SEARCH
OTHERS
TAGS
映画 (389) , 獣医 (298) , 世の中 (292) , 食べ物 (227) , (169) , 歴史 (144) , 政治 (137) , (137) , お知らせ (106) , 近所 (105) , 病気 (77) , (67) , 人生訓 (62) , 空手 (48) , お笑い (46) , スポーツ (46) , 漫画 (42) ,
ARCHIVES
小惑星リュウグウの秘密
 あまりにも当ブログが犬や猫、獣医学的なことを書かないので、あえてタグを「獣医」にさせていただきました。

 2019-07-13「はやぶさ2の秘密」に記載しましたが、、、
 2019年11月11日、人工衛星「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンを成功させました。つまり、リュウグウに降り立ち、地表に弾丸を打ち込んで、舞い上がった土をもちかえる試みです。

 そのプロジェクトを成功させた「はやぶさ2」は、なんと52億キロの旅を経て、2020年12月、5・4グラムの石や砂などが入ったカプセルを帰還させたのです。

 で、なんでタグが「獣医」かって言うと・・・

 無理やりですけど、20種以上のアミノ酸を持ち帰ったからです。

 生命の起源は地球でできたという説と惑星衝突によって宇宙からもたらされたという説があります。宇宙飛来説では今までも地球に落ちてきた隕石からアミノ酸は検出されていました。
 でも、変質してしまっている可能性は否定できません。
 ところが、、、「はやぶさ2」は直接リュウグウから持ち帰ってきたのです。

はたぶさ2.jpg 僕ら動物の起源は宇宙だったんです。

 そして地球外生物がいる可能性も非常に高いと言えるようになりました。

未知.jpg 1977年(「ROCKY」の翌年)の映画。

いーてふ.jpg 1978年には『ET』が公開されました。

 この頃の映画が一番シンプルかつ面白いと思っています。

 『未知との遭遇』・・・宇宙人が来た!
 『ET』・・・宇宙人と友達になった!
 『ROCKY』・・・4回戦ボーイがめっちゃ頑張った!
 『ジョーズ』・・・サメが出た!

 一行でストーリーが話せる映画がええんです。(頭が単純なだけ?)
 で、結局「映画」の話になってるやん!

 PS:ここから防衛の話になっていきます。
  • (2022-06-07 00:44:25)
オーバー・ザ・トップの秘密
 「オーバー・ザ・トップ」って???

 動物病院的には犬の十字靭帯断裂の手術法です。
 しかしながらへそ曲がりな僕は、できるだけ犬猫のことは待合室の本棚や当ブログから遠ざけてやろうと企んでいます。
 だって動物病院に犬や猫って、、、当たり前すぎる!

ジャグリング.jpg ジャグリングの基本技のことですが、、、

映画.jpg 『オーバー・ザ・トップ』1987年公開。

 シルベスタ・スタローン主演の映画なんです。
 父親と息子の話でして・・・(じつは腕相撲のテクニックの名前)

 映画「ROCKY2」でも主人公ロッキーの妻エイドリアンに子供が生まれますが男の子です。「ROCKY」シリーズも僕に言わせると父と子供の物語です。

 俳優シルベスター・スタローンさんは1974年に下積み時代を支えたサーシャ・チャックさんと結婚し二人の男児をもうけました。
 ところが、、、1985年離婚。
 僕に言わせると世界最高の悪役、「ROCKY4」「クリード2」のルミドラ・ドラゴを演じたブリジット・ニールセンさんと再婚します。
 またもや、、、ところが、、、2年後1987年に離婚してしまいます。
 
ムキムキ.jpg その原因が浮気だとささやかれました。

 しかも相手が、あの、アーノルド・シュワルツェネッガーさんなのです。
 (だんだんワイドショー化してきましたが・・・)
 「ほんまかいな?」と思いましたが、、、
 後にシュワちゃんが自伝で告白してはります。
 じつはニールセンさん自身も、自伝で告白しているのでした。

