできません。
 しかし、ここを訪れるたびに・・・
 『今、僕の財布にはスナックパーク全制覇のお金がある!』
 
 なんと言いますか、優越感?達成感?充実感か満足感?
 えも言えぬ幸福感に満たされるのです。

 2015年2月17日、阪神百貨店地下、スナックパーク閉店。
 僕は暴動起こそうかと思いました。
 (2015-02-12「スナックパークの秘密」参照)

 デモする替わりに僕は学びました。
 『目標は小さく!』

 先日、理事をしている全日本獣医師協同組合主催の実習がありました。
 大阪府立大学の秋吉先生の外科実習です。
 (2017-03-08「縫合法の秘密」参照)

 非常にリーズナブルで、特に若い先生方には超・おすすめ(来年来て!アカデミックフェスタ)です。お弁当までついているのだ。

 この日、理事である僕は、講師の先生と一緒にお弁当を食べました。
 そのため、一般参加の先生よりワンランク上の弁当でした。

あっぱれ.JPG ワクワクしながら蓋を開けます。
弁当.JPG 『あっぱれ!』喜びに包まれる僕。

 優越感とともに、幸福感がやってきます。

 小さな目標⇒達成⇒小さな目標⇒達成⇒小さな目標の繰り返しで
 大きな目標に向かうのがいいと思います。

 「いきなりはムリ!」
 ごっつい当たり前の人生訓だけど、でかい目標に向かって何もしないでいる自分がいるので、、、
  • (2017-03-18 10:43:01)
令子の秘密
 申し訳ないです。
 また、動物病院なのにキタキツネの話ではありません。
 前回の続き「北の国から」の話です。

母.jpg 令子さんとは純と蛍のお母さん。

 ドラマではいしだあゆみさんが演じておられます。

五郎と令子.jpg つまり、五郎さんの元嫁です。

 今までに何度か記載していますが(前回にも書きました)、、、
 純が「僕には北海道は合わないと思われ・・・」とつぶやき、東京に帰りたいと母(令子)に手紙を書きます。
 しかし、蛍は必死で頑張るのです。

 その理由なのですが、、、

 【ドラマ第4回】
令子4.png 母(令子)の不倫を目撃していました。

 だから兄(純)が麓郷(北海道の富良野郊外)での掘っ立て小屋生活に音をあげていても、必死で父(五郎)を手伝い、毎日の生活をがんばります。

 しかしながら、やっぱり、純と同様に母が恋しいのです。
 ドラマ第17回で令子が弁護士を伴って、子供を取り戻そうと富良野にやってきます。



 富良野駅での令子の見送りに蛍は居ません。
 しかし、、、
 根室本線を去りゆく電車を、必死で走って追いかける蛍がいました。

 このシーン、いしだあゆみさんはスケジュールが詰まっており、ほんとに東京に帰る電車だったそうです。なにがなんでも、一発で決めなきゃならなかったそうで・・・

 みごとです!

 このシーンもすげえのですが、なんといっても僕が感心するのは、大人になった蛍が令子と同じことをしてしまう設定です。

 母のことを否定しながら、同じことをしてしまう。
 皆さん心当たりございませんか?
 
 『身内の嫌な所を突き詰めると、自分の欠点に突き当たる』

 血は争えないという、僕が作った格言です。
 (だから、今回のタグは人生訓です)

PS:もひとつ、このドラマのすごいところを指摘しますと、小学生の純と蛍がほんとにおっさんとおばちゃんになっているところです。なにせ、マジの時間経過です。

 
  • (2017-03-15 10:56:10)
北の国からの秘密 2
 前回、しんどかったら映画を観ましょうとお勧めしました。
 『人生変える力がある』と断言しましたが、、、

マガジン.JPG 『北の国から』DVDマガジン

 『イン・ザ・ヒーロー』鑑賞だけにとどまらず、思わず買ってしまいました。

DVD.JPG ほとんどDVDを持っているのに!
 {右上サーチで「北の国から」と検索してください。2014-02-14「北の国からの秘密」をはじめとして、でてくる、でてくる)

 2017-03-09「酪農学園大学の秘密」に書きましたが、北海道の大学に行きたかった理由ではありません。
 このドラマが始まったのは1981年10月9日、僕が大学を卒業した年です。
 
富良野.JPG 記念すべき第1回作品。

 東京からやって来た五郎さんと子供(純と蛍)が布部の駅に降り立ちます。
 
電気.JPG 純はめげてしまいます。
体質.JPG 東京に帰りたがります。
ほたる.JPG しかし、蛍はすげ~頑張るのです。

 それにはちゃんとした理由があるのですが、、、
 (それは次回に)
 なんとしてでも言っておきたいことがあります。

 純と蛍が通い始める小学校(分校)の先生役の原田美枝子さん。

先生.JPG きれい、かわいい、通り越して、、、

 神々しいと思う。
  • (2017-03-14 00:55:06)
イン・ザ・ヒーローの秘密
 毎日のイライラがすごい!
 こんな時、僕はサンドバックを叩きます。
 
