SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (436) , 世の中 (342) , 獣医 (302) , 食べ物 (232) , (183) , 歴史 (174) , 政治 (157) , (149) , 近所 (112) , お知らせ (108) , 病気 (79) , 人生訓 (74) , (74) , 空手 (53) , スポーツ (51) , お笑い (49) , 漫画 (45) ,
ARCHIVES
まだある不適切にもほどがある部分、、、
 前回の映画『愛と青春の旅立ち』のコンプライアンス違反ですけど、、、
 鬼軍曹の『猛烈しごき教室』以外にも『不適切にもほどがある』部分はあるんです。
 じつは、40年以上前に映画館で観た時から感じておりました。

 孤独な子供時代を送ったため、ひねくれた人生を歩む主人公メイヨは、、、
 士官学校近くの製糸工場で働く女性ポーラと出会い、恋愛関係になるんです。
 ところが、、、
 ポーラの友人リネットと恋愛関係にあった同級生シドが、士官学校をやめることになります。
 すると、、、あれだけシドに夢中だったリネットなのに、、、
 『わたしはジェット戦闘機のパイロットと結婚したかってん!』と別れを切り出すんです。
 田舎もんで純情なシドは自殺してしまいます。

 ひねくれもんのメイヨは、自分へのポーラの愛に対して疑いを持ちます。
 「彼女もただパイロットと結婚したいだけちゃうのん?」

 当時20代の僕でさえ、違和感を抱いたのは、この男女関係です。
 アメリカ軍のパイロットは、士官学校の地元の女性たちのあこがれの的なんです。
 失礼な言い方かもしれませんが「自衛隊員さんはかわいそうやなあ~」と思いました。
 だって、アメリカ軍のパイロットはアイドル扱いなんです。
 かたや日本では、、、???

 男の観客が『愛と青春の旅立ち』に夢中になるのはわかります。僕もそうでした。
 でも、女性の方からは、、、
 『不適切にもほどがある!!!』と叫ばれるのではないかと、、、

 アメリカって国は、GDP世界一かなんかしらんけど、、、
 軍のパイロットが結婚相手の理想になるほど、貧富の差が激しく、、、
 日本では、パイロットが理想であるかもしれないけど、それほど上下差がないので、すべての女性が目指すほどではないのかもしれません。
 僕の結論は『日本の方がええわ!』です。
 
 士官学校を卒業した後、制服のまま製糸工場を訪れたメイヨは、ポーラのもとへと歩みよります。工場ではポーラの母親、友人のリネットも働いています。
 同僚たちの拍手喝さいの中、メイヨはポーラを抱きかかえて去っていきます。

愛と青春.jpg 大感動です!!!
  • (2024-03-30 17:11:38)
ぜひ、若い方々に見てほしいのですけど、、、
 映画『愛と青春の旅立ち』で鬼軍曹役を演じたルイス・ゴセット・ジュニアさんがお亡くなりになりました。87歳だったそうです。
 まだ20代だった頃の僕は、影響を受けまくりました。
 謹んでお悔やみ申し上げます。

 1982年のアメリカ映画ですんで、結構古い映画なんですが、ぜひ若い方々に見てほしいのですけど、、、理由を記載させていただきます。 

 主演は日本びいきのリチャードギアさんです。
 あの忠犬ハチ公のハリウッド版『HACHI・約束の犬』でも飼い主の大学教授を演じています。



 まず、音楽がええんです。抜群です。
 しかしながら、、、40年以上昔の映画なんで、、、

 『不適切にもほどがある!!!』という感じでして、今ならコンプライアンスとやらで、炎上間違いなしやと思います。

 冒頭、主人公:ジャック・メイヨ(リチャード・ギア)は、大学を卒業し、バイクを飛ばしてシアトルのレーニエ航空士官候補生学校に向かいます。
 迎えるのが、亡くなったルイス・ゴセット・ジュニア演じるフォーリー鬼軍曹です。
 冒頭からコンプライアンス違反! 今の頭で考えたら、完璧なパワハラです。
 授業でのしごきも、、、体罰どころではありません!!!
 