 と、言うことは、、、

 『クリード2』でルミドラ役を頼んだスタローンさんが、いかにおおらかな人かということです。『エクスペンタブル』や『大脱獄』でシュワちゃんとも共演してるし、現在親友らしいからね、、、

 彼の映画は「父と子」ばかりです。娘は出てこないのです。
 最初にできた長男次男をとても気にしているのだと思います。
  • (2022-05-30 17:21:24)
ブリジット・ニールセンさんの秘密
 2022-05-14「クリード2の秘密」から続く映画の話ですけど・・・
 史上最強の悪役だと思うのですが、ドラゴの妻役はブリジット・ニールセンさんが演じています。

 ルミドラ・ドラゴという人はソビエト連邦の元オリンピック水泳金メダリストと設定されているようです。
 彼女は自分の地位を高めることしか念頭になく、どう考えてもソビエトが作り出したサイボーグのようなアスリートのドラゴと結婚したのも、恋愛感情ではなく『地位向上』が100%であるとしか見えません。

 映画「ROCKY4」でドラゴがロッキーに負け始めると・・・
 「見損なったわ!」と呟いて会場を後にします。

 僕は「なんちゅうやっちゃ!」と怒りがこみ上げる前に「すげえ!」と思ってしまいました。

 当日、彼女は政府高官と一緒に試合鑑賞しています。

タバコ.jpg 政府高官は自分が吸っているたばこを彼女に差し出します。

 すると彼女はそれを一服するのです。
 つまり、そうまでして這い上がりたい女性なのです。

 この伏線が『クリード2』で生きてきます。

 「ROCKY4」でロッキーに負け、ソビエトという国から見放され、しかも妻にも立ち去られたドラゴは息子ヴィクターともども復讐の鬼に化しております。
 ソビエトは消失しロシアになって、国を追われたのか、逃げたのか? 現在のドラゴ父子はウクライナの安アパートで生活しています。
 やっとアポロの息子アドニスとの試合までこじつけたのです。

 ドラゴは息子ヴィクターをウクライナではなくロシア代表にします。
 うらみのある国ですが、ソビエト代表として敗れた自分の仇を息子に取らせるつもりなのです。すると・・・

 また試合会場に、あの元嫁(ルミドラ)がやってくるのです。
 どうも有力者と再婚しているようです。
 ドラゴ(元旦那)では失敗しましたが、息子でまた「地位向上」を企みます。
 ところが・・・

 またまた、息子ヴィクターが窮地に陥ると会場を去っていくのです。
 それを見たヴィクターは、打ちひしがれ負けてしまいます。

 この地上最強の悪女を演じるのはブリジット・ニールセンさんしかありません。
 じつは彼女、ロッキー役シルベスター・スタローンさんの元嫁だったのです。
  • (2022-05-26 13:28:32)
ルミドラ・ドラゴの秘密
 イワン・ドラゴの妻がルミドラ・ドラゴでして、、、
 (前々回「クリード2の秘密」から続く映画の話です)

 映画「ROCKY4」のロッキー(アメリカ)VSドラゴ(ソビエト)のボクシング対決は、その時の大統領であるレーガンさんは大喜び(?)、当然ソ連のマスコミは大ブーイングでした。
 映画では体格でめちゃめちゃ劣るロッキーの必死で頑張る姿に、ブーイングだったソビエト連邦の観客も「ロッキー! ロッキー! ロッキー!」と応援しだします。
 そして、、、ソビエトが作り出した無感情の格闘マシーンだったドラゴでさえ、感情をむき出して自分のために戦い始めます。

 そうです。
 「ROCKY4」のテーマは「人は変わることができる!」なのです。
 ゴルバチョフ書記長のそっくりさんさえ敵のロッキーの頑張りに微笑むのです。

 現実に映画公開5年後、ソビエト連邦は「ロシア」に変わってしまいました。
 慣れない資本主義にロシアの国民はついていけず、、、強烈なインフレに襲われたようです。
 「前の方が良かった!」となってしまいプーチン大統領が生まれました。
 「自国の悪口言い放題国」の国民である僕は・・・
 「やっぱりみんなで働いてみんなで分けるなんて無理やで、俺やったら寝とくもん」「寝てるやつ起こすために強烈な権力が必要になるから、働いたら働いた分もらえる資本主義の方がええやろ」と偉そうな態度で観ていました。