 (見たところただのおっさんですが、小学生相手の空手の指導員の真似事してます。もっとも教えられている小学生もタダのおっさんだと思っています。なぜなら本当にただのおっさんだから・・・サンドバックが気軽に叩ける環境なのです)

 世界には戦争の真っただ中にいる人、うえで苦しんでいる人達がいっぱいいます。
 平和な日本にさえ、子供さんが重い病気になったとか、大切な人を亡くされた人だってたくさんいらっしゃるはずです。
 そんな中で、僕ごときが辛い事だとか悲しい事が起きたなんて言ってはいけないことぐらい、半世紀以上生きているんでわかっているつもりです。
 
 しかし僕は弱い!
 わかっていてもつい自分が不幸のチャンピオンであるかのごとく考えてしまう。

 だから、そんな時は映画を見ます。
 映画には人生さえ変えてしまう力があるのです。

 2013-08-10「ヒポクラテスたちの秘密2」をご覧ください。  
ヒポクラテス.png 観た獣医大同級生は医者になりました。

 獣医師免許を取った後に、、、人生が変わりました。

ロッキー.png 19歳の頃、こんなん見て・・・

 映画の題名付けた動物病院始めたやつだっているのです。

 昨日は『イン・ザ・ヒーロー』を見ました。



 皆さんもぜひ!
 勇気でます。(僕の場合鑑賞後3時間限定だけど)
  • (2017-03-12 00:29:46)
残留日本兵の秘密
 初のベトナム訪問中の天皇陛下が、3/1残留日本兵の家族と会われたそうです。

グエン・ティ・スワン.jpg グエン・ティ・スワンさん(93歳)

 スアンさんは残留日本兵と結婚し、4人の子供を持ちました。
 しかし夫は1954年に帰国しまい、その後大変な苦労をして子供を育てたそうです。

 残留日本兵なんて、終戦後戦地に残りインドネシアの独立を助けたことぐらいは、ちょっとだけけ聞きかじっておりましたが、、、

 ちょっと調べてみました。(そのためタグは珍しく「歴史」です)

 --------------ウィキペディアより-----------------------------------------

 第二次世界大戦終結後、インドネシアでは日本軍から多くの武器が独立派の手に渡り、再植民地化を試みたオランダとの間に発生したインドネシア独立戦争では、旧日本軍将兵が独立軍の将兵の教育や作戦指導するとともに、自ら戦闘に加わるなどした。戦後、インドネシアでは多くの元日本兵が独立戦争への功績を讃えて叙勲されている。

 ベトナムでは700人から800人の日本兵が残留し、ベトナム独立戦争中の1946年に設立されたクァンガイ陸軍中学などいくつかの軍事学校で旧日本陸軍将校・下士官による軍事教育が行われた。ベトナム独立戦争に参加して戦死した旧日本兵には烈士墓地に顕彰されているものもいる。

 ----------------------------------------------------------------------

 その他、中国にも残られた兵士がいたようです。

 よく上の世代から「戦争で戦った兵隊さんに感謝しなければいけない!」と言い聞かされてきましたが、、、
 正直「いったいぜんたい、なにを感謝するんだろう?」なんて、罰当たりな人間でした。
 命をかけて戦っていただいたのですが、負けてしまったし、、、
 「ど~かんがえてもアメリカには勝てんやろ~」
 「止める人はおらんかったんかなあ~」
 などと、自分がその場にいなかったから言えるんだろうけど、本音では考えていました。

 今回の天皇陛下ベトナム訪問で、根底から自分の考えが覆されました。

 どんどん近隣諸国からの日本軍批判が強くなります。
 そして中国の海洋進出も激しくなります。

 こんな時世、日本の味方をしてくれる国がなかったらどうなっていたと思いますか?
 残留日本兵がいてくれて、オランダやフランスからの独立運動を一緒に戦ったことでインドネシアもベトナムも日本を好きでいてくれる人が多いのです。
 今の日本人を、日本兵にとっては未来の日本人を、孫やひ孫を助けてくれたのです。
 正座して感謝しなければいけないなあ~と思いました。

 そう考えると、、、

杉原千畝.png あの頃、杉原千畝さんがいなかったら、、、

 ナチスドイツからたくさんのユダヤ人を助けてなかったら・・・
 ど~かんがえても、近隣諸国からナチスと同一視され、ひいてはそれを世界中に広められてしまっていた可能性があります。(僕の個人的な予想です)

 やっぱり、先人には感謝すべきだと、つくづく思ったのでした。

PS:もしよければ2016-02-06「杉原千畝の秘密3」を読んでみてください。ユダヤ人とトルコ国民が日本人に好意的である理由を描く映画の予告がアップされています。
  • (2017-03-11 13:34:09)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271