SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (436) , 世の中 (341) , 獣医 (302) , 食べ物 (232) , (181) , 歴史 (174) , 政治 (155) , (149) , 近所 (112) , お知らせ (108) , 病気 (79) , 人生訓 (74) , (74) , 空手 (53) , スポーツ (51) , お笑い (49) , 漫画 (45) ,
ARCHIVES
オランダ坂の秘密
 前回、いかに僕が鈍感で、女性の気持ちを慮ることができないか反省の念を記載させていただきました。
 そしたら、もう一つ鈍感度5200パーセントの実例を思い出してしまったのです。
 じつはかなり前にも記載してはいます。
 (2013-07-28「絵はがき坂の秘密」)

 実際に住んでみたら好きな自転車に乗りにくいため嫌になるのかもしれませんが、坂道の多い街にはあこがれています。
 長崎も一回訪れただけで、しかも同級生の家にお邪魔しただけで、うろつくこともなく、ゆっくりあちこち見て回りたいと思っています。
 代表的な観光スポットが『オランダ坂』でして、、、
 
オランダ坂.jpg さだまさし先生が歌にしてはります。

 師匠と崇める人でして、なんでかは右上サーチで「さだまさし」と検索してください。たくさんの文章を読んでいただくと理由がわかります。

 その歌は『絵はがき坂』と言います。
 たくさんのオランダ坂の中で活水坂が代表的で、長崎の観光紹介の絵はがきに載っているのでそう呼ばれるようです。
 坂の途中にミッション系の女子高である「活水学園」があります。師匠の妹・佐田玲子さんが通っていたそうです。

 僕の高校時代は「もてない君」なんて明るい呼び名では表現できないくらいに悲惨でした。(2021-02-13「東淀川高校の秘密4」をご覧ください)
 反動からか、卒業すると同級生を映画なんぞに誘ったりしたわけですが、、、

 その女性が言いました。
 「さだまさしさんが好き」・・・これに影響されてしまったのですが、、、
 「絵はがき坂が好き!」・・・半世紀近く昔のことですが、まさに鈍感の極み。

 早速買ってきました。さだまさしさん(その頃はまだ師匠の凄さがわかっていません)のLP。(これまた死語!)

 アップテンポの楽しげな曲なのですが、、、
 メロディーとは裏腹に歌詞をよく読むと、、、

 「あなたはためらいがちに♪♪ なんども言いあぐねて♪♪」
 「どうしてそんなに迷うのですか???」
 
 そしてエンディング・・・
 「ああ、さよならですか~~~」

 還暦過ぎて、よく躓いたり、頭を打ったり、感覚が鈍くなってはいますが、さすがに少しは鈍感さがましになって意味が分かります。

 相手が別れの言葉を切り出すことができず、躊躇しまくっているのです。

 僕にこの歌を好きといった意味が・・・
 つまりは「お友達でいましょうね」なのです。

 ああ、さよならですか~~~
  • (2021-09-23 10:17:50)
青のりの秘密
 前回、前々回とマクドナルドの話が続いております。
 ビッグマックも好きですが、生粋の大阪人である僕は、子供のころから食べ続けている粉もんが大好物なのです。

 そのマクドの1号店のCMですが、1971年(昭和46年)中学生の宮崎美子ちゃんが大好きな少年に振られてしまいます。恥ずかしくて大口開けて食べれなかったからなのですが、、、

 美子ちゃんの味方である僕は、その少年を「恥じらいを慮ることができない鈍感なやつ」などと批判しました。
 批判した時には自分自身の行動を振り返る必要があります。
 初めて女性と一緒に行動した頃のことを・・・

 二十歳の頃、僕はとある女性をお好み焼き屋に誘ったのです。
 女性はすぐに異性に対して『友情』なんて言葉を使ったりしますが、、、
 男性は「異性との友情は考えられない」という人が多いようです。
 白状すると、その頃の僕もそうでして、ほのかな想いは抱いておりました。

 おいしいお好み焼きを食べた後、その女性が言ったのです。
 しかも美子ちゃんとは正反対に大きな口を開けて、、、
 「青のりついてない?」

 現在の僕が女性にその話をすると、大声で笑われます。
 「それはあかんわ!」
 「絶対無理や!」
 「悪いけどお友達やわ!」

 しかし、その頃の僕は、、、
 「僕に親しみを感じるからこそ大口開けるんや」などと思ってしまいました。
 ほんまに鈍感度2800パーセントです。
 それからもいろいろ声をかけてしまい、今の僕は恥ずかしさ3600パーセントです。

 「本当に申し訳ございませんでした」



 僕はCMに出てくるジージ、村上ショージさんを目指します。
 ショージさん以外では考えられないくらいの好演だと思います。
  • (2021-09-22 13:26:34)
マクドナルド1号店の秘密
 前回「1971年の秘密」をご覧ください。
 日本にマクドナルドができたのは1971年(昭和46年)7月20日だとわかります。
 映画『三丁目の夕日』が大好きな僕は(病院でも流しております)その時を再現したCMにはまっているわけなんです。
 まあ、マクドナルドにはまったというより、若いころの宮崎美子さんにはまっていたわけでして、、、

 このCMの題名は「僕がここにいる理由」です。
 前回の動画を見ていただければわかりますが、、、
 中学生の頃は彼氏の前ででかい口を開けてビッグマックを食べることができなかった少女が、還暦を過ぎて、、、旦那さんの前で平気で食べるようになったという、とある女性の変化を表現しています。
 とてもよくあることですが・・・