 ここから今回の悲劇(ウクライナ侵攻)が始まった気がしています。
 自由に自国の悪口が言える国は仲間になろうとしていた元「国の悪口言ったら大変なことになる国」の国民を助けるべきでした。

 さてさて、、、
 映画のテーマに逆らって『変わらなかった』ルミドラ・ドラゴ(ドラゴの妻)は早々に会場を去ってしまいます。

妻.jpg そしてドラゴと子供を残して離婚します。

 そして30年・・・
 映画「クリード2」の冒頭、ドラゴと息子ヴィクターは建築現場で働いています。
 ロシアを追われたのか? 逃げたのか? ウクライナはキエフの安アパートで暮らしているのです。
 アメリカやロッキーだけでなくソビエトも嫌っているはずなのに、、、
 ドラゴは息子ヴィクターをロシア代表として、殺したアポロの息子クリードに挑戦させるのです。
 
  • (2022-05-21 10:24:02)
炎の宿敵の秘密
 『炎の宿敵』とは映画「クリード2」の副題です。
 そして「クリード2」は『ROCKY4』の続編(というかスピンオフ?)です。

 ROCKY4でボクシングではありますがアメリカVSソビエトとして戦ったロッキーとイワン・ドラゴの勝負はドラゴの敗北の結末を迎えます。

 ソビエト連邦のアマチュアボクシングで抜群の強さを誇り、オリンピックの金メダリストだったドラゴは全面的に国策として作り上げられた選手でした。
 しかし敗北が決定するやいなや、、、
 国のお偉方は貴賓席から姿を消していました。

 じつは一番早くにいなくなっていたのが、、、

妻.jpg ルミドラ・ドラゴ、ドラゴの妻です。

 無口なボクシングマシーンである夫に代わって国家を代表する発言をしていたのに、負けが決まってきたらいち早くいなくなるのです。

 彼女が去り、国の態度は打って変わり、ドラゴの身には不幸が押し寄せます。
 彼はロッキーを恨み、アメリカを憎みます。

 ・・・そして・・・

息子.jpg 息子とともに復讐を誓います。

 彼は地位も名誉も家族も何もかもを失って、なんとウクライナの小さな家で、息子と2人で暮らしていました。

 残されたものは怒りと憎しみのだけ、その全てを息子のヴィクター・ドラゴに背負わせます。
 自分を捨てた国や自分の家族を奪ったロッキーを見返そうとするのです。
 で、アポロの息子に自分の息子を挑戦者として戦わせるのです。

ドラゴと息子.jpg アクション俳優としてではなく・・・

 本当に哀愁を感じさせる演技派としてのドルフ・ラングレンさんの演技を、ぜひご覧ください。
  • (2022-05-17 17:34:53)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291 | 292 | 293 | 294 | 295 | 296 | 297 | 298 | 299 | 300 | 301 | 302 | 303 | 304 | 305 | 306 | 307 | 308 | 309 | 310 | 311 | 312 | 313 | 314 | 315 | 316 | 317 | 318 | 319 | 320 | 321 | 322 | 323 | 324 | 325 | 326 | 327 | 328 | 329 | 330 | 331 | 332 | 333 | 334 | 335 | 336 | 337 | 338 | 339 | 340 | 341 | 342 | 343 | 344 | 345 | 346 | 347 | 348 | 349 | 350 | 351 | 352 | 353 | 354 | 355 | 356 | 357 | 358 | 359 | 360 | 361 | 362 | 363 | 364 | 365 | 366 | 367 | 368 | 369 | 370 | 371 | 372 | 373 | 374 | 375 | 376 | 377 | 378 | 379 | 380 | 381 | 382 | 383 | 384 | 385 | 386 | 387 | 388