 でも、しかし、、、

 一番主人公の境遇、心情、将来を考えているのも鬼軍曹でした。
 最後の最後にそれに気が付く主人公。。。

 卒業式に鬼軍曹が敬礼しますが、、、
 泣けるんです。 ほんまに泣けるんです。
 『敬礼』だけで、、、

 どうして、若い方々に見てほしいのか?・・・
 とある、引退したアスリートが後輩たちに言っておられました。
 『僕たちは理不尽なことをさせられて、追い込まれた』
 『でも、しごきがいけない現在では、誰も追い込んでくれない』
 『君たちは自分で自分を追い込まなければならない世界に育っているわけだ』

 『自分で自分を追い込むほど苦しいことはないぞ!』

 鬼軍曹は、今ではコンプライアンス違反だけど、、、利点もあるんだと、、、
 
 僕は今、コンプライアンスは守るべきだと思っていますが、メンタルを鍛えるプログラムも、必要になってきていると思っています。
 
PS:よかったら2020-06-13「敬礼の秘密3」をご覧ください。
  • (2024-03-30 09:10:35)
よ~し、言うぞ~、、、
 吉幾三さんの発言が大反響のようです。
 飛行機の中で○○党の参議院議員が客席乗務員に怒鳴りまくっており、あまりのひつこさにいたたまれなかったのか、乗務員さんに同情されたのか、、、
 「よし、いうぞう」とSNSで発信されたようです。

 僕はSNSでクレーム言うのは控えたほうが良いと思っております。
 でも今回の吉幾三さんのつぶやきは「しゃ~ないかなあ~?」と思っています。
 なぜなら相手は政治家で、おまけにカスタマーハラスメントが問題となっている時代だからです。
 政治家という立場なら、上からの物言いであり、パワハラでもあるからです。

 むっちゃ古~い話で恐縮なんですが、、、
 2016-06-16「商品配達の秘密」で僕もぼやいております。

 高校生の頃、僕は近所の高島屋の商品配達でバイトをしておりました。お中元やお歳暮を配るわけなんですが、、、
 瓶ビールのケースや日本酒の樽には恨みを抱いておりました。
 『なんで商品券にせ~へんのや!』
 自転車で配るもんの立場になって見ろや!・・・

 もう半世紀以上昔ですが、東淀川区の○○党の市会議員さん宅へ日本酒の樽を配達したことがあります。
 その市会議員さんは、汗だくになって配りに来た僕に、シャワーからバスタオルを腰に巻いて出てきて、不機嫌そうに「そこに置いとけ!」と顎で指さしました。
 今でも頼りないままですけど、その時は極めてたよんない高校生の僕は、素直に「はい」と返事して丁寧に樽を置いて帰りました。
 けど、、、「鏡開きか、なんかしらんけど、選挙は落ちろ!」と心の中でつぶやいたのです。

 じつは同じ○○党の国会議員さん宅へも商品を配達しておりました。
 そこでは、まだ幼稚園に入る前ぐらいの、おそらく息子さん(今では国会議員)が出てきて『ありがとうございます』と頭を下げてくれるのです。

 同じ○○党でもピンキリですね???

 で、飛行機搭乗員に文句を言った国会議員さんは、こんな場合には言うようにしてるとブログで例を挙げて理由を説明してはりましたが、、、
 その叱った理由の是非は別にして・・・

 僕のような小さな自営業者でも、おそらく他の個人商店主さんでも、従業員を叱るときはお客様に聞こえないように、、、お客様がいないときに、、、バックヤードで、、、と心がけているのではないでしょうか???

 常識やと思いますけど?
  • (2024-03-28 14:32:17)
ほんまもんがでてきた!
 すぐに大金掛ける霜降り明星の粗品さんが、、、
 『ほんまもんが出てきた! 額もえぐいし、相棒もすごい!』なんて言っているそうです。

 大谷選手の通訳:一平さんのことです。

 「ギャンブルにハマっている奴は平気でうそをつく」っていう意見に対して、、、
 「あたりまえやん、嘘つかな借りられへん!」と答えてはりました。

 そりゃそうですよね、ギャンブルに使うお金を貸してくれる人はいませんよね?
 相棒がめっちゃお金を持っているか、親が金持ちか、、、
 その方たちのお金を狙う胴元ぐらいしか、貸してくれませんよね?