 お孫さんとビッグマック食べているおばあちゃん。

孫.jpg 「バーバはさ、なんで食べなかったの?」

 「だって恥ずかしいじゃない、好きな人の前でこんなでっかいの…」

 「じゃあ、ジージの前では?」

 「全然平気!!!」

村上ショージ.jpg ジージ役は村上ショージさんです。

 僕は思います。
 ビッグマックを大口開けて食べれないくらいで、少女の恥ずかしさも想像できず立ち去る少年は、将来気配りのない自己中なオッサン(僕か?)になるでしょう。
 そんなイケメンより、おそらく人間性で選んだ現在のジージの方がよかったに決まっています。そんな人の好さがにじみ出た村上ショージさんはCM部門のアカデミー賞があれば差し上げたいくらいの好演だと思います。

 この役だけは役所広司さんでも負けると思います。

 はてさて、題名は???
 お孫さんのセリフ「もしビッグマックがもっと小さかったら僕はここにいなかったんだ」に起因しています。(言われなくてもわかるか?)

PS:若い皆さん。昔のアイドルもかわいかったんやで!!!
  • (2021-09-20 11:26:48)
1971年の秘密
 1971年(昭和46年)7月20日、銀座三越店内に開店したのが日本マクドナルド1号店です。

マクド1.jpg 大阪万博の翌年、僕は14歳。

 中二病を患う僕は、申し訳ないことに獣医学的な専門用語が少しは混じるようになりましたが、会話内容はほとんどその頃と同じです。

 水道局に勤めていた親父が公務員だというのに仕事を持ち帰り、家で図面を引いていたのを見ていた僕は建築士になりたいと思っていました。ところがこの頃畑正憲先生の著作にはまってしまい獣医師志望に変わりました。

 そして、2回前「牛白血病の秘密」に書いた通り1977年(昭和52年)、なんとかかんとか一浪の後、吉本芸人のように出世して東京に出てきたのです。
 つまり中央線武蔵境駅にある獣医大に入学しました。
 トイレも台所もついていない下宿に住み、近所の電気屋さんで親父に買ってもらったソニーの小さなカラーテレビが友達でした。このテレビはついこの間まで、当院で活躍しておりました。やっぱり日本製は凄い!

 1980年(昭和55年)、最終学年の4年生(僕は最後の4年制獣医です。僕より後輩は6年大学に通わないと獣医師免許が取れなくなりました)、衝撃的なテレビCMが放映されたのです。

美子ちゃん.jpg 当時20歳、熊本大学法学部の学生でした。

 僕の一つ下、宮崎美子さんです。
 若い方は漢字に詳しいおばさんとしか認識していないでしょうが、、、



 40年前の僕の下宿にはポスターが張られていました。当然でしょ?
 で、この度画期的なCMが、、、マクドナルド1号店が再現されています。
 そして中学生の宮崎美子さんまで再現されているのです。


 70年80年代をしっかり覚えている僕が観ても完璧です。
  • (2021-09-18 11:44:32)
予言者の秘密
 テレビドラマ『東京MER』終わってしまいました。
 毎回毎回感動させてくれました。当然最終回はええ歳してボロボロでしたがな!
 連続ドラマでこんなに毎回泣かせてくれるのは『仁』以来でした。

 MERロスにさいなまされると思うや否や、、、
 次回から『日本沈没』とやらで、また日曜夜9時はテレビにくぎ付けです。

小説.jpg 原作は小松左京先生の小説です。
 (2013-09-01「日本沈没の秘密」参照)

 僕が高校一年生の時(1973年)に刊行され、むさぼるように読んだ記憶があります。

 この先生は予言者です。
 しかもノストラダムスにも勝るとも劣らない大予言者です。

復活の日.jpg 1964年(僕は7歳)に書かれた「復活の日」

 さすがに読んではいませんでしたが、1980年に制作された映画は食い入るように鑑賞させていただきました。
 イギリス陸軍細菌戦研究所から猛毒の新型ウイルス「MM-88」が持ち出されるところから始まるこの物語は、50年以上未来である現在の新型コロナウイルスの蔓延を予言しています。

 そして日本沈没は、、、
 小笠原諸島にある小さな無人島が一夜にして海中に消えるところから始まります。
 地震学者の田所博士は潜水艇の操縦士小野寺と深海へと向かいます。

 日本海溝で海溝の底へと地面が吸い込まれていく様子を発見するのです。

 博士の結論は・・・題名そのものでした。(日本沈没!)

 やがて関東地方にマグネチュード8の地震が、、、
 
 今後30年での南海トラフの大地震の発生率は70~80パーセントと言われる現在において、この物語もまた予言と言えるのではないでしょうか?
  • (2021-09-12 22:55:59)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388 | 389 | 390 | 391 | 392 | 393 | 394 | 395 | 396 | 397 | 398 | 399 | 400 | 401 | 402 | 403 | 404 | 405 | 406 | 407 | 408 | 409 | 410 | 411 | 412 | 413 | 414 | 415 | 416 | 417 | 418 | 419 | 420 | 421 | 422 | 423 | 424 | 425 | 426 | 427 | 428 | 429 | 430 | 431 | 432 | 433