 2024-03-07「ええ、100万円って!」に記載した小学生が起こした詐欺事件をきっかけに、2024-03-08「そんな教育せんでもええやん?」で・・・
 「金融教育なんているんかなあ~」という僕の疑問を呈しました。

 続く2024-03-09「ギャンブル教育?」では・・・
 僕らの子供の頃にはビー玉、べったん(関東ではめんこ)があり、駄菓子屋ではくじ引き(当てもんと呼んでました)があったんです。これらはギャンブル教育の優秀な教材です。
 現在もガチャポンやカードゲームがありますが、ギャンブル教育教材としては、いまいち劣る気がします。

 そして2024-03-11「当時の自分を称賛してやりたい!」で化石的な結論です。

 『お金は汗水流して得るもので、楽して儲けたお金は身につかない!』

 ウィキペディアで一平さんを調べてみましたが、、、
 6歳まで北海道苫小牧市で過ごし、1991年にアメリカ合衆国へ移住と記載されていました。

 アメリカでは『お金に対する教育』は日本よりずっとずっと進んでいます。
 しかしながら、治安が悪いので放課後子供同士で遊ぶ機会が失われているそうです。
 つまり、僕の子供の頃のように学校から帰ると、隣の大宮神社や公園がビー玉競技場(ギャンブル場)という環境がなかった?

 まったくもって我田引水ですが、、、
 『ギャンブル教育』が足りなかったんでは?

 やっぱり『金融教育』より『ギャンブル教育』だと確信しました。
 今の若い方(粗品さんたち)も心配しています。
  • (2024-03-26 17:50:34)
ほんまに言いたかったことは・・・
 前回の「特攻はテロ!」で山崎貴監督が描く太平洋戦争について記載しました。
 層の厚い団塊の世代的な戦争観から脱却していて、僕はとてもなじみやすく感じています。

 しょっちゅう書いていますが、僕はとても怖がりで、侵略されること、核で脅されること、とくに自国の政府やリーダーを批判することができなくなる恐怖におびえております。

 「弱虫すぎるやろ~」と言われてしまうかもしれませんが、、、
 香港はイギリスの悪口言い放題やったんですよ?
 (2023-12-31「年末に言いたいこと2」をご覧ください)
 ウクライナはどうなりました???
 最近は、人命第一でゼレンスキー大統領に停戦を呼び掛ける声も大きくなってきました。確かに僕もそう思います。戦争自体は絶対に悪!!!です。なぜなら、ウクライナの兵隊さんがドローンでやっつけたロシア兵自体は、自国に帰れば人のいい花屋さんかもしれません。
 でもね、、、
 人命第一で停戦したとして、次の世代(子供や孫たち)はプーチンの悪口言えない世界で生きていかなければならなくなるんですよ!

 僕がほんまに言いたかったことは・・・
 「国民も戦争責任を感じるべきだ!」ということなんです。
 日本人は『軍部の暴走』などと言って、いつもこのことから逃げていたように思うのです。
 個人だって、小林多喜二先生のように「戦争反対」と叫んで特高警察に拷問で殺されてしまった人だっているんです。(ロシアにだって戦争反対のテロップ掲げた女性アナウンサーがいましたよね)
 僕にそんな勇気はありませんが、、、「僕って勇気ないなあ~」を自覚して、本当はそうすべきやなあ~とは思っております。
 つまり反対する勇気がないことを自覚するのも自分自身だし、自分がいなくなってからの未来に対して、自由がなくなるのが嫌だと戦いに命を懸けるのも自分自身です。
 その方が戦争抑止になると思っています。

 山崎貴監督の描く太平洋戦争には、その想いがこもっているんです。



 『アルキメデスの大戦』まさにこの映画が、初めての『国民の戦争責任』を問う映画ではないかと思っています。僕には「自分の頭で考えて判断しなさいよ!」「政府のプロパガンダや大本営発表の嘘を見抜かないといけないよ!」と注意されている気がします。

PS:2023-12-14「僕が観た中で初めての作品です」をご覧ください。 
  • (2024-03-19 10:02:27)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433 | 434